東西線15000系グッズを買ってみた

妙典・原木中山地域情報 > 地域にまつわる小ネタ > 東西線15000系グッズを買ってみた
2010年10月 6日

東西線15000系グッズを買ってみた

東西線に新型車両15000系が導入されて早くも約半年。
現在は平日朝ラッシュ時中心に運用されていますが、JR津田沼駅までの乗り入れを間近に控え、これからますます乗車する機会が増えるものと予想されます。

とはいえ私はいまだに乗ったことありません。
ワイドドア化で座席が減るのは嫌だなと思いつつ、心の中では新型車両に乗りたかったりもします。
やがて来る初乗車の日を迎える前に、一足早くグッズで15000系を堪能してみたいと思います。

7月より販売されている東京メトロ15000系グッズは2種類。
まずはテープカッター(税込700円)から。
南砂あゆみ公園の05系遊具のようなフォルムです。
小人になってまたいでみたい(笑)。
20101006P1090989.JPG

15000系車両をモチーフにした台座と、東西線全駅名がプリントされたテープが3個の組み合わせ。
当然ながら浦安も南行徳も行徳も妙典もありますよ。
まさに地元愛アピールにはもってこいのアイテムじゃないですか。
しかしながら予備テープはついてるとはいえ、全部使い切ったらどうしようかと不安になり、使用をついためらってしまいます。
テープだけでも別売りしてくれないものかと願っております。

続いてはデスククリーナー(税込1300円)。
前面下部にスカート(*1)がつくなど、先ほどのテープカッターに比べるとより電車らしいデザインです。
片側の窓が温度計になっているのも芸が細かい。
20101006IMG19388.JPG
操作は簡単、上部のエアコン装置を押すだけ。
短いブラシのついた底面に吸い込み口があり、背面に収納されたノズルを取り付ければ隙間もOK。
ただ実際に使用した印象では、吸引力は弱いかな。

15000系グッズは浦安駅をはじめとした定期券売り場の他、地下鉄博物館でも販売中です。
最近東京メトロはグッズ販売に目覚めたのか、目移りするほどの商品が登場するようになりました。
なかでも地下鉄博物館には限定グッズがあり、見るだけでも楽しくなります
東西線全駅の駅名キーホルダーがあるのはここだけ。話のネタにぜひ。

ちなみに今週末の10/9(土)・10/10(日)に日比谷公園で鉄道フェスティバルというのが開催されますが、そちらでもたぶん販売されるはず。

(*1)スカート:車体下への障害物巻き込み防止のため、鉄道車両の前面下部にとりつけられた装置。
車両前面を人の顔に例えるならば、大口開けたときの顎のような。

詳しくは東京メトロのニュースリリースをどうぞ。


関連記事

  1. 行徳小学校発・お米のシューアイス「コメ・ミスコラーゼ」
  2. 震災お見舞い申し上げます
  3. ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典の上映作品がレアもの化している件
  4. 東西線15000系グッズを買ってみた
  5. 妙典・行徳⇔羽田空港行きリムジンバス開通!乗ってきました。 ※2017.9時刻表更新
  6. 東西線に新車導入のニュース…。
  7. 驚!新幹線が通るはずだったなんて
  8. 県境未定地に行ってみよう 市川市vs江戸川区
  9. 昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典
  10. ちょっと昔の行徳・妙典に出会える意外な場所 ※2011.1注記有