「ディズニーランドのある街」浦安・新浦安・舞浜地域情報

2014年10月18日

食べて呑んで遊んで棺桶体験もできちゃう?!浦安市民まつり

10月18・19日の土日は浦安市民まつり。
お祭り日和の青空の下、老若男女が集う広場になにやら背丈が異様に高いお方が。
20141018MG_0916.JPG


2014年5月24日

爽やかな季節にカフェテラスin境川

川べりでホテルグルメに舌鼓を打とうというカフェテラスin境川。
開催時期に変化はありつつも、浦安のお祭りとして定着してきた模様です。
7月の梅雨明け猛暑日だった昨年とはうって変わって、今年は新緑萌ゆる5月下旬。
すがすがしい陽気の中開催されました。

到着したのは5月24日のお昼過ぎ。
ちょうど本日一回目の嫁入り舟を済ませた新郎新婦ご一行が豊受神社へ向かうところでした。
20140524IMG_7587.JPG
午後に嫁入り舟はもう一組行われるので、その模様は後ほど。

こちらの↓まとめ↓もご一読あれ。
浦安のお祭り屋台は豪華。舞浜周辺のホテルと地元飲食店が集結するよ!


2014年2月28日

鬼は外!福は内!浦安で節分豆まき幸運ゲット!

冬季オリンピックイヤーの2014年。
暦の上では節分過ぎたら春を迎えます。

特に意識したわけではありませんが、結果的には1年おきに行徳と浦安の節分会めぐりをしている当ブログです。
ということで今回は2年ぶりとなる浦安へ。
明光企画さんのベイちばinfoというサイト情報によると、2月3日に豆まきが行われるのは前回も訪れた稲荷神社と清瀧神社、そして今回初めてレポする清瀧弁財天です。


まずは初訪問の清瀧弁財天へ。

きっかけは明治44(1911)年、ふたりの男が目撃した白蛇は弁才天の使いではと、この地に弁財天を祀ったことから。
しかも大正6(1917)年の大津波で拝殿等が流されたり、再建後の昭和30年代後半には地盤沈下により水没し、昭和55(1980)年になって現在の姿として復活するなど、激動の20世紀浦安を象徴するかのような歴史。
流される前は茶屋や土産物屋のある賑やかな場所だったそうですが、現在は住宅地の中にひっそりと。
本殿の前に設けられた池には太鼓橋が架けられ、なかなか風流なたたずまいです。
20140203IMG_7065.JPG


2014年1月 6日

もうしばらくクリスマス気分でいたいなら♪ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン

クリスマスが過ぎても、年が明けてもヒルトン・クリスマス・トレインはまだまだ続きます。
成人の日の1月13日(月・祝)まで開催中です。
お正月どころかクリスマス気分アゲインな方、ちっちゃいものや可愛いもの好きな方、鉄道好きな方、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ヒルトン東京ベイにて2000年より毎年行われているチャリティイベント。
当ブログにおいても2005年より毎年とりあげております。
そしてまた今回も、協賛企業の広告を掲げた鉄道模型がヨーロッパ風雪景色を颯爽と駆け抜けています。
20131212IMG_6889.JPG


2013年10月19日

さんま・サンマ・秋刀魚!浦安市民まつり

10月19・20日は浦安市民まつり。
今回で16回目を迎えた秋の恒例行事です。
浦安市役所第2庁舎隣の広場は美味しそうな匂いに包まれています。
今年の目玉は秋刀魚の塩焼の大盤振る舞い!
煙ともに香ばしい匂いが…その模様は後ほど。
20131019IMG_6701.JPG


2013年10月18日

猫実珈琲店|浦安

浦安市中央公民館の近くにひっそりとたたずむ隠れ家的カフェです。
201310171855.JPG
店名の「猫実」の由来はもちろん所在地から。
本物の猫ちゃんはいませんが(近所にノラちゃんならいるらしい)、猫モチーフのグッズや書籍が並ぶ店内はこぢんまりとしていて、自宅リビングルームのようにリラックスできる空間です。
またプロの作家さんが手がける可愛いイラストや雑貨もさりげなく飾られ、居心地のよさに拍車をかけています。
それらの作品は購入可能。さらにときどき行われるイベントでとっておきの作品と出会うかもしれません。


2013年7月12日

今年は夏のカフェテラスin境川

かつて桜の季節に開催されていた「カフェテラスin境川」。
今年は桜まつりとして4月中旬に開催される予定でしたが、記録的な開花の早さに翻弄され中止の憂き目に。
リベンジ?なのか、7月の夏祭りとして開催される運びとなりました。

久々の開催を記念して、↓こんなまとめ↓を作っちゃいました。
浦安のお祭り屋台は豪華。舞浜周辺のホテルと地元飲食店が集結するよ!

7月6日土曜日のお昼どき。
梅雨どきで天候が心配されましたが、当日はまさかの梅雨明け猛暑日。
風が強くて体感的には猛暑という気がしません。
境川沿いの七夕飾りも強風にあおられています。
天の川ならぬ境川。浦安の幼稚園児が描いた力作の織姫彦星が彩っています。
20130706P1220777.JPG


2013年3月24日

駆け足桜前線@浦安の桜開花状況(3/23現在)

urayasu_sakura.jpg浦安の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

この週末はどこどこで桜満開だとか、花見客で賑わっているとか、そんなニュースばかり見聞きしています。
ただそんなことはあくまでも都心の話。
このあたりの桜前線は一歩遅れる形でやってきます。
それは記録的なスピードの今年であっても例外ではありません。

行徳に続き浦安の桜開花状況もお伝えしたいと思います。
3/23(土)午後から夕方にかけての様子です。

まずは浦安といったら水門でしょうということで、東西線車窓風景としてもおなじみの境川西水門へ。
20130323P1220271.JPG
境川に春の訪れを告げる桜と、時折橋を通過する東西線の電車。
個人的にもたいへん好きな風景です。


2013年3月11日

中華倉一廊|浦安

20130310P1210711.JPG浦安郵便局の向かいにあるラーメン店中華倉一廊。
一時期休業していましたが、2012年7月見事復活いたしました。

改修工事の行われたジャズの流れる店内は、シンプルながらも清潔で落ち着いた雰囲気。
テーブル席もあり、家族連れや女性ひとりでも入りやすいように思えます。
休業前は中華料理のメニューもあったそうですが、現在はラーメンチャーハン餃子に絞った品揃えです。
券売機横の貼り紙に書かれていたのは、
「小麦粉本来の香りと風味を引き出すため麺は柔らかめに茹でている」との内容。
柔らかいほうが小麦粉らしさが引き立つとは知りませんでした。

それでは実食してみましょう。
まずはワンタン麺から。
20130310P1210718.JPG
中華食堂の名残をほうふつとさせる銀色のトレイに載せられた、これまた素朴な見た目の中華麺。
製麺時の水量を抑え、小麦本来の風味を引き立てた低加水麺を使用しています。
またスープは九十九里産のいわし煮干メインにげん骨や昆布などをブレンドした魚介系。
あっさりめのオーソドックスな味わいに、柑橘類の酸味がプラスされています。
完食して初めて、底に柚子皮が沈んでいたことに気がつきました。
細麺のつるっとしたのどごしと相性いいスープですね。
胃もたれしない優しいスープとともに、ワンタンもするっ。

続いてはつけ麺。
20130310P1210803.JPG
まずその外見に驚かされました。
極太を通り越した薄茶色の麺。当然ながらコシも強い。
もはやラーメンというよりうどんです(笑)。
さらには全粒粉の茶色い粒がぽつぽつと見えて、刻み海苔のトッピングとあいまってまるで蕎麦のよう。
スープは酸味の効いた濃い味。
ちょっと酸っぱいんではないかと感じたほどですが、極太麺と絡みことによりちょうど良い濃さになりました。
なんと言葉に表したらいいか、とにかく不思議なつけ麺です。
個性が強くて好み分かれるかな。

倉一廊
浦安市東野1-3-12 ナツミガーデン1F
047-355-0231
11:30-15:00 17:00-22:00
月曜休



浦安市の過去記事は
ディズニーランドのある街 浦安・新浦安・舞浜地域情報」にて掲載中!

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!


前の9件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11