市川市東西線南行徳駅

行徳・南行徳地域情報 > 市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

2010年10月10日

久しぶり!四ヶ村の祭りと相之川の祭り

3年おきに開催される四ヶ村と相之川の祭り。
今回は天候に左右される2日間となってしまいましたが、本祭りの午後には回復し渡御も無事行われました。

まずは小雨交じりの駅前公園。
開催されるか不安でしたが、予定通り10時より湊新田の神輿の披露が行われていました。
あいにくの天候にも負けず、今年大修理が終わったばかりという神輿はたいへん鮮やかに揉まれています。
20101010P1100270.JPG

2010年7月11日

ご当地シリーズ行徳編(8)南行徳あんぱんの巻

※掲載時点での情報です。
 2017年現在ダイエー南行徳店はイオン南行徳店へ鞍替え済。パン屋さんも別の店が入っています。

ご当地シリーズ行徳編、今回の舞台は南行徳です。

地名のついた商品といえば和洋菓子。
しかしパンの世界にだってご当地もんは存在します。
わが地元もしかり。しかも「南行徳あんぱん」を名乗るものが2つもあるとは!

まずはリヨンセレブ南行徳 City Ver.南行徳あんぱん
20100709P1060508.JPG

2010年6月 3日

広尾防災公園|市川市

浦安市に隣接する江戸川沿い一帯が工場街からマンション街へと変貌して数年。
今年4月、新たな地域の防災拠点と憩いの場が誕生しました!

広尾防災公園は市民の憩いの場を提供するとともに、災害時には一時避難場所として近隣住民約13,000人を受け入れ、初期救援や緊急輸送の中継地点として使用されます。
市内では大洲防災公園につづき2例目。行徳地区では初めての防災公園です。


3.5haという広い園内には、災害時にむけての小さな工夫がいっぱい。
日本人の発想力も捨てたもんじゃありません。
20100509P1050879.JPG 一見するとただのベンチとスツール。
しかし非常時には煮炊き用のかまどになるのです。
スツールはかまどをほうふつとさせる姿ですがベンチはどのように?
調べたところ、座面を外して網をかぶせ、足のすき間に焚き火を入れることで2口のかまどが確保できるようになっています。
20100509P1050881.JPG 屋根のついた休憩スペースも、災害時には重要な役割を果たします。
パーゴラの柱周りを覆うように布を張ると、救護所や災害本部などに早替わり。
平常時にはつどいの広場として遊びやイベントに使用されます。
20100509P1050917.JPG 芝生スペースで等間隔に並ぶ長方形のマンホール群。
なんと68個もあります。
その正体は非常用トイレの穴!
マンホールの上に便槽とテントをかぶせ、汚物を地中の太い下水道管に直接流し込む方式です。
万が一下水道本管が破裂しても、13,000人が3日間もちこたえるだけの容量を確保しています。

公園内は各用途に応じた広場が設けられています。
こちらも災害時には一時避難場所等として転用されます。
20100509P1050894.JPG 広い芝生が広がるいこいの広場。
1日4組までデイキャンプも楽しめます
(バーベキュー等の火気使用時は事前申込要:詳細はこちら)。
水場は災害時における貴重な水源となります。
20100509P1050924.JPG いこいの広場につながる遊びの広場。
複合遊具が備え付けられていますが、一般的な公園に比べると数は少なめ。
防災面を重視した場だと意識させられます。
写真左側のモニュメント時計の正体は風力発電。
得られた電力は時計や照明の動力源として活用されるそうです。
20100509P1050947.JPG 遊びの広場に隣接している、水に親しむ広場。
指サックみたいな形の石(写真の左側です)が実は噴水なんですね。
利用期間は6/1から9/30まで。
撮影時はまだ5月のためこのような状態でした。
20100509P1050927.JPG 約500本ものバラや花々が楽しめる花の広場。
ベンチに腰掛けてゆったり過ごせるスペースです。
私が訪れたときは、隣の老人福祉施設のお年寄りがヘルパーさんとお散歩していました。
20100509P1050895.JPG サッカーや軟式野球などの軽スポーツが楽しめる健康の広場。
毎週土曜日は団体利用も可能です
(事前に団体登録必要:利用条件等の詳細はこちら)。
またドクターヘリ等が離発着する臨時ヘリポートとしても使われます。
20100509P1050884.JPG 備蓄倉庫を兼ね備えた管理棟。
2F休憩スペースの窓から見えるつどいの広場やいこいの広場、なかなかの眺めです。
災害時の光景を想像すると複雑ですが・・・。
トイレは管理棟内のほか、屋外2ヶ所に多目的トイレが設置されています。
20100509P1050906.JPG 健康の広場裏手にあるちびっこ広場。
明らかに子ども向けでない遊具が気になります(笑)。
健康都市いちかわなだけに、公園に健康遊具は欠かせないもよう。
園内一周するジョギングコースでひとっ走りどうぞ。
20100509P1050909.JPG ちびっこ広場のお隣は、市のパンフレットにちょっとした広場と記載されている自由広場。
平凡な細長い芝生スペースですが、この下には災害時の命綱が埋設されているのです。
13,000人が3日間使う飲料水120・の貯水槽は、長さ約23m・直径約2.6mもあるというから驚きです。
東西線車両1両分の長さを超えてますよ!
20100509P1050951.JPG 道路を挟んだ旧江戸川の畔も防災公園の一部。
通常時はリバーサイドの休憩広場として、また災害時に水運輸送が行われる場合の物資搬入・荷さばきスペースとして利用されます。

願わくば災害が起こらなければいいのですが・・・。
なにはともあれ、備えあれば憂いなしの精神が大切ですね。



広尾防災公園
市川市広尾2-3-2
デイキャンプ場・健康の広場団体利用は事前申請要
駐車場:41台・30分ごと100円(最初の90分無料)・8:45-17:15(夏季19:15まで)



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!
 

2010年4月15日

行徳野鳥観察舎の餌やりタイム

最近野鳥観察に目覚めた管理人Mです。
まだまだ初心者ですが、野鳥の見分けが少しでもできるよう日々精進しております(笑)。

行徳野鳥観察舎前には餌場があり、毎日決まった時間に餌やりタイムが設けられています。
これがまたワイルドでおもしろい。

いくら異常気象だといってもやはり春。
散りかけた桜とともに、渡り鳥も去ってしまい寂しい気もする野鳥保護区。
大量のカモはどこへやら、今はカワウが餌場の主役です。

どこから嗅ぎ付けてきたのか、わんさか集まってます。
カワウを間近で見られるチャンスもそうそうないかと。
改めてその大きさに圧倒されるばかり。
20100414P1050135.JPG

2010年3月 5日

行徳野鳥観察舎の河津桜

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。

前回の江戸川河川敷の河津桜に引き続き、行徳野鳥観察舎に向かう遊歩道の河津桜を紹介します。
撮影日時は3月5日朝。
20100305P1030126.JPG
くっきりとしたピンクの桜並木です。逆光で綺麗に撮れないのが残念。

2009年11月12日

行徳たい焼きニューフェイス・秋の陣

※2017年現在も営業しているのは行徳駅前2丁目の「鯛夢堂」のみ。

今年の秋は空前のたい焼きブームだそうです。
安くて腹持ちが良いことから、不況を反映した流行だともいわれています。
ブームの牽引役はニューフェイスの「白たい焼き」。
見慣れない真っ白な皮も新鮮ですが、もっちりとした食感が人気となっているようです。

気がつけば行徳の街にもたい焼き屋さんがちらほらと…。
白いのも茶色いのも、新しいお店をいっぺんに紹介しちゃいます!

【その1:薄皮たい焼きの行徳「鯛夢堂」】
行徳駅前のフラワー通り商店街に今年オープンした「鯛夢堂」。
たい焼きと関西風たこ焼きを販売しています。
ふらっと立ち寄りたくなる小さなお店です。
20091112P1010132.JPG
レジ横にはたい焼きの切れ端が置かれ、自由に試食できるようになっています。
もちろん私も手を伸ばしてみました。
サクッと香ばしく、これだけでも満足です。

2009年11月 6日

東海面公園|南行徳

だんだんと秋も深まり、色づき始めた木々を眺めるのが楽しい季節になりました。
日々刻々と変化する秋の装いを感じるのなら、やはり身近な地域の公園ですよね。

こちらは南行徳4丁目の東海面公園。
川辺の美しい桜並木で知られる猫実川遊歩道に隣接しています。

4haと余裕のある広さ。そのうち半分が運動場です。
芝生に覆われた地面と、色づき始めた木々。
その対比を見比べるのも面白いかもしれません。
20091105P1220388.JPG
思い思いに駆け回ったりお花見したり。
またボーイスカウトの活動などにも使われています。

芝生の先に小高い築山が見えます。
20091005P1220405.JPG
勢いつけて何度も登ったり降りたり。
段ボールでソリもできるのかな?
頂上にはバーコラがあり、ベンチに座ってひと休みするのもいいですね。

色とりどりの木々が生い茂っている遊具のエリア。
青々としたヤシの木と落葉樹が同居しているのも面白いです。
20091015P1220407.JPG
ヤシといえば南国のイメージですが、ここのは耐寒温度-5℃と寒さに強い品種。
公園のシンボルツリーとして存在感を発揮しています。

夏場になると幼児用ミニプールがオープンします。もちろん無料。
20091105P1220399.JPG

公園の隅に突如現れた小さな祠。
屋根には「一之浜 竜王宮」と記されています。
掃除により祠の扉が開いていたので覗いてみたら、中に神棚とお札がありました。
20091105P1220390.JPG
「続・市川むかし話『龍宮さまと大蛇』」によると、
製塩が盛んだったその昔、現在の南行徳駅近くの森に、塩田を津波から守ってくれる竜宮さまと呼ばれる神様が祀られていました。
竜宮さまの周りには枝振りの良い立派な松があり、さらには竜宮さまの化身と信じられていた黒い大蛇が住んでいました。
この大蛇はおとなしく普段は悪さをしなかったのですが、ある日松をこっそり持ち帰った者が現れ・・・。

後に区画整理のため、南行徳駅近くから今の場所に移されました。
現在でも地元自治会の手により、毎年6月に竜宮祭りが開催されているそうです。

身近な場所でも、地元の昔話に触れる機会があるものなんですね。



東海面公園
市川市南行徳4-7
交通:東京メトロ東西線南行徳駅より徒歩約15分
    または「新浦安駅」or「ハイタウン塩浜」行きバスで
    「南行徳4丁目」下車徒歩約2分
駐車場:なし




関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2009年6月22日

東西線に新車導入のニュース・・・。

先週のことですが、東京メトロが東西線の新型車両導入を正式発表しました。
ニュースリリース:東京メトロ東西線に15000系を導入(railf.jp鉄道ニュースより引用)

鉄道好きでもない限り関心が低いと思われるニュースを、なぜわざわざ当ブログでとりあげるかというと…。
実はこちらの15000系車両、全ての扉がワイドドアなのです。
20090622metro15000.jpg

2009年6月 8日

今日は市川市プレミアム商品券の発売日です

本日6/8(月)、市川市プレミアム商品券が発売されました。

朝いちばんの郵便局は長蛇の列となっておりました。
並びながら購入の様子を見ていたら、1-2冊買われる方がほとんどのようです(ひとり5冊まで購入可のところ)。

売り切れが心配だったのですが、初日朝ということもあり無事購入できました。
しかしながら、早々に売り切れとなる可能性は否めません。

プレミアム商品券は、市川市の花であるバラが描かれたちょっとゴージャスなデザイン。
1冊につき¥1,000券が11枚。¥1,000分お得となります。
一般的な商品券と同様、金券類や公共料金の支払いには使えませんが、お釣りは出ます。
20090608P1170934.JPG

購入時にいただいた取扱参加店リストを見ると…やはり八幡や市川偏重、妙典は使えるところが少ないと改めて実感。
店舗の協力体制など、地域的な格差が出るのは仕方のないことかもしれません。
それでもすべての地区でまんべんなく利用できるほうが良かったな…。

市川市プレミアム商品券の詳細はひとつ前の記事にて。

前の9件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12