市川市東西線南行徳駅

行徳・南行徳地域情報 > 市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

2007年12月24日

ご当地シリーズ行徳編(6)行徳海苔は高級品

行徳海苔この地に住み始めて、初めて「行徳海苔」という名を知りました。

現在の東京湾のイメージからは想像しにくいのですが、このあたりは江戸前を支える重要な漁場でした。
工業化の波により漁場が縮小されたものの、行徳の漁業はまだまだ健在です。

なかでも良質の海苔が採れることで知られています。
しかし生産量が極めて少なく、幻の海苔ともいわれる由縁ともなっています。

ちょうど今が海苔の旬。
新海苔は採れる期間が短く、出回るのは主に11月下旬から12月にかけて。
新物らしく礒の香りが豊かな美味しい海苔として、贈り物にも重宝される一品です。

気がつけば、いまだ買ったことのない行徳海苔。
地元の味を知るべく、初めて買ってみました。

今回購入したお店は、南行徳駅前の「かとう海苔店」さん。
まず驚かされるのが、海苔の種類の多さ。
新海苔に限っても、さまざまなランクがあるんですね。

お歳暮用(購入時にはまだお歳暮シーズンだったもので)にちょっと良いのを選択し、自宅用には一番安い新海苔(一帖¥300)を買いました。
それから新海苔とは関係なく、オリジナルの味付け海苔も。

20071224P1060950.jpg帰宅して封を開けた途端、ただよう礒の香り。
つややかな光沢も食欲をそそります。
何の味付けしなくても美味しい。
きっと焼きたてのお餅に巻いたら美味しいんだろうなー。お正月が楽しみだなあ。

当たり前すぎて見落としがちだけど、海苔は日本人の食卓に欠かせない素材なんですよね。
量販店のお買い得品もいいけど、せっかく産地に住んでるのだから、もう少しこだわってもいいのかなとも思います。

またギフト用に包むことも可能なので、お年賀にいかがでしょう?


かとう海苔店
〒272-0138 千葉県市川市南行徳1-16-27
TEL: 047-396-1188  FAX: 047-396-5670

*行徳海苔については、行徳雑学館さんのレポートが詳しいです。ぜひご一読を。



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 

2007年12月 8日

ちょっと昔の行徳・妙典に出会える意外な場所 ※2011.1注記有

【おことわり】
2010年7月より、地下鉄博物館のシミュレーター映像がリニューアルされてしまいました!
(詳しくはこちら:地下鉄博物館・シミュレータ更新工事完成のお知らせ←※リンク切れ)。
したがって東西線シミュレーター映像は現在のものとなっており、妙典駅もしっかり登場しています。
もちろん車両も5000系ではありません。
ですが開館以来20年近くも変わらずにいたシミュレーター映像に敬意を示すため、あえて本文は変更や削除をせずに掲載し続けます。
なおホールの『明日をひらく東西線』は現在も時々上映されていますのでご安心を。

巷では「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のおかげで昭和ブームです。
しかし漁師町だった当時の行徳・浦安地域は、今とは想像もつかないような光景だったそうです。

ではそのもう少し後の時代はどうだったのか?
私はこのあたりに住み始めて10年強ですが、東西線の浦安から行徳にかけてはさほど変わっていないような気がします。
だから東西線が開通してから昭和末期までの激変ぶりが、いまいち想像できないというか。
恐らくいまどきの新浦安や妙典のような状態だったのではと思いますが…。

ところがある日(といっても何年も前ですが)、その頃の貴重な映像と出会ったのです。

その映像がある場所は、葛西の地下鉄博物館。
ここに東西線の運転シミュレーターが設置され、2003年の博物館リニューアル後も開館時の姿を保っています。
20071208P1060764.jpg

2007年10月 7日

四ヶ村&相之川 秋祭りをハシゴする|行徳・南行徳

3年ぶりに開催された四ヶ村と相之川のお祭り。
好天に恵まれ盛況にとり行われました。

まずは本祭りの朝、祭り見物は南行徳駅前からスタート。
日枝神社を出発した神輿が置かれ、ロータリーではよさこいソーランの披露が行われていました。
20071007P1050626.jpg

2007年9月28日

秋祭りのシーズンです|行徳・南行徳

20070928dd98d542.jpg中秋の名月も過ぎたというのに、まだまだ暑い…。
しかし暦の上では秋本番、お祭りの季節ですよ!

行徳地区の祭礼は3-4年に1回開催されるものが多いですね。
残念ながら今年は五ヶ村の祭りが中止となってしまいましたが、四ヶ村と相之川の祭りは行われる予定です。
ぜひ神輿の街ならではの迫力ある「揉み」を体感しましょう!

2007年8月31日

快活CLUB 南行徳店|南行徳

快活CLUB南行徳店1実は私、少し前までインターネットカフェというものに行ったことがありませんでした。
長い間コミックスの全巻読破をしてみたいと思っても、いざ決心すると入りづらい・・・。
女性が気軽に入れる雰囲気だったら嬉しいのにと、ずっと思っていました。

そう感じているのは私だけではないようで、競争激しいネカフェの世界にも女性を意識したチェーンが現れるようになりました。
そのうちのひとつが、最近急激に店舗網を広げている快活CLUBです。

某ファミレスだった店内はアジアンなインテリアに生まれ変わりました。
コンセプトであるインドネシア風置物が目を引きます。
落ち着いた雰囲気が妙に安心できるのは何故でしょう?

店頭の受付前には数多くの雑誌や新聞。やはりというか女性誌が目立ちます。
バックナンバーもあり、まとめ読みにはもってこい。
コミックスもたくさんあっていいですねー。

快活CLUB南行徳店2座席のタイプもいくつかありますが、私が迷わず選ぶのはマッサージ席。
このチェアがいいんです!肩や腰だけでなく足もしっかりカバー。
私はふくらはぎが疲れやすいので、しんどい時に利用させてもらってます。
マンガ読みに行くわけでもなく、ひたすら揉まれる自分(笑)。
DVDなど鑑賞しながらくつろぐのに向いています。
最新式の豪華なものですが、別料金の必要はありません。



快活CLUB3

フードもそれなりに揃っているようです。
写真のメニューはオムハヤシ&ナポリタン。
けっこうなボリュームで食べるのが大変でした。
女性に限り、平日はスイーツが半額になります。




夏休み期間中ということもあり、家族連れでの来店も多いようです。
健全な雰囲気だし、今度うちも連れてこようかな?

快活CLUB 南行徳店 ※料金等は快活CLUBのHP参照のこと。
〒272-0143 千葉県市川市相之川3-1-1
TEL: 047-306-8488  
営業時間:24時間
定休日:年中無休
駐車場あり

料金について:
   初回利用時に入会金¥350必要(小学生以上)
  基本料金・・・¥290(最初の30分) + 延長料金¥105/15分
  パック料金・・・3時間パック(2時間15分から適応)¥1,000
           深夜6時間パック(22:00〜04:00までの入店から6時間・4時間15分から適応)¥1,500 など

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 


 

2007年1月11日

リヨンセレブ南行徳 City Ver.|南行徳のパン屋

新年最初の投稿はリヨンセレブ南行徳 City Ver.
ここは南行徳の人気スポットなだけにいつも混んでます。
20070111_123301.jpg

パンといっても人によりいろいろ好みがあると思いますが、こちらの品揃えは惣菜パン・菓子パン・サンド系とバリエーション豊富なのが嬉しくて。
綺麗にディスプレイされたパンを見てると、どれにしようか迷ってしまいます。
店頭のいちばんいい場所に並んでるのがコッペパンやフランスパンのグラハムサンドと塩豆あんぱん。どうやらこのへんがイチオシのようです。

2006年11月30日

STONE SPA OAZO(岩盤浴・ヨモギ蒸し・岩盤ヨガ・エステ)|南行徳

岩盤浴のお店こそ増えましたけど、ヨモギ蒸しなるものが体験できるのは、この辺では南行徳oazoぐらいでは?
ヨモギ蒸しってどんなの??と前からすごーく興味を持ってたのですが、先日ようやく体験してきました!

oazo1oazo3場所は南行徳駅前の同名パチンコ屋(系列だそうです)3階。
だけど店内はアジアンムード満載。リゾートっぽい雰囲気です。
フロントで販売されてるアクセサリーも可愛くてセンス良し。

今回はヨモギ蒸し+岩盤浴120分のセットを選択しました。

最初に案内されたのはヨモギ蒸しのお部屋。
ヨモギ蒸しというのは、韓国で600年以上伝わる伝統的な方法だそうです。
加熱すると遠赤外線が発生する黄土座容器というものの中に、ヨモギや数種類の漢方の粉を入れて煮出します。
(上にも穴が開いたアロマポットの大きいやつ、と想像してみてください)。

ヨモギにブレンドする漢方により、3つのコースがあります。
ダイエット系:

美容系:

婦人病
系:
ダイエット・アレルギー性鼻炎・花粉症・喘息・冷え性・肩こり・慢性便秘・
ストレス解消など
アトピー・顔や背中のニキビ・顔や足のむくみ・シミそばかす・乾燥肌・痔・
貧血・抜け毛・不眠症など
生理痛・子宮内筋腫・膀胱炎・尿失禁・出産後の疾病・不妊症・
更年期障害・生理不順など
目的によってお好きなのを選択するとよいかと思います。
ちなみに私はダイエット系を選びました。鼻炎もちなのと季節柄身体が冷えるので・・・。


部屋に入ったら、発汗作用を促すガウンを肩からかぶり、頭だけ出した状態で黄土座容器に座ります。
容器より発生するヨモギの成分が蒸気となり、お尻のあたりから全身に伝わってきます。
時々ガウンの中に顔を入れてみたりしながら待つこと30分。
暑かったらガウンをバタバタさせたり座る位置を微調整してください。
つま先を座面にかけた体育座りのような格好で過ごすといいですよ。

oazo2確かに熱い・・・きてますきてます。
ヨモギの香りに癒されつつ、じわじわと身体の中から温かくなるのが実感できました。

ヨモギは日本でも薬草としておなじみですが、栄養分が豊富なだけでなく、殺菌・鎮静・消炎・活性作用もあるそうです。
子宮を温め、粘膜から吸収することで、効率よく成分を取り入れることができるそうです。

煮出したヨモギの汁は、¥100で販売してもらえます(写真左側のペットボトルがそうです)。受付時に頼んでくださいね。
お風呂に混ぜたり、掛け湯に使えます。
自宅で味わうヨモギ風呂も最高です♪

お次は作務衣に着替えて岩盤浴。
ここの岩盤は、遠赤外線放射率が高い天寿石(これも韓国産)と、デトックス効果のあるネオストストーンの組み合わせ。
5分うつぶせ+10分仰向け+5分休憩を2〜3セット繰り返します。
私の場合、繰り返すごとに汗がよく出るようになりました。
それに温かいからついウトウトと・・・zzz

帰り際お茶を出していただきリラックス。
日替わりのお茶、このときはコーン茶でした。香ばしくて美味しかったです。 

※2008.7追記:
  岩盤ヨガやボディトリートメント・フェイシャルエステと、開店当初に比べメニューが
  増えています。
  もっぱら自分はヨモギ蒸しLoveなんで、そちらは利用したことないのですが・・・。


STONE SPA OAZO
千葉県市川市南行徳1-20-15-3F
TEL:047-396-1270(予約優先)
営業時間: 10:00〜0:00(最終受付22:00)


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ


2006年7月 1日

福栄スポーツ広場・いこいの広場

小学校の遠足等で子供たちにはお馴染みの場所ですが、近所の方やスポーツされる方以外にとってはあまり知られていないのかなという気がします。
確かに行徳側からだと入口がわかりづらいかな?
新浜通りにある「南行徳2丁目」バス停近くの細い道(斜めに走ってます)を下ると西入口があるので、そこから入ります。
南行徳側からは今井橋通り沿いにある入口からどうぞ。

福栄スポーツ広場1西入口のすぐ近くにあるのが「水鳥の池」。
のんびり散策しながら野鳥観察ができる場です。

この写真の奥にある白い建物が、江戸川第二終末処理場。
これから訪れる福栄スポーツ広場・いこいの広場は、この屋上を有効利用したものなのです。
長いスロープをのぼっていくと・・・。

福栄スポーツ広場6福栄スポーツ広場4

福栄スポーツ広場5








なんと広がる池、そして原っぱ、さらにはせせらぎも!
この真下で下水処理が行われているとは思えない光景です。
実は一瞬臭いで下水のことを思い出すのですが、すぐに気にならなくなります。
せせらぎでは5〜8月(GW・夏休み・土日祝)に遊べます。

福栄スポーツ広場2

子供たちが遊べるスペースは、幼児用と児童用に分かれています。
小さいお子さんのいる方には安心できますね。
こちらの写真は児童用広場の遊具。なんかユニークな形してるでしょ。
この黄色いうねった棒につかまってぐるぐる回るのが楽しいんだな。

福栄スポーツ広場3

スポーツ広場のほうは、野球場・テニスコート・ゲートボール場があります。
休日ともなると、スポーツ少年たちやテニスにいそしむ皆さんの姿がみられます。

 

福栄スポーツ広場7

訪れたときはちょうど紫陽花がきれいでした。
写真のセイヨウアジサイのほかにも、水色のガクアジサイが広がっています。この時期ならではの癒しですね。

 

 

福栄スポーツ広場・いこいの広場
市川市福栄4-32-4 
※livedoor mapだと「いこいの家」が表示されてますが、その下の第二終末処理場というのが正しい場所になります。
TEL:047-398-0606
利用時間:AM9:00〜PM5:00
休場日:
 ・毎月最終月曜日(振替休日及び祝日の場合は最終前月曜日)
 ・年末年始(12/28〜1/4)
 ・その他、都合により休場とする場合もあります。

■関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、こちらをクリック!←カチッ

2006年6月11日

地元で自然観察|行徳野鳥観察舎

行徳野鳥観察舎では、毎週日曜日に園内観察会というのが実施されています。
このときだけは、通常入ることのできない広い保護区の中を探索できるのです。

私も今回初めて参加しましたが、いやあ、自然の力は奥が深い。
以下探索レポートいたします。

PM1:30、参加者の皆さんといよいよ保護区内に入ります。
川口浩の探検隊ばりに(大げさ)笹の葉が生い茂る道の間をくぐり抜けると、間もなく最初の干潟にたどり着きます。
200606114afb692c.JPG
ここではトビハゼがピョンピョン跳ねてました。
写真に撮れなくて残念。
実は江戸川放水路が国内におけるトビハゼの北限だそうです。

前の9件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12