世界一のパンを妙典で!BOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)

妙典・原木中山地域情報 > おいしいパン屋 > 世界一のパンを妙典で!BOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)
2017年12月 2日

世界一のパンを妙典で!BOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)

1年ほど前「妙典に世界一のパン」というインターネットのクチコミを目にして以来、気になっていたパン屋さん。
なぜゆえ妙典で世界一?と驚いたのは秘密です。

今回紹介するのはその世界一のパンの店、正確には国際パンコンクールで優勝したパン職人さんが営むBOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)
店主の佐々木卓也さんは2012年にパリで開催されたCoupe du Monde de la Boulangerie(クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー、ベーカリーワールドカップ)にて優勝した日本代表チームのメンバーです。

妙典駅から東西線高架沿いを行徳方面へ歩くこと数分、一度見たら忘れない2棟続きの三角屋根平屋建て。
お隣の三角屋根はアートスペースG。
2店の間にはオープンエアのイートインスペースが設けられています。
20171202IMG_3727.JPG

小さなスペースにぎっしり並んだ数々のパン。
どれにするか迷ってしまいますが、いろんな種類を食べたい。
ということで、サイクリングついでに何度も足を運び買い求めたのが以下のラインナップ。

まずはお店を代表するパンであるクロワッサン。
そして濃厚ミルクのクリームパンと野菜の焼きカレー。
なんという艶やかで美しい巻きのクロワッサンなんでしょう。
サクサクした表面の食感、バター感もたっぷりの、見てもよし食べてもよしの美味クロワッサン。
クリームパンはふんわり濃厚、野菜の焼きカレーはかぼちゃなどの具がゴロゴロ、カレーの風味はマイルド。
20171202IMG_5934.JPG

続いては菓子パンの数々。
ブリオッシュ生地に自家製シナモンバターを織り込んだシナモンBOX。
こちらも織り込み系、自家製メープルダマンドのやさしい甘さが光るメープル・ブレッド。
まんべんなく織り込まれているのがよくわかるマーブル模様。
シナモンバターやメープルダマンドの甘みがやさしく口に広がります。
20171202IMG_5091.JPG

健康志向の方は要チェック、全粒粉90%使用のブレッド。
香ばしさとほどよい酸味は全粒粉のなせる技。
ドイツパンが好きな方向けですね。
スライスして具を挟んで食べても美味しそうです。
酸味のあるパンが苦手な方もサンドウィッチにすれば食べやすいかも。
20171202IMG_5941.JPG

レジ横のショーケースの中にはサンドウィッチやプリンなどが色鮮やかに並べられ。
売り切れていることも多いので、早めの時間帯に行くのが確実です。
とある平日のお昼過ぎに行ったら写真の2種類以外全て売り切れでした。

こだわりの豚ハムサンドと卵サンド。
どちらも食べ始めは淡白だという印象を持ちましたが、後から具の味わいがじんわりと感じられました。
具の素材を活かした、食べ進むにつれ美味しくなるサンドウィッチだと思います。
具だくさんなのも嬉しいところ。
こだわりの豚ハムサンドは油脂・砂糖・卵不使用のハードトースト使用(パンのみの販売もあり)。
豚ハムがいい塩梅でとても美味しい。
卵サンドの卵は味付け控えめ、ほのかに甘さを感じる食パンと良いバランスです。
20171202IMG_6210.JPG
ショーケースの商品ではありませんが、美しいフォルムに惹かれて選んだブリオッシュミルクも一緒に。
上品なミルククリームがパンとの相性ぴったりでした。

ところで店内に気になる掲示あったのですが。
「1歳のお祝いに一升パン」
一升餅のパンバージョンということですよね。
一升つまり1.8kgのパン…どんな大きさだろう。

BOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)
市川市富浜3-6-20
TEL:047-395-5000
9:00-パンがなくなるまで
月・金曜休


関連記事

  1. 世界一のパンを妙典で!BOULANGERIE Dudestin(ブーランジェリー デュデスタン)
  2. リヨンセレブ 市川宝|妙典のパン屋
  3. ヴィー メルヒベルテ|妙典のパン屋 ※2017年10月閉店