公共施設(公園・神社・寺)

妙典・原木中山地域情報 > 公共施設(公園・神社・寺)

公共施設(公園・神社・寺)

2018年11月10日

行徳回遊展 秋 行灯ライトアップを求めて夜のお寺めぐり

「行徳千軒寺百軒」の寺町に親しむイベントとして、毎年3月下旬に開催される寺のまち回遊展
ところが今年は残念ながら中止の憂き目に。
その後4月には行徳神輿ミュージアム、7月には行徳ふれあい伝承館が開館するなど、神輿の街行徳にランドマークが続々誕生いたしました。

そこで今年は、寺のまち回遊展に代わるものとして、行徳回遊展 秋が登場。
小規模な催しとのことですが、手作り行灯に彩られた寺院などをまわる、秋の夜長にうってつけのイベントとなりました。

20181110IMG_7560.JPG

秋らしく過ごしやすい週末日和の11月10日土曜日。
行徳回遊展 秋はお昼時から開催されていたのですが、残念ながらお昼のイベントへの参加は間に合わず。
圓頓寺の「スマホでまちあるき」行きたかったなあ。

2018年11月 4日

妙典まつり 千貫神輿と獅子頭が妙典駅前に集結!

気象神社への参拝以降、毎年晴天に恵まれるようになった妙典まつり
毎年恒例の屋台やステージプログラムに加え、昨年からは大神輿の渡御も行われるようになりました。
昨年からお目見えした上妙典八幡神社の千貫神輿に加え、今年は下妙典春日神社の獅子頭も登場。
今回はいまひとつすっきりしないお天気ですが、神輿の熱気で雨雲吹き飛ばしてほしいところ。

今年の妙典まつりの目玉は下妙典春日神社の獅子頭の初展示。
3年に一度開催される春日神社祭礼のときには担ぎ棒と胴幕がつけられ、妙典界隈を自由奔放に練り歩きます。
関東では珍しい「担げる獅子」の渡御は、つい先月春日神社祭礼にて行われたばかり
過去の祭礼では妙典駅前にも出没し、改札突破を試みるなどもしていましたが、さすがに先月の渡御では妙典駅前に近づくことができず。その代わりなのでしょうか、展示という形で妙典駅前への登場が叶う結果となりました。
この獅子頭の見分け方は、耳と角が立っているほうが雄、耳が倒れて角が丸いのが雌。
20181104IMG_7491.JPG

2018年10月14日

妙典春日神社祭礼 渡御ルートが変わっても担げる獅子頭は自由自在!

行徳妙典界隈の祭りといえば白装束姿の男性たちが神輿を「揉む」のが定番ですが、妙典3丁目にある春日神社祭礼で担がれるのは獅子頭。
3年おきにしか見られない獅子頭の渡御もまた、神輿のまち行徳の歴史文化を伝えるうえで欠かすことができません。

さて3年ぶりの妙典春日神社祭礼本祭は10月14日の日曜日。
本格的な秋の訪れを実感させられるような、少し肌寒い曇り空のなか行われました。

渡御開始から30分強経過した14時少し前。
妙典駅近くの住宅街で最初の休憩中につき、雌雄の獅子頭はそれぞれ厚い座布団の上で鎮座中。
20181014IMG_9985.JPG20181014IMG_9984.JPG
耳がツンと立って一本角が伸びているのが雄、耳が倒れていて角が丸いほうが雌。
雄の獅子頭の鼻には妙典春日神社のお札、雌の獅子頭の鼻には榊の葉が供えられています。

2018年10月 7日

関ヶ島胡録神社祭礼 神輿渡御だけじゃない、獅子頭も町内を練り歩く!

通常3年に一度行われる関ヶ島胡録神社の本祭は本来ならば昨年が開催年。
ところが諸事情により一年延期となり、今年4年ぶりに催されることとなりました。
前回2014年のときは五ヶ町祭りと同日開催で、互いの神輿が鉢合わせしたりもしていましたが。

2週連続の週末台風襲来の予想は結局杞憂に終わったものの、かわりにやってきたのが真夏を思わせるような暑さ。
神輿担ぐほうも観るほうも久々の本格的な暑さが身体に堪えます。

関ヶ島胡録神社では土曜日の夕方から宵宮と御霊入れが行われ、翌日の日曜日は午前中からの神輿渡御を前に獅子頭の巡行があるのが他の神社のお祭りにはない特徴です。

それでは当ブログ初の関ヶ島胡録神社祭礼レポを開始いたします!

10月7日の朝9時過ぎ。
巡行を前に拝殿の前に並べられた一対の獅子頭。
後藤直光が手掛けた行徳産。一尺六寸と妙典春日神社のものよりは小ぶりです。
こんないかつい顔してるけど、頭の飾りが丸いこの子は雌。奥の縦長の飾りをつけているのが雄です。20181007IMG_6341.JPG

2018年4月 1日

妙典から少し足をのばして桜満開の江戸川水門へ

myoden_sakura.jpg

妙典の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

東京都とはいえど妙典から意外と近い篠崎の江戸川水門。
江戸川放水路沿いの上流に向かって歩くか自転車走らせれば適度な運動もなりますし。

バス利用の場合は行徳橋北詰バス停で下車。
江戸川放水路沿いを歩くこと10分ほどで江戸川水門に到着です。
20180329IMG_4585.JPG
さっそく桜並木が見えてきましたね。

2018年3月18日

満開は彼岸の入りに・原木山妙行寺のしだれ桜

myoden_sakura.jpg

妙典の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

このところの急激な気温上昇により、大幅な前倒しとなった2018年の桜前線。
都心では17日にソメイヨシノの開花宣言が発表され(観測史上3番目の早さとのこと)、どうやら3月中に満開となりそうな勢いです。

そうなると気になるのが、ソメイヨシノより見頃を早く迎えるしだれ桜。
原木山妙行寺のしだれ桜も例外ではなく、彼岸の入りの18日には既に見頃となっておりました。

春うららな暖かさとなった3月18日の日曜日。
妙行寺ではお題目を唱える唱題行が行われる日。
祖師堂からはお題目が聞こえ、いつものお花見とは少し違う雰囲気。
彼岸の入りでお墓参りに来ている方も多く、境内はお線香のにおいに包まれていました。
20180318IMG_4313.JPG

2018年3月 4日

早春のぽかぽか日和に河津桜と猫三昧|江戸川河川敷

myoden_sakura.jpg

妙典の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

江戸川河川敷に河津桜が植えられたのは妙典駅開業前後の頃だったでしょうか。
それから十数年、市民に愛されるお花見スポットとして定着いたしました。

昨日の行徳野鳥観察舎に続き、本日は江戸川河川敷の河津桜をレポ。
3月4日の日曜日、上着いらないほどの暖かい昼下がりでした。

これはもう、文句つけようがないほどの咲きっぷりですね。
20180304IMG_4276.JPG

2017年11月12日

秋晴れの休日は常夜灯公園のサンマ祭りにて

旧江戸側沿いの憩いの場、常夜灯公園
目立った宣伝こそしていないものの、春にはさくら祭り、秋にはサンマ祭り(昨年は収穫祭)といったイベントが行われています。
今回初めてレポいたします。

さわやかな秋晴れの11月12日日曜日。
年に一度のサンマ祭りはすばらしき公園日和に恵まれました。

あずまや裏を覗いてみると…今まさにサンマを裏返ししたところ。
20171112IMG_3743.JPG
常夜灯公園のサンマ祭りはよくあるサンマ配布イベントとは異なり、1匹300円で販売されるもの。
スタッフの方曰く、今年はサンマ不漁にて確保にたいへん苦労されたそうです。

2017年11月 5日

天晴れ千貫神輿!妙典まつり

雲ひとつない晴天の下開催された妙典まつり。
気象神社参拝のご利益が今年も発揮されたようです。
いやはや、先週末の台風のせいで行徳ハロウィンも行徳まつりも南行ホコ天も揃って中止の憂き目にあったことを思うと、行徳も妙典にならって気象神社詣必要ですかね…。

今年の妙典まつりは初めてとなる大人神輿展示と渡御が目玉。
しかも渡御に使われるのは、1t超えとも3t超えともいわれる上妙典八幡神社の千貫神輿。
先月行われた祭礼での神輿渡御の記憶覚めやらぬまま、今度は妙典まつりで見られるとは感無量です。

時刻は12時30分。
今回のメインイベントである上妙典八幡神社神輿渡御が始まりました。
妙典まつりでの千貫神輿渡御は初、それどころか大人神輿の渡御も今回初。
20171105IMG_3635.JPG
20年近い中止期間を経て復活した上妙典八幡神社祭礼の神輿渡御。
あれから6年、祭礼だけでなく妙典まつり会場を練り歩く日が訪れるとは思ってもいませんでした。

1  2  3  4  5  6