浦安・行徳・妙典【東京湾岸情報】最新記事

獅子頭が妙典の町をゆく!妙典春日神社祭礼

獅子頭が妙典の町をゆく!妙典春日神社祭礼

3年おきに開催される妙典春日神社祭礼。
10月14日の本祭りはあいにくの空模様の中、獅子頭渡御が行われました。
今回はほぼ全ての行程を見物したため、文章も写真もボリュームありです。

前回2009年祭礼の記事にて、自作の祭りルートGoogleマップを掲載しています。
 ぜひそちらもご覧ください。
 各回の状況によりルート変更が生じる可能性はあるものの、大まかな渡御の流れは把握できるはず。

白装束姿の男性たちによって担がれた2体の獅子頭。
午後1時頃に妙典春日神社を出発したものの、最初の休憩に差し掛かったとたん雨が降り出してきました。
だからといって中止するはずがなく。
20121014P1200723.JPG

獅子頭はイオン市川妙典の前に現れたのち、駅前ロータリーへ。
最初の目的地は交番。
もはや定番化しつつある交番襲撃未遂。いやご挨拶でしょ(たぶん)。
20121014P1200731.JPG

高架下商店街M’avの中に入ろうとする獅子頭と、阻止しようとする勢力。
おしくらまんじゅうのような攻防です。
20121014P1200735.JPG

イオン前十字路に戻って「もみ」三昧。
前回2009年のときは市川妙典サティでした。
そういえばイオンの看板に変わって初の開催ですね。
20121014IMG_0858.jpg

ローソン(ここも前回のときはサンクスでした)前交差点でも「もみ」。
雄雌の獅子頭が交互に宙を舞いました。
20121014P1200755.JPG

一休みしたらこんどは駅に向かいます。
先導する山車の背後には、おかめひょっとこのお面をかぶった人々。
渡御中は山車についてくだけですが、妙典春日神社ではお囃子にあわせて踊ることもあります。
20121014P1200771.JPG

雨もあがって、妙典駅到着です。
ここで祭り最大の見せどころ、獅子頭による改札強行突破行動の始まりです。

雄、改札突っ込むよー。
20121014IMG_0874.jpg
雌も別方向から突っ込むよー。
20121014IMG_0875.jpg
突破できるわけないから、かわりに改札前で合体して差すよー。
20121014IMG_0881.jpg

この後はバイパスを越えて寺町通りに向かいます。
その道すがら長々と広げられた油単。
空を舞うかのように堂々とした姿です。
20121014P1200821.JPG

バイパスに差し掛かりましたが、黙って通過するわけがないのもお約束。
20121014P1200836.JPG

徳願寺前にて休憩中にふたたび大量の降雨。
しばらくの間傘が手放せなくなりました。
20121014P1200853.JPG

旧道には行かず、折り返して再びバイパス通過。
また同じことやってます。
20121014P1200873.JPG

信号変わるのもおかまいなしの状態に、とうとうクラクション鳴らされてしまいました。
20121014P1200879.JPG

とりあえずローソン襲撃を試みる獅子頭。
20121014P1200894.JPG

ここで左折して、いよいよ最後の通りに入りました。
あとは妙典春日神社に向けて一直線のはず…。

軒先で雨宿りしていたら、目の前で「もみ」の大サービス。
担ぎ手の皆さんびしょぬれなのに、ありがたいことです。
20121014P1200898.JPG

大粒の雨が舞う中、宙に浮かぶ獅子頭。
20121014P1200914.JPG

休憩中の獅子頭。
一目見て判別できる雄と雌。わからない方はツノを見よ。
20121014P1200918.JPG

寄り道して民家の玄関前で「もみ」。
20121014P1200928.JPG

午後5時をまわり、日も傾いてきました。
古い木造家屋が数多く残る旧成田街道を渡り歩く獅子です。
昔から変わらないと思われる光景に、心がなごみます。
20121014P1200949.JPG

妙典春日神社前に差し掛かりましたが、当然すんなりとは入りません。
だって夜はまだ先のことだから。
20121014P1200951.JPG

妙典春日神社の創建時期は、安政3(1856)年の大津波による資料消失のため明確に記せないのですが、寛文10(1671)年の銘の入った灯籠が境内に現存していることから、恐らくそれ以前だと推測されています。
祭神は春日権現こと天兒屋根命(あめのこやねのみこと)。
奈良の春日大社にも祀られている神様です。
20121014P1200966.JPG

境内では妙典囃子連の方々によるお囃子。
昼間山車の後ろにくっついていたおかめとひょっとこも軽快に踊っています。
20121014P1200974.JPG

午後6時をまわり暗闇に包まれるようになっても、すんなり宮入りには至っておりません。
神社の前で揉みを行い、いちおう入ってみるしぐさを見せたら阻止されたり、
20121014IMG_0905.jpg

そのまま二手に分かれてどこかに行ってしまったり。
201211014IMG_0916.jpg

しかし夜7時少し前、観念したのか雌の獅子頭が宮入りしました!
20121014IMG_0953.jpg

それでも雄のほうはまだまだ粘ります。
「もみ」を済ませたら神社前から去ってしまう始末。
20121014IMG_0970.jpg

ひとり寂しく相方の帰りを待つ雌の獅子頭。
20121014IMG_0971.jpg

向かい合い互いのほうりを見せる一対の獅子頭。
しかし境内の中と外。この違いは大きい。
20121014IMG_0984.jpg

おーいまだ入らんのか。
20121014IMG_0989.jpg

そんなことを何度か繰り返していたら、時刻はもう夜7時過ぎ。
ここでようやく雄も宮入りです!
20121014IMG_0998.jpg

やっと一緒になれたね、とでも語り合ってるのでしょうか。
最後の差し。
20121014IMG_1008.jpg

これにて終了しました。お疲れ様でした!
20121014IMG_1020.jpg

次回の本祭りは3年後の2015年。今からもう楽しみです。

妙典春日神社祭礼レポートはこちら : 2015年 2012年 2009年 2006年

市川市東西線妙典駅カテゴリの最新記事