千産千消の恵みとクラフトビール|千葉ットリア Sorriso|行徳のイタリアン

行徳・南行徳地域情報 > 洋食・フランス料理・イタリア料理 > 千産千消の恵みとクラフトビール|千葉ットリア Sorriso|行徳のイタリアン
2017年10月25日

千産千消の恵みとクラフトビール|千葉ットリア Sorriso|行徳のイタリアン

地産地消ならぬ千産千消。
最近そんな四字熟語を目にする機会が増えた気がいたします。
地元で採れた食材を地元で消費しようという地産地消の千葉県バージョンとして字を当てただけなんですが、農産・畜産・海産物に恵まれた地の利の恩恵にあやかれるのは喜ばしいことですね。

昨年新浜通り沿いにオープンした千葉ットリア Sorriso
千葉の食材をふんだんに用いたカジュアルなイタリアンのお店です。
行徳駅からは少し歩きますが、落ち着いた住宅街にあってゆったりくつろげるかと。
女子ひとり飲みもお子さん連れもだいじょうぶ。
20171023IMG_2957.JPG

お店に入るとまもなく目にするチーバくん。
身体を張ってで千産千消をアピールしています。
各ピースが市町村の形になってるのね。芸が細かい。
20171023.JPG

お店の名物メニューは都内のイタリアンで修行されたご主人自慢の「Buono!なミートソース」。
超濃厚をうたっているだけのことはあります。
濃い肉感とトマトの風味に満足です。
20171023IMG_2945.JPG
この超濃厚ミートソースはピザもあるのですよ。
薄焼きの生地にミートソースとモッツァレラをのせた、シンプルなおつまみ感覚の仕上がり。
20171023IMG_5088.JPG

ミートソースにあわせると絶品なのがこちらの自家製ハラペーニョソース。
他の料理とも相性が良いどころか、実はこれだけでもお酒がすすんでしまう魔法の液体でもあります。

店内で発見してしまった巨大なチーズ、ペラガッティーノ。
この中になんとパスタを投入し、お客さんの目の前でかきまぜるという素敵なパフォーマンス。
20171023IMG_2389.JPG
チーズの器でまぜまぜされたら、とろとろに溶けたチーズたっぷりなパスタのできあがり。
シンプルながらも濃厚なチーズを堪能できる「カチョ エ ペペ」。
過去の期間限定メニューだったそうですがあえて紹介いたします。
20171023IMG_2390.JPG

行徳における究極の千産千消、それは三番瀬のホンビノス貝。
パスタもあればこのような一品料理にも登場いたします。
白ハマグリとトマトの白ワイン蒸しはホンビノス貝の滋味とトマトの甘酸っぱさがこんなに相性いいんだと驚きました。
20171023IMG_2387.JPG

酒飲みの一杯目なら選べる前菜とワンドリンクの乾杯セットが気軽でお得。
こちらは10月のとある晩の乾杯セット。
パテの塩気にさっぱりとした泥ボール(後述)が合います。
20171023IMG_5086.JPG

私がひそかに気に入っているのが、泥亀という焼酎をハイボールにした泥ボール。
オーク樽で熟成させたアルコール20%のまろやか焼酎使用でやさしくさっぱりとした口当たり。
麦焼酎も芋焼酎もあり。イタリアンとの相性もいいですよ。
20171023IMG_1336.JPG

イタリアンですからワインの品揃え豊富なのはもちろんですが、期間ごとに銘柄が変わるクラフトビールも要チェック。
写真は木更津にある小さなブルワリーのソングバードビールより、ブレッタ・テーブルビア。
アルコール4.5%の軽めで食事に合うよう作られた一本。
地元に広がる自然から採取した野生酵母を使用しているそうで、ワイルドな味わいを想像していたのですが、飲んでみたら意外と爽やかでフルーティーな感じ。
確かに食事に合いますね。
20171023IMG_3791.JPG
行徳でクラフトビール飲める店はたいへんレアだと思いますよ。

千葉ットリア Sorriso
市川市行徳駅前3-15-1
TEL:047-303-3254
ランチ11:00-15:00(L.O.14:30)(平日・土) / 11:00-15:00(L.O.14:30)(日・祝)
ディナー17:30-23:00(L.O.22:30)(平日・土) / 17:30-22:00(L.O.21:00)(日・祝)
火曜休


関連記事

  1. 千産千消の恵みとクラフトビール|千葉ットリア Sorriso|行徳のイタリアン
  2. ランチは和風バイキング・夜はバルでカジュアルに Standing食堂 Fu-Ka|行徳
  3. メイプル|行徳の洋食屋
  4. wine cafe Pub Jack 行徳店 ※現:やきとり焼酎Jack行徳店
  5. 洋食元祖の煉瓦亭 南行徳店|南行徳の洋食屋