居酒屋・焼鳥・串カツ

行徳・南行徳地域情報 > 居酒屋・焼鳥・串カツ

居酒屋・焼鳥・串カツ

2012年3月24日

移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳

行徳の地で長年営業していた宮崎地鶏のお店「こま」。
※移転前の記事はこちら
もらい火事という突然のアクシデントを乗り越え、昨年9月より東西線を挟んだ反対側にて再オープンとなりました。
20120315IMG_0163.jpg
広くなった新店舗。座敷席やテーブル席も増設されました。
清潔感もあり入りやすい雰囲気になった気がします。
壁際には焼酎の素焼きボトルがずらり。
こだわりをもって揃えられた地酒と焼酎もお店のウリです。

2010年4月26日

テイクアウトの焼き鳥 増永|行徳

湊新田のスーパーマックスの店頭にあった焼き鳥屋さんを覚えてますか?
今年2月末をもって、スーパーマックスと同時期に閉店したのは記憶に新しいところ。
その後の動向が気になっていた方も少なくはないと思いますが…。
あれから2ヶ月、満を持して(?)新たな場所で再開です!

移転先は行徳保育園の裏。
店内で販売するスタイルとなりました。
待ち時間用のベンチも店内へ。ちなみに喫煙可。
20100419P1050278.JPG

2009年2月20日

地鳥 こま|行徳 ※移転前

※火災による移転前の情報です。
  2011年に移転後の住所は千葉県市川市行徳駅前2-21-8
 現店舗の記事はこちらです。

行徳にいっぱい焼き鳥屋があるんだから、鶏料理全般を扱う店があっても不思議ではない。
そんなことを考えていたら、やっぱりありましたよ地鶏専門店。

今回紹介するお店は、行徳駅前の「こま」。
意外にも外観はおじさん好みの小さな居酒屋といった印象。
暖簾に堂々と書かれた地鳥の文字、これは期待できそうです。
20090105P1150481.JPG

2008年8月31日

串揚げ処 喜多朗【SUGAR BOWLライブ】|行徳

管理人Bは「SUGAR BOWLライブ」に参加しました。(写真提供は友人のT氏)
こかじいさん・桜田さん桜田さん・奈桜さん
SAX「こかじい」さん、ギター「桜田さん」、キーボード&ボーカル「奈桜さん」の3人の演奏でした。

2008年8月14日

串揚げ処 喜多朗|行徳

※【再レポ】掲載済:2018年3月13日
最新情報は【再レポ】をご確認ください。

「ここの串揚げは美味しい」と管理人Wが友人から聞いたので、早速行ってきました。
この辺りに串揚げ(関東じゃこの呼び方でいいんですよね?自分は関西に住んでいたんでつい「串カツ」と呼んでしまう)屋さんは意外とないんですよね。
20070804P1040976.jpg

単品での注文も可能ですが、初めてということでおまかせコースを頼んでみました。

2008年6月13日

炭火やきとり 大好き 行徳本店

行徳の焼き鳥屋といえばここ!という方も多いのではないでしょうか。
地元に愛され続けた焼き鳥屋さん「大好き」の紹介です。

消防署の角を通りかかると、しばしば入店待ちの方々を見かけます。
小さいお店だから、すぐ満席になってしまうんですよね。
カウンター席・小上がり席の奥に座敷席もあり、基本的に2人連れの場合はカウンター席へと案内されます。
20080526P1090966.jpg

2007年10月 3日

行徳 一九三(いっきゅうさん)※2017年閉店済

最近の更新は居酒屋ばかりですね。
それだけこの辺にはいいお店が多いってことですよ。

今回紹介するのは、サンドラッグの通りを南下したところにある「一九三(いっきゅうさん)」。
ここ何年かいきなり、この通り沿いに飲食店が増えたような気がします。
以前掲載したPub Jack 行徳店もすぐ近くにあります。
20070912P1050461.jpg

2007年9月22日

炭焼やきとり 千人力 行徳店

お彼岸だというのに、まだまだ暑いです。
そういうときこそ、冷たいビールと熱々の焼き鳥!

行徳駅から西友新浜店方面に下ると、見えてくるのが夜空を灯す赤提灯。
ここが「千人力 行徳店」。
20070908P1050411.jpg
話はそれますがこの界隈、実力派の飲食店がひしめいております。
当ブログでもボン・ヌ・ヴィサージュなど紹介済み。
よろしければあわせてご覧くださいませ。

2006年2月27日

wine cafe Pub Jack 行徳店 ※現:やきとり焼酎Jack行徳店

※2017年5月より「やきとり焼酎Jack」へと業態変更しております。
  焼鳥屋になってもワインの品揃えは相変わらずの充実ぶり。
  但しお酒の持ち込みはできません。

以前このブログで紹介した、はらだやさんが経営するワインカフェ。
なんせ酒屋さん直営なだけに、ワインを筆頭にドリンクの種類が豊富なのです。
200602274b5391e0.jpg