市川市東西線行徳駅

行徳・南行徳地域情報 > 市川市東西線行徳駅

市川市東西線行徳駅

市川市東西線行徳駅

2018年3月 3日

行徳野鳥観察舎の河津桜がサクラサク

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

雪が積もり寒さ厳しい今年の冬も、ようやく次の季節に向けて少しずつ進みだすようになりました。
気がつけば河津桜も花開き。

3月3日の土曜日夕方、行徳野鳥保護区の様子です。
日が落ちる直前だったため、少し写真暗めですがご了承を。
20180303IMG_4229.JPG
緑道がピンクに彩られた華やかな風景でした。

大ぶりの身は目にもお腹も満足感 炭火串焼 鶏一座|行徳

一昨年あたりからマツキヨやローソンの開店を機に、JAいちかわ界隈がずいぶん賑やかになってきているように感じます。
もともと飲食店の多いエリアではありましたが、パンツェロッティ イチロウテイなど新規参入組もちらほらと。
そんなエリアに昨年5月開店した焼鳥店の鶏一座
ステーキ村山のお隣さんです。
20180303IMG_4107.JPG

店構えから想像していたよりも席数は豊富にあり、テーブル席や座敷席も用意されています。
カウンター席の椅子の並びがカップル仕様なのはご愛嬌(2席ずつくっついてます)。
行徳の焼鳥屋としては珍しくしっとりと落ち着いた雰囲気により、ワイワイ飲んで騒ぐというより静かにゆったり焼鳥味わうようなシチュエーションに向いています。
フリーWi-Fiも設置されているのが新規開店組らしいというか。

鶏一座の串焼でまず驚かされるのは、通常の1.5倍はあるという身の大きさ。
見ただけで食べ応えありそうな満足感を味わえるかと思います。

2018年1月22日

4年ぶりの行徳雪景色(2018年1月22日)

雪に弱い首都圏で生活していると、関東大雪予報がでてもにわかに信じがたいものがあります。
週明け月曜日の天気予報を見ても、まさかという思いしか抱いてませんでした。
その反面、4年前の大雪を思い出したり。

1月22日月曜日。
週末の天気予報では午前中が関東大雪のピークとのことでしたが、その後の予報でピーク予想時間帯が後ろにずれ、夕方の通勤通学時間帯を直撃するとの予報に変更。

都心ではお昼頃より雪がちらつき始め、午後3時過ぎの時点で歩道が真っ白になるほどの積雪でした。
いつもより早めの帰宅ラッシュと鉄道ダイヤの乱れが重なり、都心の駅はどこも大混雑。
私も東西線で帰宅したところ、高田馬場から行徳まで80分間立ちっぱなしの憂き目にあいました。

Instagramの写真にあるように、フジサン公園(東根公園)のフジサンは完全なる雪山へと変貌いたしました。
夜まで降り続いた雪は日付が変わる前には止んだようです。

2018年1月19日

地元で流行りの揚げピザを パンツェロッティ イチロウテイ(PANZEROTTI ICHIROTEI)|行徳のイタリアン

浦安イタリアンの名店「ICHIROTEI」が行徳で2店目(1店目はピッツェリア イチロウテイ カベルナ)にオープンさせたのは、イタリアンの新業態。

こちらパンツェロッティ イチロウテイ(PANZEROTTI ICHIROTEI)は千葉県初というパンツェロッティのお店。
パンツェロッティとはイタリア南部プーリア州に伝わる食べ物。
円形にのばしたパン生地で具を包み、半分に折り畳んで高温の油でさっと揚げた半月形の揚げパンです。
本国イタリアではミラノ名物として有名だそうですよ。

お店があるのは行徳かもねぎ商店街、ちゃんこ鷹丸のお隣。
20180119IMG_4082.JPG

2018年1月 2日

行徳港で初日の出2018

20180102_01.jpg皆様、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2日前まで元旦の天気予報は微妙だったのですが、当日はスッキリと晴れました。なので、チョッと早起きして初日の出を行徳港まで拝みに行きました。

行徳港は初日の出の場所としておススメです。

それは・・・

2017年12月21日

高級系からコスパ系まで・日米豪産牛肉のデパート ステーキ松木行徳店|行徳のステーキハウス

年末年始の忙しさを乗り切るべく、肉食によるスタミナ補給にいそしみました。
当ブログでは珍しいチェーン店の紹介となります。

行徳駅から東西線高架沿いを歩いて数分、マルエツのお向かいに位置するステーキ松木行徳店
小さい店ながらもひと目でわかる緑色の外壁。
首都圏中心にいくつかお店はありますが、ここ行徳店は千葉県唯一の店舗なんですね。
20171221IMG_6330.JPG

2017年12月14日

行徳で肉圓(バーワン)食べて台湾気分 台徳林|行徳の台湾料理店

個人的なことになりますが、ここ数年台湾に恋しています。
年に数回台湾旅行するだけではなく、当ブログのネタ用を口実に訪台(詳しくは行徳神輿を見に台湾行ってきた記事にて)するまでの恋焦がれっぷり。
そうなると日本にいても台湾料理が食べたくなることもしばしばですが、ありそうで意外とないのが台湾料理店。
巷には中華料理店こそあふれているものの、台湾ラーメンでも台湾まぜそばでもない本格的な台湾料理はいまだマイナーな存在といえます。

国際タウン行徳も例外ではなく、台湾料理店の看板をみつけることはかなりの困難でした。
ところがさすが国際タウン行徳、登場したのですよ台湾料理店。

行徳バイパス沿い、行徳マンション1Fの商店街にある台湾料理店の台徳林
行徳界隈、いや東西線沿線でも貴重な台湾料理店です。
実はオープンしたのは2015年ですが、半年ほどして長い休業期間に突入してしまいました。
ところが長い沈黙の後、2017年10月突然の復活!
20171214IMG_5802.JPG 

2017年12月10日

美味しくアンチエイジング Cafe Sunny|行徳のカフェ

カフェ過疎地行徳に昨年6月オープンしたCafe Sunny
行徳駅からは5分ほど歩いた静かな住宅街、からあげ専門店鶏笑市川店のお隣になります。
20171210IMG_4063.JPG

このお店のコンセプトは「美味しくアンチエイジング」。
薬膳料理の考えにもとづいた、美味しくて身体に良いメニューをいただくことができるのです。

2017年11月11日

ピッツェリア イチロウテイ カベルナ(Ichirotei caverna)|行徳のイタリアン

浦安のイタリアンレストランイチロウテイが行徳にお店を出してから3年。
決して駅から近いわけではない立地でありながら、住宅街の隠れ家イタリアンとして人気のお店です。

ピッツェリア イチロウテイ カベルナがあるのは新浜通り沿いのマンション1F。
付近には吉野家や味噌王仲間といった飲食店もありますが、正直なところなぜこんな場所にイタリアン?と思わないこともないロケーション。
20171110IMG_3719.JPG
店名の「カベルナ」はイタリア語の「洞窟」から。
アーチ型の入口をくぐり、店名をほうふつとさせる洞窟感ただよう通路を歩くこと少々。
扉を開けるとイタリアンな世界が待ち受けています。

前の9件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11