居酒屋

行徳・南行徳地域情報 > 居酒屋

居酒屋

2012年11月15日

街じゅうがお祭り!行徳バル

ここ1年ほど、「街コン」や「バル」といったフレーズを耳にする機会が増えました。
どちらも最近急増しているまちおこしイベントですが、私のように街コンを必要としない立場の者にとっては、飲み屋をはしごするバルはたいへん参加しやすいのではないかなと思います。

浦安につづいて今年度より市川市もバル参入。
八幡・市川と開催されて、このたびついに行徳初上陸いたしました!

スペインの「バル」街のように、気軽に立ち寄ってハシゴできる街にしちゃおうという今回のイベント。
*参考:
飲食店はしごチケット…手頃な値段、地域を活性化 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)行徳バルが紹介されています。

事前に4枚つづりのチケットを購入し、参加店マップの中から4店選んでワンドリンク&おつまみ1品ずつ食べ歩くのがルールです。
おつまみは各店自慢の一品や市川産食材を利用した地産地消メニューといったバル特別メニュー。
ドリンクは参加店によっては選べたり指定されてたり。ソフトドリンク対応可のお店もあります。

行徳バルのエリアは、行徳駅周辺を中心に妙典(1店だけでしたけど)や南行徳も巻き込んでのちょっと広い範囲。
参加者が移動しやすいよう、当日は巡回ワゴンが運行されました。

日中は行徳駅前ロータリーにて市川物産展も同時開催。
残念ながら私は足を運ぶことができず。
三番瀬産ホンビノス貝のラーメン食べたかった…。


それでは行徳バルレポートです。
せっかくなので当ブログでは取り上げたことがないお店をまわろうかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず1店目は和飲と和食の兎の瞳
開店直後の来店で、おそらく自分がバル一番乗り(笑)。
美味しいワインと和食料理人が作るおつまみがウリのお店です。

バルメニューは前菜盛り合わせ。
20121110P1210296.JPG
左上から時計回りに、山くらげ・もずく酢・鶏皮のぽん酢(柚子風味の煮こごりでした)・サメ軟骨梅肉和えの4品。
お店の定番メニューにあるサメ軟骨梅肉和えの酸っぱさが、疲れた身体によく染みわたります。
コリコリしたサメ軟骨の食感も癖になる。
行徳バル開始早々、お気に入りの一品を発掘したような気分です。
ドリンクは生ビール限定でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2店目は旬鮮ダイニング はなう。 ※リンク先はGoogle+

1時間ほど途中離脱した後にバル復帰のため、来店時はすっかり夕食どき。
バル参加者だけでなく常連さんらしき方々も見かけました。

ランチバイキングに来店したことはありますが、夜に出向くのは初めて。
家庭的な雰囲気は夜も健在ですね。

バルメニューは前菜の盛り合わせ。
20121110P1210298.JPG
左から、イチョウのクラッカーが可愛いポテサラと、美味いに決まってるチーズの海苔サンド。
小エビのコクが舌に広がる大根のあんかけ煮。
ケチャップ味が懐かしい感じのライスコロッケ。

そしてドリンクはオリジナルのブランデースプリッツアー。
フルーツを漬け込んだブランデーです。
オレンジとパイナップルの2種類あったので、パイナップルのほうににしました。
さわやかな甘さの女性向けのお酒ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3店目は旬菜鮮魚えびす
国内各地の料亭などで修行したご主人が昨年2月にオープンした本格日本料理のお店。
今回初来店。満席で順番待ちの人もいる状態でした。

バルメニューは大分名物やわらか磯辺鶏天。
行徳海苔をからめた衣でサクっと揚げた鶏天です。
ドリンクは大分とくりゃこれしかないでしょうと芋焼酎を選択。
20121110P1210307.JPG
いうまでもなく柔らかくジューシーな鶏肉、衣はサクサク。
行徳海苔の風味がかすかにただよい、鶏天の淡白さにいいアクセントとなっています。
付け合わせのぽん酢をつけなくても美味しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後のお店はどうしましょうか…。
ピザが食べたくて創作&洋風居酒屋Sante!の列に並んでいたら、なんと品切れによる再仕込みのためクローズとのこと!
こちらのお店に限らず、行徳バルでは時折見かける光景でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結局近くの串揚げ処 喜多朗へ。
今回の行徳バル4店目にして、唯一の再訪店となりました。

満席でてんやわんやの店内。
さすが当日twitterでの行徳バル関連つぶやき率が高かっただけのことはあります。
メニューは自慢の串揚げ4本セット。ドリンクはビール(小)。
内容はお任せです。しかしハズレはないから大丈夫。

まず最初の2品は、きすとうずら。
きすは塩、うずらはお好みとのことでソースをちょこっとつけていただきました。
20121110P1210309.JPG
細かくて薄めの衣がもたらす軽くてサクサクな食感。
そして熱々の揚げたてを味わえる幸せ。

続いては豚ヒレとトマトチーズ。
豚ヒレはソース、トマトチーズは何もつけずにいただきます。
20121110P1210310.JPG
どうしてトマトは加熱すると甘みが増すのでしょう。絶妙な柔らかさになったチーズとの組み合わせは鉄板です。

ところでtwitter情報によると、これらの4品はバル参加者全員にふるまわれたわけではなく、来店のタイミングによって内容が変わっていたらしいです。
来店されたバル参加者の方々のツイートを見ながら、おおこんなの出されたんだと驚いた次第。
アスパラいいなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


初めての試みだった行徳バル。
お店側にとっては新規客を獲得するまたとないチャンスではありますが、反面バル客殺到による常連さんへのサービス低下も否定できません。
どちらをとるか悩ましいところでしょうね。
しかし流行に左右されず、来年以降も続けていってほしいですね。
頼みますよ市川市!


*今回の行徳バルで紹介したお店MAPです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

より大きな地図で 2012.11.10 行徳バルで行った店 を表示


行徳・南行徳の過去記事は「行徳・南行徳地域情報」にて掲載中!


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!

2012年3月24日

移転後の 宮崎地鳥の店「こま」|行徳

行徳の地で長年営業していた宮崎地鶏のお店「こま」。
※移転前の記事はこちら
もらい火事という突然のアクシデントを乗り越え、昨年9月より東西線を挟んだ反対側にて再オープンとなりました。
20120315IMG_0163.jpg
広くなった新店舗。座敷席やテーブル席も増設されました。
清潔感もあり入りやすい雰囲気になった気がします。
壁際には焼酎の素焼きボトルがずらり。
こだわりをもって揃えられた地酒と焼酎もお店のウリです。

まずはビールといきましょう。
お通しは春らしく新じゃがと菜の花で。
20120315IMG_0150.jpg

地鶏専門店をうたっているだけあって、新鮮な鳥刺しの豊富な品揃えはさすがです。
しかし我々のような子連れには、生つくねをお薦めしているそう。
20120315IMG_0151.jpg
お隣はパリパリとした食感がくせになる鳥せんべい。
鳥皮嫌いの私もこれは好き。

生つくねはよくかき混ぜていただきます。
玉ねぎと生卵が加わり、薬味を効かせつつもマイルドかつすっきりとした味わいに。
20120315IMG_0153.jpg
見た目はまぐろのすき身に似ているものの、こちらはスパイシーな印象。

もうひとつ、地鳥といったらはずせないのが串焼き。
単品での注文も可能ですが、今回は6本コースでお願いしました。
20120315IMG_0156.jpg
炭火でしっかりと焼き上げられた鶏肉の身は引き締まって文句なし。

タルタルソースのたっぷりかかった鳥南蛮。
こちらもたいへんジューシーなお肉。
20120315IMG_0155.jpg
刺身から鍋料理まで、鶏料理のレパートリーには圧倒されるばかりです。

壁のボードに書かれた本日のメニューより、明太子オムレツ。
20120315IMG_0161.jpg
ふわふわ卵の中に明太子ぎっしり、しかし辛さは抑え目です。
HPによると日本一のこだわり卵を使用しているそうで。

〆は焼きとり丼。
身の締まった鶏肉ごろごろ、海苔たっぷり。ほっとする一品です。
20120315IMG_0159.jpg

見事に鶏づくしなオーダーでしたが、実は熊本直送の馬肉料理も名物なのです。
馬刺はもちろんのこと、レバーやタテガミなど…んっ?タテガミとは何ぞ。

宮崎地鳥の店「こま」
市川市行徳駅前2-21-8
047-398-7356
平日17:00-翌2:00
日祝17:00-24:00 (ラストオーダー23:00)
日曜休



行徳・南行徳の過去記事は「行徳・南行徳地域情報」にて掲載中!



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!

2009年2月20日

地鳥 こま|行徳

行徳にいっぱい焼き鳥屋があるんだから、鶏料理全般を扱う店があっても不思議ではない。
そんなことを考えていたら、やっぱりありましたよ地鶏専門店。

20090105P1150481.JPG今回紹介するお店は、行徳駅前の「こま」。
意外にも外観はおじさん好みの小さな居酒屋といった印象。
暖簾に堂々と書かれた地鳥の文字、これは期待できそうです。

カウンター・テーブル含め20人も入ればいっぱいのお店。
少人数でゆったりと呑むのに向いてそうです。
店内には常連さんの名入れ焼瓶がずらり。
ボトルキープすると、名前を入れた専用ボトルを焼いてもらえます。

20090105P1150482.JPGまずはお通し。
この日はエビチリならぬ鶏チリ。
のっけから鶏づくし、しかも変化球ですよ!
ピリ辛のチリソースは鶏肉にも合うんですね。
お酒がすすみます。




20090105P1150483.JPGやはり串焼きははずせません。
どれも肉厚で大満足です。
単品だけでなく6本・10本コースもあり。

今回は注文しませんでしたが、名物の宮崎名物地鳥もも炭火焼をぜひ。
本場宮崎では、もも肉を炭火で豪快に焼くのがポピュラーなんですね。

20090105P1150485.JPGサラダも地鳥でいきますよ。
バンバンジー風であっさりさっぱり。
水菜がいい口直しになります。






20090105P1150484.JPG寒い時期は鍋がおすすめ。
水炊きが名物のようですが、今回は鳥団子鍋を注文しました。
地鳥のダシがスープに溶け込んで、コラーゲンたっぷり!
鳥団子もふわふわで本当に美味しい。
こりこりした食感もたまりません。



このほかにも生で食べられる鳥刺しや熊本直送の馬刺、ちょっとした一品料理も豊富です。
とり納豆にとりのタルタル、鳥皮餃子なんて、どこまで広がるんだ地鳥ワールド!
宴会向けに地鳥尽くしのコースもあります。
もちろんお酒のほうも、プレミア焼酎や月代わりの地酒を筆頭に充実したものとなっています。
利き酒セットもいいですね。


地鳥 こま
市川市行徳駅前2-12-18
047-398-7356
営業時間:火-土17:00-翌2:00 日・祝17:00-24:00(L.O23:00) 
月曜休(*注)

(*注)ぐるなびの紹介記事によると、2月から日曜休みに変更したとのこと。
   定休日については、お店に問い合わせていただくほうが確実です。



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2008年8月31日

串揚げ処 喜多朗【SUGAR BOWLライブ】|行徳

こかじいさん・桜田さん桜田さん・奈桜さん

管理人Bは「SUGAR BOWLライブ」に参加しました。(写真提供は友人のT氏)

SAX「こかじい」さん、ギター「桜田さん」、キーボード&ボーカル「奈桜さん」の3人の演奏でした。

オリジナルあり、懐メロあり、第一部、二部とも楽しみました。

管理人BはSAXも嗜むのですが、こかじいさんのSAXの渋さには感心してしまいました。
ぜひ、また行徳までお越し下さい。

>>SUGAR BOWLのホームページ

ちょっと宣伝!!

2008年12月23日に三鷹市公会堂でクリスマスコンサートを行うそうです。
その他詳細は >>最新スケジュール まで

吟醸酒が入っていた?飲み物は一通り飲みました。

何故か、目玉オヤジにお酒が・・・

異様に旨い吟醸酒でしたよ。

串揚げも変わらず旨かったっす。ご馳走様でした。

 


串揚げ処 喜多朗
〒272-0132 千葉県市川市湊新田1-6-15
TEL: 047-356-3427  ※予約は電話でとのこと。
営業時間:18:00?0:00(ラストオーダー23:30)
定休日:月・第2日曜
駐車場:なし
 

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 

2008年8月14日

串揚げ処 喜多朗|行徳

串揚げ 喜多朗1@行徳「ここの串揚げは美味しい」と管理人Wが友人から聞いたので、早速行ってきました。
この辺りに串揚げ(関東じゃこの呼び方でいいんですよね?自分は関西に住んでいたんでつい「串カツ」と呼んでしまう)屋さんは意外とないんですよね。





単品での注文も可能ですが、初めてということでおまかせコースを頼んでみました。

串揚げ 喜多朗2@行徳最初の串が出てくる前に、野菜が出されます。
グラス片手にバリバリかじってる自分。味噌と野菜スティックのコンビはお酒も進みます。

手前にあるのは串揚げ用の調味料。
串揚げごとに、塩・ポン酢・ソースのなかから合うものを薦められます。


串揚げ 喜多朗3@行徳そしてお待ちかねの串揚げ。
トップバッターを飾るのは肉巻きアスパラです。おお、なんというボリューム!
アスパラのジューシーさがたまらんです。無性にほおばるのもまた楽し♪

突き出しの冷奴も、昆布のトッピングがなかなかです。


おまかせコースでは、ストップをかけるまでの間串揚げが次々に出されます。
うずら卵・ぎんなん・れんこん・玉ねぎ・・・。写真のほかにもまだまだありますよ。
串揚げ 喜多朗4@行徳串揚げ 喜多朗5@行徳
ついつい食べてしまう怖さもありますが、どの串もカラッとしてるんですよ。
だからたくさん食べても胃がもたれないような気がします。
素材と薄く覆われた衣のバランスが絶妙。それぞれの良さがうまく調和しています。

串揚げ 喜多朗6@行徳お酒のほうも日本酒と焼酎を中心に充実しています。
メニューのなかで目に付いたのが「飲み比べセット」。好みの銘柄2種類をグラスに注いでもらえます。
日本酒に詳しくなくても、利き酒気分を味わえるひととき。風味の違いに驚かされました。



串揚げ 喜多朗7@行徳そして最後に〆るのはなんとリンゴ。
甘酸っぱいリンゴと衣がとってもよく合うの。口直しにぴったりです。




こぢんまりとした店内で、気さくなご主人との会話を楽しみながら食べるのも一興。
時折ライブやイベントも開催されるそうです。


串揚げ処 喜多朗
〒272-0132 千葉県市川市湊新田1-6-15
TEL: 047-356-3427  ※予約は電話でとのこと。
営業時間:18:00?0:00(ラストオーダー23:30)
定休日:月・第2日曜
駐車場:なし
 

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 


2008年6月13日

炭火やきとり 大好き 行徳本店

行徳の焼き鳥屋といえばここ!という方も多いのではないでしょうか。
地元に愛され続けた焼き鳥屋さん「大好き」の紹介です。

大好き行徳本店1消防署の角を通りかかると、しばしば入店待ちの方々を見かけます。
小さいお店だから、すぐ満席になってしまうんですよね。
カウンター席・小上がり席の奥に座敷席もあり、基本的に2人連れの場合はカウンター席へと案内されます。


大好き行徳本店2まずは一杯。
おっと、お通しが串カツですね。
少々意表を突かれましたが、このお店らしいといえるかも。
大衆的なムード満載です。





とにかく焼き鳥のバリエーションが豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。
しかもリーズナブルなところがいいですね。
大好き行徳本店3大好き行徳本店4
大好き行徳本店5大好き行徳本店6
結局オーソドックスなものばかり頼んでしまいました。
ブラックペッパーがポイントの豚トロ(写真右下)は、辛味噌との絡みがたまらんです。
ほかにもささみを5種のトッピングであえた「ささみレンジャー」のように、ユニークなものもあります。

大好き行徳本店7大好き行徳本店8焼き鳥以外のメニューもこだわり揃い!
店内で豆乳から作り上げた「手作り生豆腐」は出汁醤油が決め手。
「めんたいポテトの包み揚げ」は中身のクリーミーさにびっくり。
どちらもリピートしたくなる逸品です。

大好き行徳本店9焼おにぎりについてたスープも椎茸のダシが効いて美味しい。
いっぱい食べて満足です。
ごちそうさまでした!





炭火やきとり 大好き 行徳本店
千葉県市川市行徳駅前2-9-13
TEL:047-399-6885
営業時間:月-土)17:00-翌01:00(ラストオーダー24:00)
       日)17:00-翌00:30(ラストオーダー23:30)
定休日:火曜


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ
2007年10月 3日

行徳 一九三(いっきゅうさん)

最近の更新は居酒屋ばかりですね・・・。
それだけこの辺にはいいお店が多いってことですよ。

行徳 一九三その1今回紹介するのは、サトームセンの通りを南下したところにある「一九三(いっきゅうさん)」。
ここ何年かいきなり、この通り沿いに飲食店が増えたような気がします。
以前掲載したパブジャックもすぐ近くにあります。

比較的新しいお店なため、清潔で入りやすい雰囲気。
この地でオープンする前は、「はながさ」というお店を近所で開いていたそうです。


行徳 一九三その2まずは熟成秘蔵梅酒で乾杯。
こちらの梅酒は甘さ控えめ大人の味。
甘い梅酒しか知らない私にとって、たいへん新鮮でした。
先出しは秋刀魚の煮物でどうぞ。

お酒の品揃えは、プレミアム焼酎や季節限定の日本酒などなかなかです。

行徳 一九三その3そして最初の料理は秋刀魚の刺身。
旬だからこそ楽しめる味わいです。

照明の関係で写真が暗く、修正したのですが・・・。
ナマモノの写真撮るのは難しいですね。


焼き鳥と串焼きがメインということですが、今回はあえてそのへんを外したオーダーにしました。
こないだ焼き鳥屋行ったばっかりだしさ・・・。

しかし特筆すべきは豊富なメニューなのです。
肉も魚も、和風もイタリアンも、なんでもこいといった感じ。
レパートリーは100品以上あるんですって。
行徳 一九三その4行徳 一九三その5行徳 一九三その6
鶏南蛮風のから揚げがジューシー!昔ながらのナポリタンで〆るのもいい感じ。
家庭的なメニューが多く、くつろいだ雰囲気で飲み食いできるのが嬉しいです。
美味しいのはもちろんですが、どことなく懐かしいような気持ちになりました。

行徳 一九三その7今回紹介できなかったけど、馬刺しやガツ刺し(豚の胃袋)といった珍しいメニューもおすすめだそう。
ぜひチャレンジしてみたいと思います。




→カウンターの隅に鎮座するフクロウ。
  光の加減がキレイだったので撮っちゃいました。


行徳 一九三(いっきゅうさん)
〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前2-8-15
TEL:047-395-4923
営業時間:平日  16:00〜01:00(L.O.24:30) 
        日・祝 12:00〜11:00(L.O.10:30・途中休憩なし)
定休日:火曜

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 

2007年9月22日

炭焼やきとり 千人力 行徳店

千人力行徳店1お彼岸だというのに、まだまだ暑いです。
そういうときこそ、冷たいビールと熱々の焼き鳥!

行徳駅から西友新浜店方面に下ると、見えてくるのが夜空を灯す赤提灯。
ここが「千人力 行徳店」。
話はそれますがこの界隈、実力派の飲食店がひしめいております。
当ブログでも焼肉ソウルやポーンタイ、ボン・ヌ・ヴィサージュ、神威、10円まんじゅうなどを紹介済み。よろしければあわせてご覧くださいませ。


店内は赤提灯的な外観とは裏腹に、子供連れでも気軽に入れる雰囲気。
実際ファミリーのお客さんも多いですよ(うちもだ・・・)。

焼き鳥というと単品で頼むのが一般的だと思いますが、お品書きにはコースというのが載っています。
ということで今回は、3つのコース(A・B・牛)を一つずつ注文してみました。
アスパラ肉巻・牛タン・牛しそはさみ・にんにくの芽・手羽先@千人力ささみ串・み・プチトマト@千人力







こころ・きも・つくね@千人力牛ロース・しいたけ@千人力豚大葉串@千人力







こちらの焼き鳥は、備長炭で丁寧に焼き上げたもの。だからとってもジューシー。
ちょっと小ぶりなサイズの焼き鳥は、酒の肴やお子様にもぴったり。
串によってはからしや梅肉など、各々の個性を引き立てるソースが添えられています。
個人的には口の中ではじけるプチトマトの食感と、明太子をつけたささみがよかったかな。
新メニューの豚大葉串もおすすめ。

雑炊@千人力単品でもいくつか頼みました。
最後に〆るのはやはり雑炊。
鶏のだしとふんわりした卵のバランスが絶妙です。
次回もご飯ものは雑炊にしようっと。




千人力 行徳店
〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-8-20
TEL:047-359-8700

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 


2006年2月27日

wine cafe Pub Jack 行徳店

以前このブログで紹介した、はらだやさんが経営するワインカフェ。
なんせ酒屋さん直営なだけに、ワインを筆頭にドリンクの種類が豊富なのです。
200602274b5391e0.jpg
棚にずらりと並んでる世界各地のワインから好きなのを選んじゃいましょう!
またお隣のはらだやさんで購入したワインを持ち込むことも可能です(持ち込み料が別途必要になります)。

ショットバー形式料理のバリエーションも充実しています。
ワインに合うものを中心に、おつまみからレストランばりの本格的なものまで揃ってます。

お酒も料理もとにかく品数多いから、ディナー兼用でお腹いっぱい飲み食いしたくなるんですよねー。

それから不定期ですが、ワインの試飲会なども開催されています。
試飲会のときのおつまみも美味しいし、普段飲めないようなワインも試飲できたりするので是非お試しを。

ワインの試飲会、2006年2月26日(日)に開催されました。
今回はフランス・イタリア・カリフォルニアワイン中心。
いろいろな価格帯のワインが試飲できるので、ワイン入門者にもいいかもね。
次回開催の情報が入りましたら、また記載します。

今回の試飲会で評判良かったうちのひとつがこれ。
2006022746374c33.jpg
「オー・ボン・クリマ・ピノ・ノワール「ミッション・ラベル」2004」というカリフォルニアワイン(赤・フルボディ)です。

wine cafe Pub Jack 行徳店
市川市行徳駅前2-9-2
TEL:047-306-8601 FAX:047-306-8602
月・水・木・日 17:30-24:00(L.O 23:45) / 金・土 17:30-翌1:00(L.O 24:45)
火曜休