小売店・スーパー

行徳・南行徳地域情報 > 小売店・スーパー

小売店・スーパー

小売店・スーパー

2018年4月24日

ローストポーク専門店 マルコ テイクアウトで贅沢おうちごはん|行徳のテイクアウトローストポーク店

美味しいものをお気軽に外出先や自宅でゆっくり食べたい、なんて気分のときに重宝するのがテイクアウト。
行徳界隈でもテイクアウト専門店が微増傾向の兆しです。

焼鳥や唐揚げの店が多いテイクアウト専門店。
ローストポークのテイクアウトは珍しいかもしれません。
持ち寄りパーティーや手土産にも使えるし、自宅用以外の用途にも便利ではないかと。

2017年末にオープンしたローストポーク専門店 マルコがあるのは西友新浜店駐車場すぐそば。
以前カフェパウリスタの豆売専門店があった場所。
20180424IMG_4705.JPG

2017年5月 7日

からあげ専門店鶏笑 市川店|行徳のテイクアウトから揚げ店

前を通る度に気になっていたからあげ専門店鶏笑 市川店へやっと行けました。

からあげ専門店鶏笑 市川店

オープンと同時に入店するも、注文入ってから揚げ始めるようで、どんな状態でも10分は待つでしょう。

日曜という事もあって、コンスタントにお客さん来ていました。

2012年12月 9日

travelling chest|南行徳

行徳地区では希少なかわいい雑貨屋さんtravelling chest
南行徳駅近くの東西線高架沿い、マンション1Fにあります。

店頭には季節の可愛い洋服がいっぱい。
20121209P1210592.JPG

2011年7月28日

スーパーからSUPERへ。西友行徳店改装オープン

いよいよ本日7/28(木)、 西友行徳店のリフレッシュオープンということで、早速買い物に行ってきました。
20110728P1140165.JPG

1ヶ月以上前から改装作業に入っていたため、改装後の売場については大方の予想はついていたのですが改めて。

2011年4月 6日

震災の影響で九州の牛乳が店頭に並んでいる件

東日本大震災の影響は食卓にも及んでいます。

震災直後のような買占め騒動は鎮静化したものの、食料品を中心とした品薄感は完全に払拭されたわけではありません。
スーパーの営業時間が延びても、売り場に商品がないと元も子もない(涙)。

供給不足の象徴のひとつともいえる牛乳。
ヨーグルトに比べれば店頭に並んでいるほうですが、それでも遅い時間に行くと棚の中は空っぽになっていることも珍しくありません。

しかしそこは日本の小売業、何が何でも仕入れようという意気込みハンパねぇ。
その結果、普段関東ではまず見られない製品がお目見えすることになるのです。

20110405P110401_1130_01.jpg
2011年4月1日 西友行徳店にて(現在も販売されているかは未確認)

2010年10月 1日

AEON BIKE行徳店|行徳

※PET CITY閉店により記事の内容を一部変更しております(写真はそのままです)。
 1Fのイオンバイクは引き続き営業中です。

閉店後1年以上空店舗だった行徳の旧フクスケ跡地。
猛暑のさなか、突如自転車屋さんとして生まれ変わったから驚きです。
お目見えしてから1ヶ月経ちましたけど、今更ながら紹介したいと思います。

イオンの自転車屋さんAEON BIKEは1F。
路面店としては首都圏初の自転車専門店とのことで、自転車ユーザーだけでなく、総合スーパーの売場を専門店化する戦略の先駆けとなる役割も持っているそうです。

マルエツ通りの一画に現れたAEONの看板にようやく慣れたこの頃。
以前激安衣料品が並んでいた場所にはママチャリが整然と陳列され、それだけでも店内在庫の充実ぶりが想像できます。
20101001P1090984.JPG

2007年12月24日

ご当地シリーズ行徳編(6)行徳海苔は高級品

行徳海苔この地に住み始めて、初めて「行徳海苔」という名を知りました。

現在の東京湾のイメージからは想像しにくいのですが、このあたりは江戸前を支える重要な漁場でした。
工業化の波により漁場が縮小されたものの、行徳の漁業はまだまだ健在です。

なかでも良質の海苔が採れることで知られています。
しかし生産量が極めて少なく、幻の海苔ともいわれる由縁ともなっています。

ちょうど今が海苔の旬。
新海苔は採れる期間が短く、出回るのは主に11月下旬から12月にかけて。
新物らしく礒の香りが豊かな美味しい海苔として、贈り物にも重宝される一品です。

気がつけば、いまだ買ったことのない行徳海苔。
地元の味を知るべく、初めて買ってみました。

今回購入したお店は、南行徳駅前の「かとう海苔店」さん。
まず驚かされるのが、海苔の種類の多さ。
新海苔に限っても、さまざまなランクがあるんですね。

お歳暮用(購入時にはまだお歳暮シーズンだったもので)にちょっと良いのを選択し、自宅用には一番安い新海苔(一帖¥300)を買いました。
それから新海苔とは関係なく、オリジナルの味付け海苔も。

20071224P1060950.jpg帰宅して封を開けた途端、ただよう礒の香り。
つややかな光沢も食欲をそそります。
何の味付けしなくても美味しい。
きっと焼きたてのお餅に巻いたら美味しいんだろうなー。お正月が楽しみだなあ。

当たり前すぎて見落としがちだけど、海苔は日本人の食卓に欠かせない素材なんですよね。
量販店のお買い得品もいいけど、せっかく産地に住んでるのだから、もう少しこだわってもいいのかなとも思います。

またギフト用に包むことも可能なので、お年賀にいかがでしょう?


かとう海苔店
〒272-0138 千葉県市川市南行徳1-16-27
TEL: 047-396-1188  FAX: 047-396-5670

*行徳海苔については、行徳雑学館さんのレポートが詳しいです。ぜひご一読を。



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 

2007年1月31日

ご当地シリーズ行徳編(3)では一杯やりましょうか(コーヒー・酒)

ケーキに和菓子と続いたので、次は飲み物で行きたいと思います。
ご当地○○、まだまだありますよ。

まずは行徳を名乗る日本酒から。
こちらははらだやさん(当ブログでの紹介記事はこちら)の純米吟醸酒「行徳物語」
実は名古屋の酒造会社に作っていただいてるそうです。
日本酒には不案内なものでどう評してよいのか難しいのですが、まろやかな風味を感じました。
20070131e7030353.jpg
はらだやさんでは清酒や焼酎の量り売りもやっているのですが、そちらの銘柄も行徳にちなんだ名前がついています。ぜひいちどお試しを。

そしてこちらはパウリスタコーヒー・ビーンズショップさん(当ブログでの案内記事はこちら)の「行徳ブレンド」
もちろん行徳店限定での販売。
200701317c2726c6.jpg
ラベルもずばり宮内庁の新浜鴨場。
お店でいただいたパンフレットによると、「行徳の”お祭り”のイメージで、エネルギッシュな、エキサイトな香味のコーヒー」とのこと。
コクがちょっと深めでさわやかな酸味です。

次回のご当地シリーズは再び洋菓子に戻って、プリンを取り上げてみたいと考えています。いつになるかは未定だけどね。

はらだや行徳店
市川市行徳駅前2-9-2
TEL:047-395-2260

パウリスタコーヒー・ビーンズショップ
市川市行徳駅前4-13-4
TEL&FAX:047- 399-1539

その他のご当地シリーズ行徳編:
  (1)行徳ロールを食べつくす (2)行徳和菓子編
  (4)プリンで勝負!行徳&妙典 (5)行徳にご当地グッズはあるのか?
  (6)行徳海苔は高級品 (7)マンガの世界にも行徳が
  (8)南行徳あんぱんの巻 (9)ありそうでなかった?!行徳塩スイーツ
  (10)行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
※販売終了した商品も多々あります。行徳にはこんなものもあったんだよということでご了承を。

2005年12月17日

サイクルステーション南行徳第1 ※現:サイカパーク南行徳駐輪場

※2017年2月現在同じ場所に別名称の有料駐輪場が設置されています。当ページ掲載写真は投稿時のままですのでご了承ください。

サイクルステーション南行徳第1は有料駐輪場です。
2005121759f28013.JPG
南行徳駅徒歩2分の立地にあるので、通勤・通学に便利です。