エグチぱん|行徳の住宅街に現れた自宅パン屋 ※2021.04〜リニューアルオープン

行徳・南行徳地域情報 > おいしいパン屋 > エグチぱん|行徳の住宅街に現れた自宅パン屋 ※2021.04〜リニューアルオープン
2020年10月10日

エグチぱん|行徳の住宅街に現れた自宅パン屋 ※2021.04〜リニューアルオープン

※2021年4月より自宅前に工房構えてリニューアルオープン。週4日営業に変更されたそうです。詳しくはお店のInstagramを参照してください。

今回紹介するのは、昨年通りがかりに偶然発見したパン屋さんです。
パン屋といってもそれらしき店構えをしておらず、とあるお宅で週2日(※2020年10月時点)だけ開店しているお店なのですよ。
しかも予約で完売することもしばしばのため、手に入れるにには意外とハードル高かったりします。

おうちパン屋の性格上ここではあえて地図など載せず、控えめに紹介することにします。

20201010IMG_8178.jpg

まさかこんなところに?!金曜と土曜だけオープンする自宅パン屋さん

そのお店エグチぱんは行徳駅から10分ちょっと歩いた住宅地の一画にあります。
外観はどうみても一般的な戸建て住宅。
立て看板が出ていても、パンを販売しているとは想像つきにくいたたずまいです。
20201010IMG_8177.jpg
(この看板撮影したのは今年の春先のためパンのラインナップも春仕様ですあしからず)

ふらっと立ち寄ったところで、通りすがりの一見さんが買えるのは難しいこともしばしば。
予約で完売することも多いですから。

お店のインスタDMにメッセージして予約できた9月のある日、お店へ足を運んでお買い上げ。
今回予約したパンがひとまとめにされ、窓辺でスタンバイしてました。
20201010IMG_9491.jpg

予約してお持ち帰りしたパンを実食

パンのラインナップは日替わり。
毎週水曜日にお店のInstagramに掲載されます。

この日お買い上げしたのは下記の3種類。
・ベーコンたまねぎのぱん
・かぼちゃのぱん
・食ぱん
20201010IMG_9494.jpg

チーズとマヨネーズがトッピングされたベーコンたまねぎのぱん。
たまねぎのクセが強めなものの、噛むとほとばしる細切りベーコンの塩気でいい塩梅にブレンドされています。
さらにマヨネーズとチーズのコクもあり、奥深さが感じられました。

かぼちゃのぱんの中には北海道産かぼちゃがごろり。
生地にもかぼちゃが練りこまれ、綺麗な黄色をしています。
素材を活かした素朴な甘さがじんわりと染み渡ります。
少し焼くといいと言われたのでそのように。
かぼちゃほくほく秋を感じて。

食ぱんは飽きのこない正統派。
完売することが多いのも納得の気がします。

パンを買うなら予約推奨

北海道産小麦と自家製酵母を使用したこだわりぱんの数々。
しかしお店が開いているのは金曜日と土曜日の午後だけ。
InstagramのDMか電話(非公開のようです)で事前予約するのが確実ですが、それでも売り切れになっているパンがあるかもしれません。
まずはInstagramでラインナップを確認してみてくださいね。

エグチぱん ※2021年4月〜リニューアルオープン後の情報
10:00-17:00(売り切れ次第終了)

火・水・金・土のみ営業
※だいたいの場所、予約やぱんのラインナップの確認はお店のInstagramにて。
※今回は住所と地図を載せませんのでご了承ください。


関連記事

  1. 【再レポ】マインベッカー|わざわざ買いに行きたいドイツパンの老舗
  2. おとなのサンドウィッチ|味付けボリューム大人仕様な行徳のサンドウィッチ店
  3. エグチぱん|行徳の住宅街に現れた自宅パン屋 ※2021.04〜リニューアルオープン
  4. だきしめタイ|行徳に強烈コンセプトの高級食パン店登場!お味は正統派
  5. (食)盛岡製パン 行徳店|懐かし新しい魅惑のコッペパン ※閉店済
  6. 行徳駅改札前の七夕飾り@カスタードなかむら ※閉店済
  7. ご当地シリーズ行徳編(8)南行徳あんぱんの巻
  8. マインベッカー|南行徳のパン屋 ※2012年2月再オープン
  9. BAKER'S PLACE|行徳のパン屋
  10. ブーランジェ ルヴェ|行徳のパン屋
  11. リヨンセレブ南行徳 City Ver.|南行徳のパン屋
  12. ニキベーカリー 南行徳店|南行徳のパン屋