喫茶・ファーストフード

「ディズニーランドのある街」浦安・新浦安・舞浜地域情報 > 喫茶・ファーストフード

喫茶・ファーストフード

2013年10月18日

猫実珈琲店|浦安

浦安市中央公民館の近くにひっそりとたたずむ隠れ家的カフェです。
201310171855.JPG
店名の「猫実」の由来はもちろん所在地から。
本物の猫ちゃんはいませんが(近所にノラちゃんならいるらしい)、猫モチーフのグッズや書籍が並ぶ店内はこぢんまりとしていて、自宅リビングルームのようにリラックスできる空間です。
またプロの作家さんが手がける可愛いイラストや雑貨もさりげなく飾られ、居心地のよさに拍車をかけています。
それらの作品は購入可能。さらにときどき行われるイベントでとっておきの作品と出会うかもしれません。

2010年6月20日

コメダ珈琲店 新浦安店

ご当地グルメブームの影響で、名古屋式の喫茶店が注目されています。
その代表的な存在として知られるのがコメダ珈琲店。
東海3県を飛び出して、本格的に全国展開されるようになりました。
千葉県でも例外ではありません。県内2店目として新浦安の地に満を持して(?)の登場です!

20100621P1060229.JPG コメダ珈琲新浦安店はMONAの2階、ペデストリアンデッキに面した場所にあります。
元コージーコーナーだったところですね。
開店当初はそりゃもう行列のできる店でした。
今は多少落ち着いたようですが、それでも時間帯によっては待たされる場合があります。
20100621P1060233.JPG 店頭のショーウィンドーに並ぶサンプルたち。
シロノワール上空で浮遊するシロップの容器が激しく気になります。
こういうの昔よく見かけましたよねー。
だけどここのサンプルは新品のはずですよね(笑)
20100621P1060237.JPG 新しさと清潔感を出しながらも懐かしい感じのする暖かい印象の店内。
垢抜けすぎず、ほっとするようなインテリアです。

テラス席は喫煙可。
店内よりもゆったりした座席配置で、デッキを行き交う人の視線も意外と気になりません。
但し雨天時には場所によりしぶきがかかる可能性があります(経験談)。

それではメニューの一部を紹介します!
この1ヶ月どんだけ通い詰めたか、深く突っ込まないでください(笑)

20100621P1060243.JPG名古屋式喫茶といえばモーニング。
コメダでも例外ではなく、開店から11:00までドリンク頼めばトーストとゆで卵がついてきます。
これでも名古屋式喫茶モーニングの中ではシンプルな部類。
この時間帯にドリンク注文すると、モーニングつけてもいいか聞かれます。
ドリンクはミルクたっぷりのモーニングカップ
まったりとした朝にいいですね。
20100621P1060385.JPG続いてはコメダ名物シロノワール
直径16cmの熱々デニッシュに、高々とそびえるソフトクリームが乗っけられています。
シンプルながらも食事代わりになりそうな量。
メープルシロップはお好みで。
写真は直径9cmと小ぶりなミニシロノワール
ドリンクはミルクコーヒーの冷バージョン、アイス・オーレです。

コメダのアイスコーヒー類は基本的に予めシロップ入りとなっています。
ブラック希望の方は注文時に抜いてもらうことを忘れずに。
20100621P1060232.JPG名古屋らしさを感じさせてくれるメニューといえば小倉トーストですね。
東海地方以外の方にとっては意外と思いつかない発想ですが、あんパンがあんなに美味しいのだから、こっちが美味しくないわけがない。
それにしても食パン2枚分ですか・・・見た目以上にボリュームあるな。
ドリンクはアメリカンコーヒー
グリーン系のカップ&ソーサーはお気に入り。
ドリンク注文のお約束、豆菓子ももちろんサービスされてます。
20100621P1060376.JPG軽食とはいえないボリュームのフードメニューの中からハンバーガー
とにかくバンズがでかいんですよ。
背景のシュガーのカゴと匹敵するぐらいの直径。
さらに中身のハンバーグと目玉焼きもでかい。
甘めのソースととろける黄身が絡み合う、おふくろの味風ハンバーガーです。


変わった器に入ったドリンクはコーヒーシェイク
コーヒー味のマッ○シェイクだと思っていただければ幸い。
甘ったるすぎない大人のシェイクです。
20100621P1060563.JPG開店当初からずっと食べてみたかったスクランブルエッグトースト。
一見するとピザトーストですが、2枚重ねの食パンの間に卵ペースト(卵サンドの中身を想像してください)が挟まって、これはまたとんでもないボリュームで、メニューの写真とは大違い。
卵サンドとピザトーストを一気に食したような多大なる満足感を抱けるはずです。
懐かしさ2乗といった味で個人的にはいちおし。

涼しそうなステンレス容器に入ったドリンクは蜂蜜入アイスコーヒー
蜂蜜とコーヒーの香りがブレンドする、すこぶる甘くて苦いアイスコーヒーでした。


別にマリナーゼでもなくただのおのぼりさんですが、オープンから1ヶ月間通い詰めている私です。
お一人様でも気兼ねなく入れ、洗練されすぎていない点が安心感を与えてくれるのでしょうね。
名古屋の喫茶店文化は、中小企業の経営者などが商談の場として利用され発展した経緯があると聞いています。
新浦安のコメダも、地元に密着し愛されるお店になって欲しいと願っています。


コメダ珈琲 新浦安店
※長年公式サイトのなかったコメダ珈琲ですが、いつの間にか立派なものが
  できてました(笑)。
  しかもコメダ珈琲店メニューブックなんてサイトまで登場しています。
  シロノワールの命名の由来は「白+黒(ノワール)」だったのか!なんて強引なネーミング!!
浦安市入船1-5-1 MONA新浦安B館2F
TEL:047-381-2636
6:30-23:00
年中無休



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!
 


2010年5月10日

chinese cafe 茶林香|浦安

浦安にホッとできる隠れ家cafeがあります。
茶林香と書いて「ちゃりんか」(チャリンコじゃないですよ)という中国茶のお店です。
今年2月にお店がオープンし、4月より中国茶のオンラインショップ(HP参照)も始まりました。

20100509P1030145.JPG場所は浦安駅にほど近い住宅街。
手書きの立て看板が出ていなければお店とは思えないほど、ふつうのお家のような小さなお店です。
店内1Fは、4.5人も入ればいっぱいになりそうな掘りごたつ式のカウンター。
丁寧にお茶を煎れる様子を眺めたり会話したりと、オーナーさんとの距離がとても近く感じます。
なんだか友達の家におじゃましたような感覚。
ひとりで落ち着いて過ごしたいときにも使えます。
2Fはテーブル席とのことですが、案内されたことがないので割愛。


オーナーさんは中国茶芸師という中国の国家資格を持ち、上海OLから転身された経歴をもつ女性。
プロの目利きにより選定されたお茶はとても美味しく安心。
おなじみのプーアール茶も、アレンジされたものがあってとても新鮮です。
紅茶のラインナップも中国テイスト。
これからの季節だとライチ紅茶がいいかな。アイスティーも登場したそうですし。


20100509P1030257.JPG種類が多くてどれにしようか迷ってしまう中国茶。
今回は見た目が美しい八宝茶を選んでみました。
お茶請けはふわふわマーラーカオ(中国風蒸しパン)。
八宝茶の中身は、なつめやくこの実など美容と健康に良いものが8種類。
氷砂糖がじんわり溶けてほんのり甘く、スイーツのようなお茶です。
お湯を自由に足しておかわりも可能。これは嬉しい。
マーラーカオはふんわりとやさしいお味でした。


チーズタルトや杏仁豆腐などスイーツもいろいろ。
カウンターに並んだ瓶詰めのお茶請けも気になるところです。
これらをお茶請けにして中国風にたしなむのもいいですね。


20100509P1030143.JPGお腹がすいているときは、1日10食限定のお野菜たっぷりヘルシーせいろランチ。
季節の野菜や鶏肉をせいろで蒸したシンプルな一品。
4種類のソースから2種類選び、ちょこっとつけていただきます。
ほんのりと甘さを感じる日替わりの野菜。
素材そのものの美味しさに改めて気付かされ、思わず食べものに感謝したくなりました。
おかずの友は玄米ご飯に中国茶とさらにヘルシー。
よく噛んでゆったり過ごしたいものですね。
プチデザートもついてます。

今もこの文章書いてるうちにお茶したくなりました。
まだ試してないお茶たくさんありますしね!


chinese cafe 茶林香
浦安市当代島1-14-30
TEL:047-329-2970
11:00-19:00 (ランチタイム11:00-15:00)
木曜休



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!