浦安市京葉線新浦安駅

「ディズニーランドのある街」浦安・新浦安・舞浜地域情報 > 浦安市京葉線新浦安駅

浦安市京葉線新浦安駅

2021年10月24日

URAYASU Stamplore Bookコンプリートへの道|Vol.4 (2021.10.11 ハロウィンイベントその2)

浦安市内のお店巡りでマイペースにスタンプ集めるスタンプラリーイベントURAYASU Stamplore Book
10/31までの期間限定でハロウィン新バージョンも併せて開催中です。
前回Vol.3(ハロウィンイベントその1)でスタンプミッションの11店舗中6店ゲットし、景品のスイーツまであと残り5店舗。
後半戦は公共交通機関を駆使して浦安市内をあちこちと。
決して効率的ではないうろうろレポをどうぞー。
20211011halloweentitle.jpg

URAYASU Stamplore Bookハロウィン限定【Halloween Stamplore 2021】とは?

新イベント【Halloween Stamplore 2021】は、イベント期間中(9/18〜10/31)にHalloween Stamplore 2021参加全11店舗のハロウィンスタンプを集めると、ゴールの2店でそれぞれ景品のスイーツがいただけます。
スタンプ取得済みのお店にも再び足を運ぶことになりますが、景品のスイーツ求めてコンプリートがんばります。

2021年4月24日

イビススタイルズデー|新浦安の休日は三密避けてマルシェに行こう♪

変異株によりしぶとく拡大し続ける新型コロナウイルス。
つい先日解除されたばかりの緊急事態宣言も、都内ではより厳しい内容にて復活してしまいました。
隣接する浦安市や市川市もまん延防止等重点措置の対象地域として、公共施設の入場制限や飲食店の時短営業に加え、4月28日からは飲食店での酒類販売自粛要請が加わります。

そんな状況下ではありますが、三密避けての野外呑みにいそしんできました。
4月24日土曜日に新浦安のホテルイビススタイルズ東京ベイで開催された特別マルシェ「イビススタイルズデー」でのひとコマです。
20210424IMG_1845.jpg

2020年9月21日

浦安市郷土博物館で「浦安鉄筋家族」展開催中!

浦安市を舞台に四半世紀以上もの間連載されている浦安鉄筋家族
浦安市民まつりのポスターやパンフレットに書き下ろしイラストが採用されていることからも、いかに市民に浸透しているかが想像できます。

過去に何度かアニメ化されていたとはいえ、令和の世にまさかの実写化
コンプライアンスもネタにする破天荒なストーリーもさることながら、コロナ禍による撮影休止、さらには撮影に使用していた主人公家族の住む家屋が撮影休止中に解体されるという原作さながらの事象まで発生してしまいました。

そんなわけでいろいろありましたが、無事9月25日をもって最終回を迎える運びとなりました。
そのことを記念して、9月12日から30日まで浦安市郷土博物館にて浦安鉄筋家族展が開催されています。
実際の小道具や佐藤二朗さん演じる大沢木大鉄の衣装、出演者の皆さんのサインなど、コンパクトながらもドラマのエッセンスが凝縮された展示です。

展示場所は1Fエントランスホール、マスク着用あっさり君の隣。
スタッフの方に尋ねたところ、撮影可能ですがインターネット上での掲載不可とのことですので、代わりに郷土博物館の屋外展示の写真を絡めながら記載したいと思います。
20200921IMG_9449.jpg

2019年11月16日

ウラヤスフェスティバル|QUEEN花火と同日開催で新浦安が激熱!

新浦安随一のイベントに成長したウラヤスフェスティバル
昨年からはディスコナンバー満載の市民参加型パレードも登場し、新たな祭りの歴史が刻まれました。

しかし今年は総合公園で行われる東京湾・浦安芸術花火 特別企画 QUEEN SUPER FIREWORKS 〜夜空のラプソディ〜(以下QUEEN花火と記載)に合わせるため、11月に1日限りの開催さらには総合公園もほとんど使用できずと規模を縮小したイレギュラーな内容に変更。

それでも豊富なステージプログラムとシンボルロードのパレードは今年も健在。
浦安の祭り名物ホテルグルメ屋台も出店してますよ!
QUEEN花火に行けなくても楽しんじゃうから!!

20191116IMG_6559.jpg

2019年9月22日

立ち飲み処 ほっぷ|リサイクルショップが夜は居酒屋に!新浦安でちょい飲み ※2020.07〜移転

※2020年3月閉店。2020年7月より浦安市今川に「キッチンカフェほっぷ」移転オープン。

歴史の浅い街の宿命か、昔ながらの地元密着型飲食店が少ない新浦安。
街のイメージとしても、大衆酒場というよりホテルのバーやファミリー層対応の小ぎれいな居酒屋といったところでしょうね(私が知らないだけでしょうか?)。

そんな新浦安で希少な立ち飲み居酒屋が、駅前にある立ち飲み処 ほっぷ
場所はアトレ1Fを出てすぐ、ロータリーに向かう階段下に位置しています。
20190922IMG_4644.jpg

2019年1月27日

ニューコースト新浦安で行徳名物フラットバックパンケーキを食べてきた

イトーヨーカドー(末期はイトーヨーカドー食品館)新浦安店閉店から半年強、2018年秋に誕生したニューコースト新浦安

スターツ系列と聞いてどのような内容になるのか想像つきにくかったのですが、公式サイトのフロアマップを見ると、キーテナントであるスーパーヤオコーを筆頭に、最寄品中心の地元密着型ショッピングセンターであることがよくわかります。
そうはいってもマリナーゼの街新浦安、大きな窓に面した開放感抜群のエリアにはボルボの販売店が入居し、他の街とはひと味違うセレブリティな様相もかもしだしています。

それにしてもショップのラインナップは、行徳民の私にとってなじみの深いものがちらほらと。
シャトレーゼにバーガーキング、ポポラマーマ、ニトリ、セントラルスポーツ…微妙に行徳感ありませんかね?!

なによりも驚きなのが、行徳の人気パンケーキ店フラットバックカフェがフードコートに出店していること。
行徳のお店は平日のランチタイムに予約していなくて入れなかったこともあるのですが、フードコートなら座席さえ確保できれば問題なし。
これは行くしかないですよね。

ということで行ってまいりました。

開店後初の新年を迎えたニューコースト新浦安。
看板がセブンイレブンに似た例のロゴではなく、白地に水色なのがちょっと新鮮。
20190127IMG_8651.jpg

2018年10月 7日

京葉線東京駅のJR間乗換は有楽町駅下車で時短!【裏技】

日頃京葉線を利用している新浦安在住の方々には知られているかもしれませんが、行徳民の私も含め東西線ユーザーにはあまり知られていないことだと思うので、当ブログでも紹介させていただきます。
沿線住民の方でなくても、新橋・品川方面の職場や学校から舞浜直行でアフター6のTDRへ!なんてときなどにも使える裏技です。

京葉線東京駅への乗り換えが楽になる裏技とは?!

京葉線東京駅ホームといえば、広大な東京駅の南端、有楽町駅からアクセスするほうが近いんじゃないかと思われる場所に位置しています。
実際地図を見れば明らかなようにかなり有楽町駅に接近しています。
さらに京葉線ホームがあるのは地下深く。
乗り換えともなると同じJR間なのに10分前後の時間がかかってしまいます。

その立地的特性から他路線との乗り換えの不便さが指摘され続けている京葉線東京駅ホームですが、新橋・品川方面からJR同士で乗り換える場合、有楽町駅から地上歩行ワープにより乗り換え可能な裏技があるのです。
乗車券上では東京駅で乗り換えたことにしつつ、実情に合わせて近い駅から乗り換えしやすいよう便宜が図られているわけですね。

但しこの裏技、神田・秋葉原方面から乗り換える際には適用されません。
有楽町駅から折り返して東京駅へ向かう形になるからですね。

実践:有楽町駅経由で京葉線東京駅への乗り換え

とある平日の夜に浜松町から新浦安へ向かう用事があり、かねてより噂に聞いていた有楽町駅からの京葉線乗り換えミッションを実行することにいたしました。
電車に乗る際には東京駅寄りの車両に乗り込み、有楽町駅へ降り立った瞬間からミッションスタート。

JR有楽町駅京橋口の有人改札で駅員さんに京葉線東京駅へと乗り換える旨を告げ、証明書を貰いましょう
東京駅寄り、イトシアや交通会館のある改札口です。
有人改札では同士と思われる方々が駅員さんと同様のやりとりをしている場合も。
なおミッション実行の際は自動改札機の通過厳禁、必ず有人改札を通過しましょう
なぜなら運賃計算上、有楽町駅では下車していない扱いになっているためです。
自動改札を通過してしまったら有楽町で下車したことになり、京葉線乗車時に改めて乗車する形になるので注意。
20181006IMG_5835.JPG

2018年9月19日

ウラヤスフェスティバル 呑んで食べて見て聴いて踊って、ふるさとを感じろ!

2010年より開催されているウラヤスフェスティバル
途中東日本大震災による中断(その間うらやす復興祭なるものが開催されました)や新浦安祭りとの一体化を経て、新浦安随一のイベントとして発展いたしました。
今年は9月15(土)・16(日)。
「ふるさとを感じろ!」をテーマに、初回と同じカタカナ表記のウラヤスフェスティバルでの開催です。

本番控えた前夜祭的なお楽しみ。

例年とはかなり趣向の異なる今回。
初めての試みとして、新浦安駅前では10日の月曜日より前夜祭的な催しが行われました。
大型ビジョンでの映画上映イベントのほかに、酒呑みには魅力的すぎる日本の酒横丁なるスペース誕生。
木々の下で妖しく光るイルミネーション。
いつもとは異なる表情を見せる新浦安駅前広場で、日本各地の地酒や富山の幻の梅酒などをのんびり味わえるのが素敵。
20180916IMG_9020.JPG

2018年5月25日

【再レポ】浦安万華郷で日帰り入浴するなら施設メンテナンス日が超穴場

旧名称の湯巡り万華郷時代(2006年4月)に掲載済ですが、さすがに情報古すぎるので今回新たにレポ記事書くことにいたしました。今後もだいぶ昔に紹介済の施設や店を発掘し再レポできたらと考えています。

新浦安に天然温泉が現れたと驚いたのもはるか昔の記憶の彼方。
いまや地元だけでなくディズニーリゾートで遊ぶときの宿として全国区の知名度へ。
20180525IMG_7652.jpg

しばらくご無沙汰していた大江戸温泉物語 浦安万華郷でひさびさのお風呂三昧。
今回は浦安駅から無料シャトルバスで行くことにいたしました。

1  2  3  4  5  6