移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳

行徳・南行徳地域情報 > 居酒屋・焼鳥・串カツ > 移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳
2012年3月24日

移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳

行徳の地で長年営業していた宮崎地鶏のお店「こま」。
※移転前の記事はこちら
もらい火事という突然のアクシデントを乗り越え、昨年9月より東西線を挟んだ反対側にて再オープンとなりました。
20120315IMG_0163.jpg
広くなった新店舗。座敷席やテーブル席も増設されました。
清潔感もあり入りやすい雰囲気になった気がします。
壁際には焼酎の素焼きボトルがずらり。
こだわりをもって揃えられた地酒と焼酎もお店のウリです。

まずはビールといきましょう。
お通しは春らしく新じゃがと菜の花で。
20120315IMG_0150.jpg

地鶏専門店をうたっているだけあって、新鮮な鳥刺しの豊富な品揃えはさすがです。
しかし我々のような子連れには、生つくねをお薦めしているそう。
20120315IMG_0151.jpg
お隣はパリパリとした食感がくせになる鳥せんべい。
鳥皮嫌いの私もこれは好き。

生つくねはよくかき混ぜていただきます。
玉ねぎと生卵が加わり、薬味を効かせつつもマイルドかつすっきりとした味わいに。
20120315IMG_0153.jpg
見た目はまぐろのすき身に似ているものの、こちらはスパイシーな印象。

もうひとつ、地鳥といったらはずせないのが串焼き。
単品での注文も可能ですが、今回は6本コースでお願いしました。
20120315IMG_0156.jpg
炭火でしっかりと焼き上げられた鶏肉の身は引き締まって文句なし。

タルタルソースのたっぷりかかった鳥南蛮。
こちらもたいへんジューシーなお肉。
20120315IMG_0155.jpg
刺身から鍋料理まで、鶏料理のレパートリーには圧倒されるばかりです。

壁のボードに書かれた本日のメニューより、明太子オムレツ。
20120315IMG_0161.jpg
ふわふわ卵の中に明太子ぎっしり、しかし辛さは抑え目です。
HPによると日本一のこだわり卵を使用しているそうで。

〆は焼きとり丼。
身の締まった鶏肉ごろごろ、海苔たっぷり。ほっとする一品です。
20120315IMG_0159.jpg

見事に鶏づくしなオーダーでしたが、実は熊本直送の馬肉料理も名物なのです。
馬刺はもちろんのこと、レバーやタテガミなど…んっ?タテガミとは何ぞ。

宮崎地鳥の店「こま」
市川市行徳駅前2-21-8
047-398-7356
平日17:00-翌2:00 (L.O 1:00)
日祝17:00-24:00 (L.O 23:00)
日曜休


関連記事

  1. 串に刺さない焼鳥屋で鳥鶏トリ尽くし|鳥造 行徳店
  2. ランチは和風バイキング・夜はバルでカジュアルに Standing食堂 Fu-Ka|行徳
  3. 街じゅうがお祭り!行徳バル
  4. 移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳
  5. テイクアウトの焼き鳥 増永|行徳
  6. 地鳥 こま|行徳
  7. 串揚げ処 喜多朗【SUGAR BOWLライブ】|行徳
  8. 串揚げ処 喜多朗|行徳
  9. 炭火やきとり 大好き 行徳本店
  10. 行徳 一九三(いっきゅうさん)
  11. 炭焼やきとり 千人力 行徳店
  12. wine cafe Pub Jack 行徳店 ※現:やきとり焼酎Jack行徳店
  13. とり鉄 南行徳店
  14. うまいや屋台倶楽部 ※現:うまいや石田