京葉線東京駅のJR間乗換は有楽町駅下車で時短!【裏技】

「ディズニーランドのある街」浦安・新浦安・舞浜地域情報 > 地域にまつわる小ネタ > 京葉線東京駅のJR間乗換は有楽町駅下車で時短!【裏技】
2018年10月 7日

京葉線東京駅のJR間乗換は有楽町駅下車で時短!【裏技】

日頃京葉線を利用している新浦安在住の方々には知られているかもしれませんが、行徳民の私も含め東西線ユーザーにはあまり知られていないことだと思うので、当ブログでも紹介させていただきます。
沿線住民の方でなくても、新橋・品川方面の職場や学校から舞浜直行でアフター6のTDRへ!なんてときなどにも使える裏技です。

京葉線東京駅への乗り換えが楽になる裏技とは?!

京葉線東京駅ホームといえば、広大な東京駅の南端、有楽町駅からアクセスするほうが近いんじゃないかと思われる場所に位置しています。
実際地図を見れば明らかなようにかなり有楽町駅に接近しています。
さらに京葉線ホームがあるのは地下深く。
乗り換えともなると同じJR間なのに10分前後の時間がかかってしまいます。

その立地的特性から他路線との乗り換えの不便さが指摘され続けている京葉線東京駅ホームですが、新橋・品川方面からJR同士で乗り換える場合、有楽町駅から地上歩行ワープにより乗り換え可能な裏技があるのです。
乗車券上では東京駅で乗り換えたことにしつつ、実情に合わせて近い駅から乗り換えしやすいよう便宜が図られているわけですね。

但しこの裏技、神田・秋葉原方面から乗り換える際には適用されません。
有楽町駅から折り返して東京駅へ向かう形になるからですね。

実践:有楽町駅経由で京葉線東京駅への乗り換え

とある平日の夜に浜松町から新浦安へ向かう用事があり、かねてより噂に聞いていた有楽町駅からの京葉線乗り換えミッションを実行することにいたしました。
電車に乗る際には東京駅寄りの車両に乗り込み、有楽町駅へ降り立った瞬間からミッションスタート。

JR有楽町駅京橋口の有人改札で駅員さんに京葉線東京駅へと乗り換える旨を告げ、証明書を貰いましょう
東京駅寄り、イトシアや交通会館のある改札口です。
有人改札では同士と思われる方々が駅員さんと同様のやりとりをしている場合も。
なおミッション実行の際は自動改札機の通過厳禁、必ず有人改札を通過しましょう
なぜなら運賃計算上、有楽町駅では下車していない扱いになっているためです。
自動改札を通過してしまったら有楽町で下車したことになり、京葉線乗車時に改めて乗車する形になるので注意。
20181006IMG_5835.JPG

駅員さんも手慣れたもので、すんなりと証明書を手渡されました。
ぺらっとした紙切れ1枚とは、このご時世にずいぶんとアナログですね。
しかしこの紙切れがないと乗り換えできなくなってしまうので、決して失くさないよう気をつけましょう。
20181006IMG_5834.jpg

有楽町駅を出て高架下の横断歩道を渡るとさっそく現れるのが、なんとも渋い飲み屋街。
この雰囲気が苦手な方は、有楽町駅国際フォーラム口から東京国際フォーラムに沿って歩くルートがおすすめ。
年取ったせいか私はこういう雰囲気全然抵抗ないですけどね。
20181006IMG_5836.JPG
道すがら幾度となく現れる魅惑のネオンと盛り上がる歓声。
ついふらっと寄り道したくなりますが、今回はぐっと我慢。
次の機会のお楽しみにとっておきます。
寄り道して一杯呑んでいかれる方は、くれぐれも貰った紙きれ失くさないようにね!
20181006IMG_5838.JPG
やがて頭上を覆う高架はなくなり、東京都心の裏通り感あふれる一画へ。
薄暗い道とは対照的に、いちだんと明るく見える八重洲の高層ビル群の灯。
20181006IMG_5839.JPG

大通りにさしかかると同時に現れるJR東京駅の表示。
位置感覚としては有楽町なのですが、ここが東京駅京葉線ホームへの入口となります。
有楽町駅からここまで5分もかからず。近いですよね。
20181006IMG_5840.JPG

地下道を進み、東京駅京葉線改札口へと到着。
20181006IMG_5842.JPG
さっそく有人改札へと向かったわけですが、なんと駅員不在。
反対側の丸の内改札へ行ってくださいとの案内に少々呆然となりました。
20181006IMG_5843.JPG
丸の内改札は高架の反対側になるわけですから、意外と歩くんですよね。
ちなみに東京国際フォーラムからはこちら側の改札が近いです。
20181006IMG_5844.JPG
京葉丸の内改札口に到着。
有人改札で駅員さんに証明書を渡して改札内へ。
これにて無事乗り換えすることができました。
20181006IMG_5847.JPG

一駅手前で下車して道路を歩いて乗り換えと聞くとたいへんスリリングな印象を抱いていたのですが、実践してみるとスムーズに乗り換えできるし、人混み激しい東京駅の構内を延々と歩かなくて済むメリットはありますね。
有人改札が混んでいて待たされることがある可能性もなきにしもあらずですが。

今回は有楽町駅から京葉線東京駅への乗り換えでしたが、反対方向である京葉線東京駅から有楽町駅経由での乗り換えも同じ方法で可能です。
ただ冒頭でも述べたように、神田・秋葉原方面からの乗り換えは設定されていないので、そちら方面から向かう場合は東京駅で乗り換えてくださいね。


関連記事

  1. 京葉線東京駅のJR間乗換は有楽町駅下車で時短!【裏技】
  2. 震災お見舞い申し上げます
  3. 東西線15000系グッズを買ってみた
  4. 本日限定・三番瀬の生海苔駅弁が登場しました|京葉線全線開業20周年
  5. さあ皆さん、地元の富士詣に行きましょう!
  6. 東西線に新車導入のニュース・・・。
  7. 東京ディズニーランドで行徳を想う
  8. Xマスまではあっという間
  9. 北京五輪開幕しました!行徳・浦安編
  10. 驚!新幹線が通るはずだったなんて
  11. まもなく副都心線開業ですが
  12. 東京で見つけた掘り出しモノ
  13. 昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典