カレー・エスニック料理

行徳・南行徳地域情報 > カレー・エスニック料理

カレー・エスニック料理

カレー・エスニック料理

2011年6月 1日

SOUTH INDIAN RESTAURANT SiA(シイア)|行徳

エスニック系レストラン王国行徳の新顔は、日本ではあまりなじみのない南インド料理のお店です。

インド料理といっても、日本におけるインド料理店の主流は北インドのもの。
南インド料理とはココナッツミルクやマスタードを多用し、油控えめなのが特徴。
主食はパラパラに仕上げられたライスで、指でカレーと混ぜて食べるのが一般的です。
またベジタリアンの多い土地柄、野菜や豆を用いた料理が発達しています。


駅前公園沿いに昨年オープンしたSiA(シイア)。
六本木にも出店しているそうですが、行徳のほうが価格帯低めに設定されています。

インド料理店らしからぬ(?)シンプルでモダンなインテリアの店内。
開口部が広く、駅前公園の緑を眺めながらの食事は気持ちいいものです。

ランチセットは4種類。
カレーの皿数やデザート・ドリンクの有無により金額が変わります。
今回はカレー2種類とドリンクのついたBセット(700円)を中辛にてオーダー。
20110601P1130248.JPG20110601P1130247.JPG
ナンが載っているほうのお皿はダル(豆)カレー他。
ライスが載ったお皿はバターチキンカレー他。バターチキンはまろやかで美味。
食べている最中、お店の方にナンのおかわりを聞かれます。
追加で熱々のナンが食べられるのは嬉しい限り。


土日祝のランチはお一人様1,000円のバイキング。
4種類のカリー・ナン・ライス・サラダ・パコダorチキンティッカ・デザート食べ放題です。
20110601P1130480.JPG20110601P1130484.JPG
この日のランチバイキングカリーは左写真奥から順に、緑豆のカリー・南インドのベジタブルコルマ・ココナツシーフード・チキンカリー。
ベジタブルコルマはまろやかでクリーミーな野菜たっぷりカレー。美味しくておかわりしちゃいました。
ココナツシーフードカリーにはカキがまるごと。エキスがカレーに染みて奥行きの深さを感じました。
お皿の手前にあるのはパコダという野菜の天ぷらのようなもの。ケチャップにつけて食べます。
バイキングでも熱々のナンがおかわりできます。

南インド料理は主に単品で提供されています。
おびただしい品揃えのメニューに圧倒されてしまいそう。
ディナータイムには南インド料理セット・北インド料理セットもあるので、いつか夜に行ってみたいと思います。


SOUTH INDIAN RESTAURANT SiA(シイア)
市川市湊新田2-6-7 コーポアオヤマ1F 
TEL:047-359-2319
11:00-15:00 / 17:00-翌2:00
年中無休

 

行徳・南行徳の過去記事は「行徳・南行徳地域情報」にて掲載中!


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!
 

2008年7月13日

ボンベイパレス|行徳

急な暑さに身体が悲鳴をあげています。
こういうときには冷たいものを食べてで身体を冷やすのか、それとも辛いものを食べて発汗作用を促すほうがいいのか・・・。
とりあえずこれからの本格的な暑さに備え、汗をいっぱいかくことにしましょう。

ボンベイパレス行徳店1最近カレーばかり取り上げている気がする当ブログですが、今回も然り。
ランチ営業が週末のみということで、なかなか訪れる機会のなかったボンベイパレスが本日のお店です。
いつも気になってたんだよね、この看板とスパイスの香り・・・。


カレーの辛さは5段階から調節可能。
※マイルド・ミディアム・ホット・ベリーホット・スーパーホット
子ども向けのマイルドチキンカレーも用意されています。

ランチセットはカレーセット(¥790)とボンベイセット(¥950)、それにお子様セット(¥580)。
カレーセットはベジタブルカレー、ボンベイセットはマトンカレーをチョイスしました。
ボンベイパレス行徳店2ボンベイパレス行徳店2
マトンカレーは美味しいですねえ。マトンのエキスがたっぷり。
ベジタブルカレーには何故か大根が入っています。そのせいで多少水っぽくなってしまったのが残念。
タンドール(土窯)を使用して焼き上げられたナンはパリっと香ばしく、しかも大きいのがいいです。
サラキカバブとタンドールチキンのついたボンベイセットはボリュームたっぷり。
なんたってナンとサフランライスの両方ついてるんですから。

ディナーはタンドールチキンやサラキカバヴなどのタンドール料理やインド風ピザ、16種類のカレーなどの豊富なバリエーション。
カップルや友達同士なら、いろいろなメニューが楽しめるペアコースがおすすめです。

面白いのは、インド料理店なのにワイン飲み放題(90分・¥1,030)があること。
しかも女性にはアイスクリームかウーロン茶のサービスもついてるそう。
ペアコースのお供によさそうですね。
カレーにはビール!という方には、インドNo.1シェアのキングフィッシャービールをどうぞ。


ボンベイパレス 行徳店
千葉県市川市湊新田2-1-18
TEL:047-399-0050
営業時間:平日)17:30-24:00(L..O.23:30)
       土曜)12:00-15:00/17:30-24:00(L..O.23:30)
       日祝)12:00-15:00/17:30-22:30(L..O.22:00)
年中無休



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2008年5月 8日

モハノンド|行徳

唐突ですが、バングラデシュとインドの違いって何でしょう?
私には宗教ぐらいしか思い浮かびません。
位置的なイメージも、インドの隣ぐらいしか。
正直あまり馴染みがない国ですが、どのような料理があるのでしょうか?
ということで、バングラデシュ料理のお店に行ってきました。

モハノンド行徳店1まずはモハノンド行徳店から。
なぜかアジアン料理店が並ぶ通りの一角にあります。

こぢんまりとしたエスニックムードが漂う店内。
壁面に貼られたインドとバングラデシュの地図を見て、思わず位置確認をする自分。

そもそもバングラデシュ料理とは?
両脇をインドに挟まれているという立地上、料理もたいへん似ています。
よってメインはカレー。インドに比べると多少マイルドな風味だそうです。
(詳しくはこちら
またイスラム教徒が多いため、豚肉はご法度。
モハノンド行徳店のカレーも、肉系はチキンとマトンのみでした。

モハノンド行徳店2写真はランチメニューのベジタブルカレーとチキンカレー。
それぞれサラダ・ライスorナンがつきます。
私のおすすめはベジタブルカレーです。
トマトと唐辛子が絡み合ったペーストが辛いっ!だけどすごくジューシー。

ディナータイムにはチキンとのプレートメニューもあります。

------------------------------------


↓以下の南行徳店は2008年9月に閉店しました。
モハノンド南行徳店続いて昨年秋にオープンしたモハノンド南行徳店。
先ほどの行徳店の支店ですが、雰囲気はずいぶん違います。
立て看板には「インド・アジア・多国籍料理」とありますが、その下には・・・。



モハノンド南行徳店2左の写真をクリックすれば一目瞭然、多国籍というかほとんど居酒屋。
しゃぶしゃぶ・カツ丼・焼き鳥って・・・。
豚肉を扱っているためか、バングラデシュの文字は見当たりません。

店内もかなり居酒屋っぽいです。
和印折衷というか、インドビールと焼酎、おまけに仙台四郎の像。
壁面の地図も、インドやバングラデシュではなく日本。

とはいえ行徳店同様、スパイシーなカレーは充実してるのでご安心を。
しかもこちらは持ち帰り可能。
早速テイクアウトして、エンピツ公園おひとり様ランチでもしてみようかと思います。

モハノンド南行徳店3おひとり様ランチのおともはマトンカレー。
マトンのエキスが染み込んだカレーは、たいへんコクがあって美味しい。
ナンもでかくて満足。

しかし後で気がついたのです。スプーンがないことに。
ナンを操って食べるのも難儀する始末。
カレーを手づかみする勇気もない、悲しき日本人の性・・・。



モハノンド 行徳店
千葉県市川市行徳駅前1-6-13
TEL:047-358-1432
営業時間:11:30-14:30/17:30-23:30
年中無休

※南行徳店は閉店しました。
  現在は行徳にあったDaining Bar龍山さんが移転営業中。
  だけどメニューにインド料理があるとか。なんでだろー?
モハノンド 南行徳店
千葉県市川市南行徳1-22-7
TEL:047-399-0050
営業時間:平日)11:00-15:00/17:30-
       休日)11:00-15:00/17:30-23:00



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2008年1月 9日

「友人」という名のカレー屋さん|行徳

ワンコインランチというものの、500円で外食できるところは限られてくるでしょう。
ぱっと思いつくのもファーストフードや牛丼屋、それに立ち食い蕎麦ぐらいで。
だけど今はインドカレーも参入してるんですね。素直に驚きました。
社食のカレーライスだってそれくらいするのに、本格インドカレーってどういうこと??

YUJIN カレー@行徳その1ということで、行徳にできた友人(ユージン)というカレー屋さんをご紹介。
行徳駅前公園の桜並木を少しだけ海側に下りたところにあります。
cafeだったときの名残がみられる店内、厨房で飛び交うインド語(たぶん)の会話。少々シュールな光景です。



数ある種類の中からカレーをひとつと、ナンorライスを選んで¥500。
カレー以外にもタンドリーチキンやシシカバブなどがあり、これらもすべて¥500。
さらに昼も夜もお値段変わらず¥500。明朗会計ですな。
ドリンクは別料金ですが、今ならフリーペーパー等でラッシーサービスのクーポンが掲載されています。

で、どんな塩梅かというと・・・
YUJIN カレー@行徳その2YUJIN カレー@行徳その3
(写真:豆カレーとチキンカレー。白い飲み物はラッシー)

笑っちゃうぐらいナンがでかい。2人で分け合ってちょうどよいサイズでしょうか。
ちなみにライスの場合は普通の量。
カレーのほうは、なぜかショウガの千切りがトッピングされている場合が多いです。
¥500というお値段にもかかわらず、ちゃんとしたインドカレーですね。
個人的には写真右のチキンカレーがおすすめ。
写真がなくて申し訳ないのですが、グリーンが際立つほうれん草カレー(チキンorマトン)はガーリックが効いている!

昨年10月にオープンしたこのお店、実はチェーン店らしく、東武浅草駅のガード下など12店舗もあるんですって。
これから急速に店舗数を増やしていくのかもしれません。
もしかしたら2008年のトレンディスポットになるかもよ。


友人(ゆうじん)
〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前4-7-10
TEL:047-398-8881
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00
不定休

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 


2007年7月10日

ポーンタイレストラン|行徳 ※2010.10閉店済

残念ながら2010年10月に閉店となりました。

ポーンタイレストラン1タイ料理レストラン激戦区の行徳に新規参入した勇気あるお店。

中に入ると、意外にも広々した店内。52席もあるそうで。
前身が焼肉屋だった名残でしょうね。
掘りごたつ式のテーブルでゆったり過ごせます。

しかし料理は本格派。
タイ北部チェンライ出身のシェフが産み出す数々の逸品たちは、タイスキからタイ北部の料理までと、広範囲に楽しめるのがいい。
平日なら3種類から選べる日替わりランチセットがお得。デザート類も充実しています。


今回紹介するのは、行徳で各国料理を食べ歩く会に参加したときのメニューです。

ポーンタイレストラン2最初に出されたのは、揚げ春巻きとタイ風さつま揚げなど。
ビールのおつまみにぴったりの品々です。
花飾りの人参がとっても素敵。




クロスタービール@ポーンタイレストラン3それでアルコール類ですが・・・店内にあるタイビールは3種類。
この日注文したのはクロスタービール。
一応タイビールなんですが、ドイツの地ビールメーカーのライセンス品という摩訶不思議なもの。
言われてみればラベルの雰囲気が他のと少し違います。
シンハーに比べると、こちらはアルコール度低めのあっさり系。

ところでメニュー見て気になったのが、「スパイ」という謎の飲み物。
タイ産の甘ーいワインクーラーなんですって。今度飲みたいな。

トムヤンクン@ポーンタイレストラン4お待ちかねのトムヤンクン!しかし目の前に現れたのは土鍋!!なんというインパクト。
同様にパネーン・カイ(鶏のカレー煮)も土鍋での登場でした。





それからそれから・・・なんという華やかな料理たち。
飾り切りが美しすぎます。
ポーンタイレストラン5ポーンタイレストラン6ポーンタイレストラン7
個人的にはヤムウンセン(春雨のサラダ・写真左)がイチ押し。
右の写真はサービスでいただいたバナナ春巻。素朴な甘さが幸せな気持ちを呼び起こしてくれました。



ポーンタイ ※2010年10月閉店
千葉県市川市行徳駅前4-1-4 光和ビル1F ※クロネコヤマトの隣
TEL:047-399-0448
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜24:00
水休

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 



2007年2月 5日

タイレストラン K(ケイ) |行徳

タイレストランK01久しぶりに行徳で各国料理を食べ歩く会へ参加しました。

今回の会場(の一つ)は、タイレストランK
末広1丁目、かつてのハイパー通り商店街の一角にあります。
大きな窓が開放的で一見するとcafeっぽい外観だから、なんとなく入りやすい気がするのは私だけでしょうか?


タイレストランK02まずはビールで乾杯!
タイビールの新興勢力、チャーンビールでいきます。
アルコールが7%とビールにしては高いのですが、喉越しがすっきりしています。
おつまみのソーセージ?もバクチーとの相性ばっちり。
もちろんシンハービールも置いてあります。


お味のほうですが、どの料理も激辛という印象ではないですね。辛さと酸味のバランスが良くて食べやすい。
辛いだけのは苦手という方にもお薦めです。
ランチタイムには、辛いの大好きランチ(5種)と辛いのダメヨランチ(5種)というのがあるそうです。
次はお昼時にも行ってみたいですね。

タイレストラン03参加者の皆さんがお薦めという、トードマンプラー(タイ風さつまあげ)を食べてみました。

何もつけないと日本のとあまり変わらないのですが、ナンプラーのタレをつけると辛っ!
家でも試してみようかな(レシピはこちらに載ってます)。



タイレストラン04タイレストランK05私のおすすめはヤムウンセン(写真左)。
意外にもちょっと甘めですが、これがまた絶品なんです。
春雨のツルンとした食感にすごくマッチしています。

写真右のカイ・ヤッサイ(タイ風オムレツ)は日本のと違いぺったんこ。
だけどこれにチリソースをかけると、たちまちタイの味!


タイレストランK06タイレストランK07そしてやはりタイ料理には欠かせない、トムヤンクンとグリーンカレー。

トムヤンクンは酸っぱくて辛くて、爽快な感じ。海老のプリプリがいいんですよ。
グリーンカレーはけっこう辛かったけど美味です。

すっかりHotになった私の舌と胃ですが、最後にデザートのココナッツアイスによって癒されました。ありがたや〜。


タイレストラン K(ケイ)
千葉県市川市末広1-12-4
TEL:047-395-4707
営業時間:ランチタイム 11:30〜14:30 / ディナータイム 17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日:無休

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2006年8月12日

バイトン|行徳

何故か国際色豊かな行徳地区。飲食店も然りです。
今回はタイ料理を初体験してきました!
タイ料理はトムヤンクンぐらいしか知らないし、大丈夫か・・・。

訪れたのはバイパス沿いにあるバイトン
接客してくれるのは長髪のお兄さんです。

バイトン2とりあえずはビールだな。タイのビールといえばシンハ。
名前が示すように獅子のラベルがトレードマーク。
昨年の小泉×森会談(ひからびたチーズで有名)の際、出されたビールがこれだったそう。
他にもタイのウイスキーやジュース(甘くて濃厚!JINROで割ると美味しい)などもあります。


 

バイトン5

バイトン3

 

 

 


バイトン4バイトン6






この写真にはないけど、やはりトムヤンクンは美味でした。香草との掛け合いが絶妙で。
頼んだ他の料理も、概ね辛すぎず食べやすい。
タイ風のさつま揚げ(写真下段左)なんてのもあるんですね。

店内は20人も入ればいっぱいになってしまう狭さですが、店頭にオープン席もあるのでお好みでどうぞ。

バイトン1バイトン
千葉県市川市行徳駅前2-21-22 行徳マンション1F
TEL:047-356-1144 FAX:047-358-0157
営業時間:17:00〜翌05:00
定休日:なし(TELで確認とるのが安心)

 

 

■関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ


2006年7月 6日

PUJA|行徳

行徳地区は色々な国の料理が食べられるという、じつはとても恵まれた環境なのです。
今回はその中の一つ、本格的なインド料理を気軽に食べられるお店を紹介します。

PUJA1

場所はちょっとわかりにくいんですが、末広のワイズマートを少し東西線方面に進んだところにあります(詳しくは地図見てね)。
閑静な住宅街の隠れ家といったところでしょうか。
もともとこの場所にはインド料理屋が存在していたのですが、昨年オーナーと店名がチェンジし、全く新しいお店として生まれ変わりました。
接客担当のおにいさんはオヤジギャグをかまずほど日本語が堪能で、とてもフレンドリーな方です。


PUJA2

インド料理店だというのに、何故か各国のビールが揃ってます。
ハイネケン・バドワイザー・ギネスetc・・・飲み比べも楽しいもんですよ♪
実際飲み比べてみたところ、私が一番気に入ったのがインドマハラジャビール
日本での知名度は高くないですが、モンドセレクションで金賞受賞した由緒正しいビールなのです。
苦味が少なく人によっては甘く感じるかもしれませんが、スパイシーなインド料理にはやっぱりインドのビール!


PUJA5

おつまみはこちら。パパドという豆粉でできたインド版揚げ煎餅です。
初めて食べたけど、パリっとした感触とブラックペッパーのスパイシーさがたまらないっす。
これだけでビールが進んじゃうよ。


 

 

 


PUJA3

PUJA4

サモサとタンドリーチキン。こちらもビールとよく合います。
サモサはサクッとした食感が心地よく、タンドリーチキンは中まで辛さが染み込んでました。



 

 


PUJA6

ご主人のおすすめというガーリックとほうれん草のカレー。
どうですこの緑色!だけどにんにくが効いて美味しい。

もちろん茶色いカレーもあります(笑)。
私はマトンカレーが気に入りました。凄くコクがあるんです。

カレーの辛さも調節してもらえるので、辛いの苦手な方やお子さんでも大丈夫。
昼間のランチセットにもお子様セット(¥500)がちゃんと用意されています。
ランチセットは¥680からとリーズナブル価格。マトンカレーも選択できて、ナンのお代わり無料。

PUJA7

そしてこの日はメンバーに誕生日の近いメンバーがいるという理由で、デザートの特別サービスがありました♪
ライスのババロアといったところでしょうか。ココナッツ風味が絶妙です。

そうそう、インドのドリンクといえばラッシーですね。
こちらのお店ではプレーンなタイプとマンゴーラッシーを飲むことができます。
お口直しにぴったりの爽やかな甘さでした。

今回はチームDIYさん主催の「各国料理を食べ歩く会」に参加させていただきました。
これからも参加させてくださいね。
私もここで紹介できるよう、エスニック系料理の開拓がんばります。

PUJA
市川市末広2-7-16
TEL:047-395-7273
営業時間:ランチAM11:00〜PM 3:00/ディナーPM17:00〜PM10:00

■関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、こちらをクリック!←カチッ