浦安・行徳・妙典【東京湾岸千葉情報】


*スマホ対応のデザインにより、PCの画面表示において左メニューが下部に移動している場合がございます。
横幅を広げるかフルスクリーン表示にしてご覧いただけますと、左側に表示されます。

urayasu_sakura.jpg gyotoku_sakura.jpg myoden_sakura.jpg

行徳野鳥観察舎の再開を要望いたします!
休館の経緯や最新動向、署名活動については当ブログ記事のリンク先にて。


更新情報
浦安・新浦安・舞浜地域情報new.jpg2018.05.12 うらやす百縁商店街で楽しい街歩き♪
行徳・南行徳地域情報new.jpg2018.05.23 麺屋金獅子 輪切りレモンが個性光る王道豚骨魚介Wスープつけ麺
妙典・原木中山地域情報new.jpg2018.05.11 行徳神輿を見に台湾の小さな町へタイムスリップしてきた|大渓老街(桃園市)

Instagram

urayasu_ramen.jpg gyotoku_ramen.jpg

行徳・妙典ラーメンマップ更新:2018.04.23 どんきさろく|南行徳のラーメン 掲載→こちら
これから徐々に記事投稿できればと思っております。



行徳・南行徳地域情報最新投稿

麺屋金獅子 輪切りレモンが個性光る王道豚骨魚介Wスープつけ麺|行徳のラーメン店 

ラーメン街道といっても過言ではない行徳バイパス沿いのラーメン店の中でも、最も行徳駅から近いお店麺屋金獅子
スクランブル横断歩道を渡ればすぐ。
交通至便な立地でありながらラーメン店が頻繁に入れ替わる場所のジンクスを乗り越え、見事開店から3年経過。
時折行列もできていることから、地域に定着したようだと安堵しております。
20180523IMG_6956.JPG


GWは南行ホコ天でエンタメ三昧!

GW後半の4連休は天候にも恵まれ遠出されている方も多いかと思われます。
しかし地元でのんびり派であってもちょっとした非日常感が味わえる、そんなときにありがたいイベントが春の南行ホコ天です。

毎年3回開催される南行ホコ天
今年初の開催は毎年恒例こどもの日。
雲ひとつない青空広がるこいのぼり日和に、南行徳駅前は一日限りの歩行者天国で大賑わい。
20180505IMG_4928.JPG


乗りました!羽田空港国際線ターミナル⇒行徳・妙典行きリムジンバス乗車レポ

limousinebus.jpg 市川駅から妙典・行徳を経て羽田空港を往復するリムジンバスが運行されて早8年。
乗り換えなしで座って移動できることから便利な空港アクセスとして定着した感があります。

当ブログでも運行開始当初に行徳駅からの乗車レポを掲載したことがありますが、8年後の今、ようやく逆ルートの乗車レポを掲載する運びとなりました(単に乗る機会がなかっただけ)。
それでは皆様お付き合いくださいませ。


2018年春のある土曜の夜、飛行機乗るわけでもないのに羽田空港国際線ターミナルに滞在していた私。
4Fにあるショッピング・レストランエリアの江戸小路は和を意識した演出が粋ですね。
20180503IMG_4657.JPG


移転してもコスパ系 焼肉 栄 行徳本店|行徳の焼肉店

行徳ではコスパの良い焼肉店として知られる焼肉 栄
2年ほど前に移転し(移転前の記事はこちら)、その後近くに2号店も開店するなどの変化がありました。

場所は行徳駅前通りを海側に200mほど歩いたところ。
江戸前ダイニング石亭お隣のビル、ボクシングジムの上にあります。
20180429IMG_4746.JPG

移転後も幾度か訪れてはいたのですが、今回久しぶりに来店したことを機に、移転後のレポとして掲載したいと思います。
いろいろとツッコミどころはありますが、そのあたりは控えめにレポいたします。


浦安・新浦安・舞浜地域情報最新投稿

うらやす百縁商店街で楽しい街歩き♪

GW明けの5月12(土)・13(日)は浦安駅前がお祭り会場となるうらやす百縁商店街
大人はビール片手に町をぶらぶら、子供は縁日などで遊ぶ楽しい2日間です。
お天気が持ちそうな初日の12日に行ってきました。

浦安駅の改札を出たらメインステージの華麗なパフォーマンスがお出迎え。
お昼前のプログラムは、パレードステージのトリを飾る正福寺正榴会による纏実演。
今日は可愛いお猿のしょうちゃんも活躍。
先日のカフェテラスin境川にも出演するなど、このところ積極的なPR活動に取り組まれています。
11月11日のお会式が楽しみですね。
20180512IMG_5050.JPG


妙典・原木中山地域情報最新投稿

行徳神輿を見に台湾の小さな町へタイムスリップしてきた|大渓老街(桃園市)

行徳の名産品である神輿。
このごろは日本の祭り文化の象徴として外国の方々にも知られるようになりました。
なかでも親日的な人が多いといわれる台湾では、日本文化の紹介イベントで神輿渡御が行われたり、日本統治時代の神輿が現存するケースもあるなど、広く認識されているものと思われます。

以前中台製作所の行徳神輿が展示されている台湾のお寺訪問記を投稿しましたが、海を渡る行徳神輿はそれだけではありません。
2017年には期間限定ながらも台湾の別の場所でも展示されていたのです。

ということで、前回の台南カオス寺(龍崎文衡殿)訪問から4ヶ月、またまた行徳神輿を見るために台湾へ行ってしましました。
地元のものを異国で見るのは貴重で胸はずむ体験。
行徳神輿が展示されていた大渓という小さな町もノスタルジックで素敵なところでしたので、あわせて紹介しますね。
20170609IMG_0221.JPG