行徳・南行徳地域情報

2017年4月 6日

桜競演行徳の春 中江川・行徳野鳥観察舎

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。


都心では3月21日に早々と桜の開花宣言がなされたと思いきや、もともと後追い傾向な東京湾岸エリアでは、その後の花冷えにより出足鈍いどころか、本格的に咲き始めたのは4月に入ってからでした。
その後は天候に恵まれたこともあり、3、4日で一気に満開まで進んでしまったような気がします。

しかも週末は雨予報。
花散らしの雨に見舞われないうちに、平日朝の出勤前わずかな時間で行徳の桜スポットを駆け巡りました。

4月6日木曜日の朝。
両岸の桜並木が叙情的な行徳きっての桜スポット中江川。
20170406IMG_9413.JPG
見てのとおり文句なしの咲き具合です。
新浜通りに接した場所で7分咲きぐらい。


2017年2月18日

春一番のあとは河津桜の季節 行徳野鳥観察舎

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。


暖冬傾向ではあるものの、日によって寒暖の差が激しい今冬。
それでも2月中旬に入ってこのあたりでの河津桜開花状況をちらほらと耳にするようになり、少しずつ春が近づいてきているのだと気づかされますね。
関東地方も春一番吹きましたしね。

2/18土曜日正午頃、行徳野鳥観察舎付近を訪ねました。
まずは宮内庁鴨場側の丸浜川沿いの様子はというと。
20170218IMG_9069.JPG
遠目に見るとけっこう咲いているようにみえますが、実際は5から6分咲きといったところでしょうか。
3月初旬までお花見楽しめそうな雰囲気でした。


2017年2月 4日

行徳カラオケ事情2017年2月現在

687d4ecab4ab4df0cfc14a3b14b83c41_s.jpg

(注意!)下記は日中料金、夜間は別なのでチェック必要です。

いつの間にかカラオケが増えた行徳。

ビッグエコーカラオケの鉄人(※2017年4月閉店)に加え、
ゲーセンの後に JoySound 2014年11月-
パチンコの後に フラココ 2016年4月-

なので、整理をしてみました。

金額は30分利用単位。またはフリータイム(2017年2月3日現在)


2016年11月 3日

休館でもめげない負けない!行徳野鳥観察舎のやちょかん祭り

2014年より「やちょかん祭り」と名前を新たに変えた矢先、昨年末突然起こった行徳野鳥観察舎無期限休館(廃止も検討)という千葉県からの非情の宣告。
各方面からの署名活動などの動きは活発なものの、いまだ膠着状態のままです。

しかし野鳥病院や観察会などの活動は現状維持のため、やちょかん祭りは開催日を迎えることができました。

11月3日秋晴れ文化の日。
緑に覆われゆったりとした空気に包まれている行徳野鳥観察舎周辺。
20161103IMG_7482.JPG


2016年10月23日

和洋折衷カオス再び。行徳ハロウィン&行徳まつり

昨年から行徳ハロウィンとのコラボイベントとなり、カオスな方向にバージョンアップした行徳まつり。
今年もめでたく同日開催の運びとなりました。
さて今回はどれだけ混沌と盛り上がることでしょうか。

10月23日日曜日。
行徳まつり行徳ハロウィン、南行徳では南行ホコ天街回遊展と、全部回るのは身ひとつではもたないこと必至なほど怒涛のお祭り三昧の一日です。
前回に引き続き、またしても南行徳までは足を運べそうもない当ブログ管理人。
もうひとりの管理人は朝から楽器持って仮装してますし。
南行で秋刀魚食べたかったのはやまやまですが、その分行徳まつりとハロウィンをじっくりレポしたいと思います。

開始から間もない頃の行徳フラワー商店街。
正午からの仮装パレードを控え、先導トラック待機中。
20161023IMG_7205.JPG
一瞬女の人が乗ってるように錯覚しがちですがマネキンですから(ある意味骸骨よりもこわい)。


2016年10月22日

南行徳街回遊展

街歩きにより地域の魅力を再発見し、文化芸術により人々との交流を図る目的で実施される市川市主催の街回遊展。
市内各地から毎回特定の地区にスポットをあて、年に一度開催されています。
行徳・妙典地区においても、第3回(2000年)・第9回(2007年)には行徳、第15回(2013年)は妙典を舞台に行われました。
妙典街回遊展レポはこちら:2013年
 行徳街回遊展レポはこちら:2007年

そしていよいよ街回遊展の舞台は南行徳へ。
10/22(土)・23(日)の2日間、とくに2日目の23日は南行ホコ天や行徳まつり&行徳ハロウィンも同時開催なので、それらと組み合わせるのもありかと。
私はスケジュールの都合により初日のお昼のみとなりましたが、南行徳街回遊展へいってまいりましたのでレポいたします。

10月22日土曜日お昼前、スタンプラリー帳も兼ねたパンフレットを携えて出発。
20161022IMG_7073.JPG
写真右側の浮世絵ハガキは、三代歌川豊国作若樹梅里見八総 行徳浜辺の場
南総里見八犬伝を題材にし安政4(1857)年に上演された歌舞伎演目の役者絵です。


2016年10月 9日

お隣でも違う担ぎ方。四ヶ村例大祭と相之川日枝神社例大祭

神輿の街行徳で秋になると見かけるのは、神輿が練り歩く姿。
毎年行徳や妙典のどこかで見られる光景ですが、祭りの行われる場所は年によってさまざま。
町内ごと、またはいくつかの町内が集まって行われるこれらのお祭りは、おおむね3年か4年に一度本祭として行われます。

2016年の秋に開催されるのは、3年に一度の四ヶ村香取神社例大祭と相之川日枝神社例大祭、および伊勢宿例大祭。
加えて翌週には4年に一度の新井熊野神社例大祭も控えています。

独特の行徳担ぎにて行われる神輿渡御。
しかし隣接する町内でありながら、四ヶ村と相之川では担ぎ手の装いや掛け声など異なる点もみられます。
異なる様子を同じ日に見られるのは行徳まつりを除けば珍しい機会。
四ヶ村と相之川、2つのお祭りを一挙にレポしたいと思います。

本祭の10月9日日曜日。
香取神社での御霊入れの後、雨上がりの空の下欠真間・香取と受け継がれた本社神輿。
14時半頃の時点では湊新田における神輿渡御の最中でした。
20161009MG_6532.JPG
しかしながら湊新田の渡御も終盤戦。
湊との境界付近まで差し掛かっています。


2016年8月28日

カモがネギしょってお祭り騒ぎ?!かもねぎ祭り|行徳

行徳の夏の終わりを告げるのはネギしょったカモなのかもしれません。

8月最後の日曜に開催される恒例のかもねぎ祭りも今年で第14回。
大抽選会で大盤振る舞いだった昨年の記憶も個人的には新しいところ。
しかし今回は抽選券の入手方法が変更となりました。
縁日での食券として利用できるお祭り券を購入した方に抽選券を配布するやり方です。
あいにく私が訪れた11時頃は既に売り切れとなっておりましたが…。
20160828IMG_6241.JPG
今年もこんなに景品山積みなのに…残念。


2016年7月30日

夏の夜はしっとりシャンソンで|行徳ニューグランドハイツ・サマーフェスタ

7月も最後の週末となり、いよいよ夏祭りシーズン本番となりました。
行徳界隈ではこの時期、各自治会による地元密着型の夏祭りが随所で催されています。
公園にやぐらを組んで盆踊りというケースが多いようですが、なかには生演奏や大抽選会などを行うところもあり、祭りのハシゴしつつ違いを楽しむのも面白そうですね。

さて今回レポするのは、29回目を迎える行徳ニューグランドハイツ・サマーフェスタ。
長年開催されていたジャズライブからシャンソンコンサートへと衣替え。
20160730IMG_0023.JPG
ポスターもどことなくおフランスの装い。


前の9件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11