行徳・南行徳地域情報

2019年5月10日

グランドルチェ南行徳店|ドルチアの三角モンブランが店名変わって大復活!! 

突然ですが、皆さんはモンブランといえばどのような形をイメージしますか?

一般的には細長く絞り出されたマロンクリームで覆われたものを想像しますよね。
しかしその形に異を唱える市川市民は少なくないはずです。
市川市民にとってのモンブランの形状といえば…薄いマロンペーストに包まれた三角お山!

三角お山のモンブランを生み出したのは、本八幡に本店を構え、南行徳や新浦安などにも支店のあったドルチア。
1970年の創業以来半世紀近くにわたって市民に愛され続けたドルチアですが、2018年3月にまさかの全店閉業。
もう二度とあのモンブランが食べられなくなるのではと危惧していたところ、経営母体が変わり再オープン。
店名こそグランドルチェと変更されましたが、ドルチアにいたシェフの方が立ち上げた新会社に引き継がれ、モンブランやJAL国際線ファーストクラスに搭載されていたチョコレートも復活いたしました!

南行徳メトロセンターに再オープン。モンブランが帰ってきた!

かつてのドルチア南行徳店ことグランドルチェ南行徳店
復活後も引き続き南行徳メトロセンター3番街にて営業しています。
店頭の看板には「VIP用政府機関特別機等のデザートに起用されている、高級スイスチョコレート」。おお、ひれ伏してしまいそうなキャッチコピー。
20190510IMG_9966.jpg


2019年5月 5日

春の南行ホコ天で大神輿と楽しい令和元年GW

令和元年のGWは10連休という前代未聞の超大型連休。
とはいえあっという間に元号が変わり、この大型連休も終盤に入ろうとしています。
連休明けのことを考えると憂鬱になっている方も多いことでしょう。
かくいう私もそのひとりですが、そんなときは昼酒呑んでぱぁーっと気分転換するのがいいと思います!

春の南行ホコ天は10連休の今年も5月5日こどもの日に開催。
さわやかな五月晴れの空の下、美味しいもの食べたり呑んだり、各種催し物を見たりあるいは参加してみたりと、ゆるーい休日が過ごせるイベントです。
20190505IMG_9880.jpg


2019年5月 1日

【令和時代が始まった】宮内庁新浜鴨場と行徳支所の令和元年初日

2019年のゴールデンウィークは10連休という方も多いかと思います。
今年のみ特例となった10連休は、令和時代への即位の礼にともなうもの。
そしてついに、5月1日をもって平成から令和時代へとバトンタッチされました。

行徳は令和の新天皇皇后両陛下縁結びの地!宮内庁新浜鴨場

平成生まれの方々には意外と知られていないようですが、行徳は新天皇陛下にとって外すことのできない地であります。
新皇后陛下である雅子様にプロポーズされたのが、行徳野鳥観察舎にほど近い宮内庁新浜(しんはま)鴨場なのです。
ご成婚当時には鴨場もずいぶんと話題となっていたものでした。
天皇皇后両陛下思い出の地が地元にあるなんて、嬉しく感じますよね。

そこで令和元年初日の宮内庁新浜鴨場前を訪れてみたところ
20190501IMG_9793.jpg
特に記帳などは行われず、もちろん一般国民は立ち入り禁止で普段と変わらない静けさ。


2019年4月30日

行徳ビリヤーニーハウス|本格ビリヤニとマトンで異国情緒も味わおう!

国内有数といっても過言ではない多国籍タウン行徳では、世界各地の美味しい料理を気軽に食べることが可能です。
インドカレーのお店は他の街でも見かける機会増えましたが、ビリヤニがを主力にした店はまだ少数派。
今回ご紹介する行徳ビリヤーニーハウスは、店名にビリヤニを掲げたまさにビリヤニメインの店!
末広のティッカハウス(当ブログ未訪問。最近リニューアルオープンしたそうです)にいたシェフが独立開業したお店だとか。

お店がある場所は行徳駅前3丁目、中華の行列店昇龍のお向かい。
以前はラーメン屋神居だったところですね。
黄色と赤のインパクト大な外観は一度見たら忘れないはず。
20190430IMG_1565.jpg


2019年4月 6日

更地になった行徳野鳥観察舎跡地と猫実川の桜

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

前回の中江川・行徳駅前公園に続く2019年行徳桜レポート第2弾です。
実は先週も訪れていた場所なのですが、執筆が滞ってしまっているうちに開花状況も日々変化していたため、改めて取材し掲載する次第。

4月6日土曜日お昼頃の桜の様子をお伝えします。
花冷えにしては寒すぎた数日間から一転、急激に気温の上がった関東地方。
ここで行徳の桜も一気に開花、お花見ラストチャンス!

行徳野鳥観察舎がなくなっても野鳥の楽園、桜も変わらず

行徳民にとって憩いのおさんぽエリア、行徳野鳥観察舎周辺。
野鳥観察舎の解体工事のため昨年末より通行止めになっていた丸浜川沿いの緑道は、3月下旬に通行再開。
河津桜の開花時期には間に合いませんでしたが、丸浜川沿い緑道のソメイヨシノはちょうど満開。
20190406IMG_9343.jpg


2019年3月30日

年度末 桜の見頃はまだ先か|中江川・行徳駅前公園(講談イベントレポもあり)

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

週末を前に都心の桜は満開だそうですね。
私も数日前に都内某所の観光名所に立ち寄ったところ、満開間近の花盛りでした。

かたや東京湾岸に位置する行徳地区、いや千葉県内の桜前線は都心部から数日ほど後追い傾向。
今年も例外ではなく、週末を迎えても桜が見頃を迎えたという話はいっこうに入ってきていません。

では実際のところはどのぐらい咲いているのでしょうか。
中江川と駅前公園をまわってきたのでレポいたします。

さいわい桜まつり開催中の中江川の桜前線は?

最初に訪れたのは両岸から川を包み込むように桜咲く中江川。
水辺ということもあって例年少しゆっくりめの開花傾向なのですが、さて今年は。
20190330IMG_9150.jpg
あ、やはりまだ本番前でしたね。
4-5分咲きといったところでしょうか。


炭火焼鳥 坊ちゃん 焼鳥・やきとんは炭火で絶妙な焼き加減

行徳は知る人ぞ知る焼き鳥激戦区。
焼き鳥屋も全国チェーン店からテイクアウト専門店まで幅広く、なかでもローカルな焼き鳥専門店の充実ぶりには舌を巻くばかり。
それらの中から今回は、行徳駅前1丁目の炭火焼鳥 坊ちゃんを紹介いたします。

行徳駅から歩いて5分弱、行徳駅前三郵便局近くに位置する炭火焼鳥坊ちゃん。
洋酒膳房ひげの並びの飲食店などか並ぶ平屋建ての一画にあります。
外から店の中の様子がよく見えますね。
20190330IMG_1980.jpg


2019年3月19日

筑前屋 行徳店でメガジョッキ片手にもつ鍋とやきとん

行徳は気軽に呑める店が多く、また雰囲気や料理のラインナップもそれぞれで、ちょっと集まって喉を潤すには使い勝手のいい街。

飲兵衛環境が充実していることもあって当ブログではチェーン店を取り上げることはほぼないのですが、今回は例外として行徳駅からすぐの筑前屋行徳店
都内を中心に展開しているやきとん・焼鳥・もつ鍋メインの居酒屋です。
20190319IMG_1822.jpg


2019年2月 3日

行徳の節分祭をハシゴする|香取神社・日枝神社・熊野神社

2013年以来という日曜日の節分。
土曜日開催だった昨年に引き続き、学生さんや平日お勤めの方も節分祭に参加できる貴重な機会でありました。

今年の節分祭レポは、開催時間の都合で行徳地区のみを集中的にまわることに。
まずは2013年以来のレポとなる香取神社から。
20190203IMG_8688.jpg


前の9件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11