妙典 ワインバル 134|生パスタと豊富なグラスワインが魅力のカジュアルなイタリアンバル

妙典・原木中山地域情報 > 洋食・フランス料理・イタリア料理 > 妙典 ワインバル 134|生パスタと豊富なグラスワインが魅力のカジュアルなイタリアンバル
2020年1月26日

妙典 ワインバル 134|生パスタと豊富なグラスワインが魅力のカジュアルなイタリアンバル

妙典の駅近で昼夜を問わず気軽に食べられるイタリアンのお店といったら妙典 ワインバル 134
改札抜けてすぐのたいへん便利な場所にあります。
同じく妙典駅近にある居酒屋彦酉(今年に入って妙典店の週末ランチ営業なくなり残念)系列唯一のイタリアンバルです。
20200126IMG_7352.jpg

落ち着いた雰囲気のインテリアでありながら、カウンター席やテラス席もありシーンごとの使い分け広そうな店内。
厨房から離れたカウンター席とテラス席には呼び出しベルが置かれているなど、随所に居酒屋系列らしい気配りをみせつつ、ランチは生パスタとピザ、ディナーは豊富で良コスパなワインラインナップが特徴のお店です。

食前食後にドリンクついて嬉しいランチセット

平日16時まで土日祝は15時までと長め設定のランチタイムは、選べる生パスタまたはピザのセットメニュー展開。
アルコールの付いたセットもあります。
特筆すべきはソフトドリンクの場合、食前食後と2杯提供されること。
こんなサービス他にはありませんよね。
「お飲み物はいつお持ちしましょうか?」への返答に悩む必要なし。

とある日のパスタランチセットは定番アイテムのアマトリチャーナを選択。
パスタの前にサラダと食前のドリンクとして甘くない生レモンソーダをいただきます。
サラダは産直野菜と甘酸っぱいすりおろし人参ソース、どちらも新鮮で美味しい。
ちなみに平日ならサラダとスープから選べます。
20200126IMG_5476.jpg
鷹の爪がごろっと入ったアマトリチャーナ。
にんにくのきいたトマトソースのジューシーさが際立っています。
短冊状のベーコンのコクと大きめ薄切り玉ねぎの甘さがトマトソースといい塩梅にブレンドされて、後から鷹の爪のピリ辛さが加わってきます。
もちもち生パスタに絡んでとても美味。
このソース付け合わせのフォカッチャにつけてもいけますよ。
トマトソース好きにおすすめ。
20200126IMG_5479.jpg

パスタランチセットには週替わりパスタもあります。
とある週はキャベツのトマトクリームパスタでした。
もちもちアルデンテな生パスタに、酸味と塩気のバランス絶妙なトマトクリームがよくなじんでいます。
加熱しすぎずシャキシャキ感を残したキャベツの甘味もじんわりと。
20200126IMG_7361.jpg

食後にはミニデザートと2杯目のソフトドリンク。
パンナコッタとミント風味のオーガニックデトックスティーでいい口直しになりました。
20200126IMG_5481.jpg

ディナータイムはかしこまる必要なしのイタリアンバル。グラスワインの多さも◎

ディナータイムはワインとおつまみを楽しむイタリアンバルになります。
イタリアンといっても敷居が高いことはなくカジュアル志向。
元気あふれるスタッフのノリも彦酉をほうふつとさせるような。

飲み放題付きコースメニューもありますが、ひとり呑みにはありがたいお一人様セットが用意されているのは誠にありがたく。
お一人様セットの内容は、税込2,200円(2020年1月現在)で本日のフォカッチャ・選べるおつまみ3品・選べるドリンク1杯としっかり食べたい人には魅力的なラインナップですが、選べるドリンクの幅が688円以下とグラスワインなら全て網羅の広範囲なのが太っ腹。

昨秋のとある日のお一人様セット。
ドリンクは選べるMAX価格のワインでスペインのバルセラ ラス・オルマス2012。
果実味があり樽香も感じられるフルボディ赤です。
この日のフォカッチャはプレーンなタイプ。
熱々もちもち、オリーブのペーストとよく合います。おかわり自由です。
20200126IMG_4779.jpg
選べるおつまみ1品目はポテトサラダブルーチーズ和え。
じゃがいもに舞茸やサイコロ状のベーコンを加え、ブルーチーズと和えています。
時折のぞくブルーチーズの苦味にベーコンのコクが相乗している個性的なポテサラ。
20200126IMG_4780.jpg
2品目はマグロ頬肉のたたき。
マグロだけでなく全体的に赤いビジュアルが不思議。
口にしてみると…おお紫蘇だ!
和風テイスト入ってますねえ。創作イタリアンの趣。
軽めの赤ワインに合いそうですね。
20200126IMG_4784.jpg
3品目は信州きのこのバルサミコ酢ソテー。
お一人様にしては量が多い気もしないではないですが、しめじ舞茸なめたけとたっぷりのきのこがヘルシーでカロリー気にせず食べられますね。
ほどよく炒められたきのこはシャキシャキ感も残され絶妙な食感です。
食べ進めるうちになめたけがもたらすぬめりも出て食感の変化も楽しめます。
ここで名物の樽生ハウスワイン白を追加。
イタリア直輸入のキンキンに冷えた香り弱めのさっぱりタイプです。
20200126IMG_4786.jpg

こちらは別の日に注文したお一人様セットよりスモークモッツァレラチーズのカプレーゼ。
スモークきかせたモッツァレラチーズというのに初めて遭遇しました。
甘いバルサミコソースとレーズンに合わせているのですね。
このときのワインはスペインのヌスタレス リンコンという、ブドウの香り強めなミディアムボディの688円赤ワインだったのですが、フルボディの赤ワインやビールとも相性良さそうです。
20200126IMG_2939.jpg
ワインにぴったり貝のワイン蒸しハーフサイズとコッパ。
ムール貝とあさり、にんにくのブレンドされた滋味。
コッパは肩の部分の生ハム、原木切りたて旨味たっぷり。
20200126IMG_2941.jpg

メニューをざっと見たところ、ボトルワインはイタリア中心でグラスワインはスペインの比率が高いように感じました。
上田と会津に縁の深い彦酉系列がゆえ、長野県の塩尻ワインもラインナップに加わっています。
グラスワインだけで10種類ほどあるのは魅力的。
名物の樽生ワインは、スティルタイプの赤白だけでなくスパークリングも赤白あるからその品揃えたるや。

おひとり様に優しい貴重なワイン呑み処だった浦安PORTOとPub Jack行徳店(やきとり焼酎Jack行徳店)が閉店し寂しい思いをしていたのですが、ここのお店なら気兼ねなくひとりワイン呑みできそうです。
もちろん夜も生パスタやピザがいただけます。
おひとり様セットにはハーフパスタもあり〆の一品になりますね。

妙典 ワインバル 134
市川市妙典4-3-27
TEL:050-3313-5509
11:00-24:00(L.O.23:00・ドリンクL.O.23:30)
ランチ (月〜金)11:00-16:00 /  (土・日・祝)11:00-15:00
ディナー (月〜金)16:00-24:00 / (土・日・祝)15:00-24:00
不定休


関連記事

  1. 妙典 ワインバル 134|生パスタと豊富なグラスワインが魅力のカジュアルなイタリアンバル
  2. 洋食 yabu kara bou(やぶからぼう)|妙典のハンバーグが美味しい洋食屋さん
  3. 柿の樹|妙典