ラーメン・中華料理

行徳・南行徳地域情報 > ラーメン・中華料理

ラーメン・中華料理

ラーメン・中華料理

2018年4月 7日

支那ソバ小むろ 和の心を感じる透明スープ|行徳のラーメン

お昼の開店時刻前後から長蛇の列ができあがる人気ラーメン店支那ソバ小むろ
店内だけでなく店頭にも椅子が用意されていますが、座りきれなくなるほどの行列になることもしばしば。
一時期昼のみの営業だったこともありますが、昨秋より週3日とはいえ夜営業も復活。
少しだけ入りやすくなりました。
20180407IMG_4433.JPG

支那ソバを名乗るだけあってシンプルな正統派ラーメン。
奇をてらった仕掛けをせず全て手作り、自家製麺と透明感あふれるスープにこだわっているのが小むろの支那ソバです。

2018年3月13日

【再レポ】ビバ!二郎系野菜炒めに刀削麺!独一処餃子行徳店

※独一処餃子行徳店は2005年9月に掲載済ですが、さすがに情報古すぎるので今回新たにレポ記事書くことにいたしました。
今後もだいぶ昔に紹介済の店を発掘し再レポできたらと考えています。

東西線高架下で石獅子がお出迎えしている独一処餃子行徳店
地元の人気店がゆえ今更取り上げるのもと思いつつも再レポいたします。
20180313IMG_6737.JPG

お店の前を通りかかると、店内満席となっている様子をうかがうこともしばしば。
土日祝は早めに来店されることをおすすめいたします。
テーブル席と小上がり席のみでカウンター席はありません。
中華料理ですしグループでの来訪がおすすめ。

2017年12月14日

行徳で肉圓(バーワン)食べて台湾気分 台徳林|行徳の台湾料理店

個人的なことになりますが、ここ数年台湾に恋しています。
年に数回台湾旅行するだけではなく、当ブログのネタ用を口実に訪台(詳しくは行徳神輿を見に台湾行ってきた記事にて)するまでの恋焦がれっぷり。
そうなると日本にいても台湾料理が食べたくなることもしばしばですが、ありそうで意外とないのが台湾料理店。
巷には中華料理店こそあふれているものの、台湾ラーメンでも台湾まぜそばでもない本格的な台湾料理はいまだマイナーな存在といえます。

国際タウン行徳も例外ではなく、台湾料理店の看板をみつけることはかなりの困難でした。
ところがさすが国際タウン行徳、登場したのですよ台湾料理店。

行徳バイパス沿い、行徳マンション1Fの商店街にある台湾料理店の台徳林
行徳界隈、いや東西線沿線でも貴重な台湾料理店です。
実はオープンしたのは2015年ですが、半年ほどして長い休業期間に突入してしまいました。
ところが長い沈黙の後、2017年10月突然の復活!
20171214IMG_5802.JPG 

2017年8月26日

ぎょうとくちほーでジャパリめんを食す夏の夜|麺屋よしすけ|行徳のラーメン

※ジャパリめんは8月27日ランチまでの限定だそうです。
 もっと早く掲載すべきでしたねすいません。
 きっとけもフレ2期放映始まったら再開してくれるはず…期待しときましょう。

ラーメン激戦区行徳で異彩を放つ(?)麺屋よしすけ。
開店から2年と比較的新しい店ですが、濃厚ポタージュ系スープと太麺のよしすけ麺を筆頭に、つけ麺まぜ麺限定モノと、定番から企画モノまで意欲的なメニュー展開をくりひろげる個性的な一軒であります。

じつはその企画モノがたまにおかしなことになったりするわけで(褒め言葉ですよ)。
アニヲタらしき店主さんの意向なのか、かつてはごちうさ2期放映記念と称し
「あぁˆ∼心がぴょんぴょんするんじゃぁ?」
と食券渡す際に言ったらトッピング2倍サービス
というとんでもないサービス(褒め言葉ですよ)で話題になったりもしました。
ガジェット通信(記事)にも取り上げられたんですね。

たまに2次元寄りとなるよしすけさん、この夏再びとんでもないメニュー(褒め言葉ですよ)を登場させてしまいました。

その名も「ジャパリめん」。
もちろん元ネタはかの社会現象化したアニメ「けものフレンズ」。
ジャパリまんじゃないのでくれぐれも深いことツッコまないように。

前置きが長くなってしまいましたが、7月末のとある晩に食べてきましたので今更ながら紹介。

店内の食券機のところに本日の限定麺案内の紙。
20170729IMG_3815.JPG
さりげなくアライさんとフェネックが顔覗かせてますよ。
サーバルちゃんもいたのだがこの直前に盗まれてしまったらしい。

2013年1月12日

仲間 行徳本店 ※移転前|行徳のラーメン

※移転前の情報です。
 移転後の「味噌王 仲間」住所は千葉県市川市新浜1-2-23(新浜通り沿い)
 現店舗の記事はこちらです。

2012年8月にオープンして以来、ブログ等で話題になっているラーメン屋。
行徳駅からは多少離れているうえに、10席にも満たないカウンターのみの小さなお店ですが、コンスタントにお客さんが入っている印象を持ちました。
20130111IMG_0674.jpg20130111IMG_0680.jpg
開店のサインは店頭のおかもち。店内には千葉ロッテマリーンズのユニフォームが飾られています。

2012年5月18日

らーめん むげん|行徳のラーメン

行徳ラーメン街道かいわいでよく耳にするお店です。
平日は夜のみ、土日祝は昼間も営業しています。

らーめん むげんは千葉の名店「なりたけ」をルーツにした背脂ちゃっちゃ系。
濃厚な味噌らーめんをウリにしているようです。

時折並びの入ることもありますが、店内の待合スペースでとりあえず雨風はしのげます。
テーブル席もあるから家族連れにもいいですね。
20120516P1170655.JPG

2012年1月20日

にゃがにゃが亭行徳店|行徳のラーメン

移り変わりの激しい行徳ラーメン街道ことバイパス沿いで、10年以上続いているお店にゃがにゃが亭
魚介系スープが主流の昨今も、オーソドックスな豚骨ラーメンを提供し続けています。
キムチともやしのサービスもこの店の名物。

個人的にはもうずっとご無沙汰していたのですが、このたび行徳・妙典ラーメンマップなるものを作成したのをきっかけとして、久しぶりに足を運ぶことにいたしました。
とりあえず、店構えもキムチ提供も変わってませんね。
20120120P1170654.JPG

それでは久々のにゃがにゃが亭ラーメンの感想を。

2011年2月11日

ラーメン魁力屋 南行徳店|南行徳のラーメン

行徳ラーメン街道に昨年末登場した京都ラーメンの魁力屋(かいりきや)南行徳店。
先日紹介した麺’s ら.ぱしゃ(※閉店済)といい、最近の新顔さんはご当地ラーメンのお店が多いですね。

バイパスと今井橋通りの交わる交差点を浦安寄りに入ってすぐの場所。
真っ赤な看板のインパクト大です。
20110126P1120129.JPG

訪れたときは平日の11:30だというのにもう満席
カウンター席と小上がり席合わせて30席近くあってこの状態ですから大したものです。
バイパス沿いでは貴重な駐車場付きというのもあるのでしょう。

元気そうな看板に負けず劣らず、威勢の良い店員さんの掛け声。
赤と白で簡潔にまとめられた店内は真新しく、小上がり席は餃子の王将の郊外店をほうふつとさせます。
カウンターの長さに沿った細長い厨房が印象的でした。

2011年1月26日

山ちゃんらーめん|行徳のラーメン

ラーメン屋に限った話ではありませんが、飲食店の入れ替わりが激しいこの頃。
そんな中でも長年頑張っているお店もたくさんあります。
本日は湊新田の山ちゃんらーめんをご紹介。

駅前公園近く、スーパーTESCO(2017年現在:アコレ湊新田店)のそばにある山ちゃんらーめん。
店内には雑誌が置かれ、TVからはお昼の番組が流れています。
近所の常連さんと思われる人が立ち寄るような雰囲気。
ラーメン以外にもご飯ものや焼きそばもある食事処です。
20101127P1110198.JPG