18年ぶりに復活した神輿渡御|上妙典八幡神社祭礼

妙典・原木中山地域情報 > 地域のイベント・お祭り > 18年ぶりに復活した神輿渡御|上妙典八幡神社祭礼
2011年10月11日

18年ぶりに復活した神輿渡御|上妙典八幡神社祭礼

秋は神輿の季節。
今週末には3年にいちどの五ヶ町の祭りを控え、祭り準備の装いが観られるようになった妙典界隈です。
さらにこの秋はなんと18年ぶりに復活するお神輿も。
これはぜひ見にいかないと。
20111011P1160691.JPG

このたび神輿渡御が再開される上妙典(妙典一丁目・二丁目)の祭礼。
八幡神社でお披露目こそされていたものの、担ぎ手不足により18年もの間渡御中止の憂き目に遭っていました。
しかし今年、自治会や青年会等関係者が精を尽くし、めでたくこの日を迎えることになったのです。

祭礼の模様をお伝えする前に、上妙典八幡神社の神輿についてちょこっと説明。
昭和3年に地元在住の船大工宍倉寅吉・宍倉徳太郎により作られ、装飾は後藤直光の手にかけられました。
神輿作りは宮大工の仕事なのですが、この神輿は珍しく船大工による製作。

さらにこの神輿最大の特徴はその大きさ。
千貫神輿と称されるほどの重量はなんと推定3トン!
4尺というサイズも他の町内の神輿を凌駕しています。
当然ながら担ぎ手の人数も大きさに比例するわけで…平成の世では人手不足も容易に想像できますね。
20111010P1160692.JPG

3連休最終日である10月10日(祝)。
神輿渡御の会場は八幡神社近くの元新田公園。
たくさんの見物客に囲まれて、白法被の男性による行徳担ぎが披露されました。

五ヶ町など他の行徳担ぎ(24人)とは異なり、担ぎ手の数は45人から50人ほど。
また担ぐための棒も近隣の他町内とは異なり前後に4本使用の四点棒(新井の熊野神社と同じです)。
いかに巨大な神輿なのか想像できます。
4列に分かれて担いでいるのわかります?
20111010P1160704.JPG

「ワッショイ」の掛け声が飛び交うなか、地すりや差しといった行徳独特の担ぎ方が披露されています。
20111010P1160723.JPG20111010P1160722.JPG
さすがにこの大きさでは空中にほうるのは無理。

今回は神輿の復活お披露目ということで、渡御といっても公園内をぐるぐる周るのみ(午前中車両に載せられ町内をまわったそうです)。
しかしプロの女性司会者を呼んでの実況中継つきで、主催側の本気度が伝わってきます。
20111010P1160711.JPG

見物の最中、近くにいたお年寄りの方が感激のあまり涙ぐんでしまったと話しているのを耳にしました。
地元の方々にとっては忘れられない日になったことでしょうね。
来年以降も末長く続きますように…。

上妙典八幡神社祭礼レポートはこちら : 2017年 2011年
 ※2014年は神輿渡御が行われましたが未取材。


関連記事

  1. 天晴れ千貫神輿!妙典まつり
  2. 雨ニモ負ケズ神輿は進む|五ヶ町例大祭
  3. 行徳神輿の最重量級!千貫神輿が妙典の街をゆく|上妙典八幡神社祭礼
  4. 地元の魅力がてんこ盛り。寺のまち回遊展
  5. 晴れパンダ!妙典まつり
  6. フリースタイルにてくてく歩くよ寺のまち回遊展|妙典
  7. アニバーサリー妙典まつり
  8. 担げる獅子頭は電車に乗れるか?!妙典春日神社祭礼
  9. 行徳千軒寺百件、寺のまち回遊展
  10. 妙典まつりはてるぼーの雨避け威力絶大!なのだが…。
  11. 五ヶ町例大祭(関ヶ島例大祭も少々)
  12. 寺のまち回遊展@妙典
  13. 妙典街回遊展
  14. 行徳てらまち行燈ライトアップイベント
  15. 桜満開!寺のまち回遊展
  16. 祝・快晴!妙典まつりがやってきた
  17. 獅子頭が妙典の町をゆく!妙典春日神社祭礼
  18. 第五回寺のまち回遊展
  19. 久しぶり!五ヶ町のお祭り
  20. 雨天中止回避!だが強風な妙典まつり
  21. 18年ぶりに復活した神輿渡御|上妙典八幡神社祭礼
  22. 雨上がりの妙典まつり
  23. 第三回寺のまち回遊展
  24. 寺のまち回遊展
  25. 常夜灯公園オープン
  26. 写真展のおしらせ「井澤利夫写真グループ展」|みつばち保険ファーム妙典店
  27. 妙典の街を獅子はゆく・3年ぶりの妙典春日神社祭礼
  28. 祭りがイッキにやってきた!〜五ヶ町例大祭編
  29. 妙典まつり2008
  30. 秋は祭りのシーズンだ!
  31. 行徳街回遊展に行ってきました!
  32. 行徳街回遊展が行われます
  33. 新しい街の古いお祭り|妙典春日神社祭礼