市川市東西線南行徳駅

行徳・南行徳地域情報 > 市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

2009年2月25日

マインベッカー|南行徳 ※2012年2月再オープン

2年ほどの閉店期間を経て、2012年2月に再オープンしたもようです。
参考:店主さんのブログhttp://ameblo.jp/aythma/
私も近々パン買いにいきたいと思います。
------------------------------------------------------------

20090218P1150906.JPGドイツパンで知られるマインベッカー。
駅から離れた住宅地に、そのお店はありました。
行徳街道沿い、レンガの外壁が目印です。






ドイツパンといえば、酸味のあるハードな風味が特徴です。
日本人にはあまり馴染みのないものですが、噛めば噛むほど出る味わいをぜひお試しあれ。
ライ麦パワーで食物繊維とミネラルたっぷり、料理との相性も良いですし。

20090218P1150919.JPGドイツパンにもいろいろ種類があるんですね。
今回購入したのは、シンプルな伝統の田舎パン「ベルリーナラントブロート」(左)と、プチプチしたごまのような食感がたまらない「フォルコンブロート」(右)。
どちらもハーフサイズを選択。
常温保存で2・3日は平気です。むしろ熟成されて味わいが増すそう。
次回はあずきの入ったパンを試してみたい。


実はドイツパンだけではありません。
フランスパンやデニッシュ・スイーツ系のパンも豊富な品揃え。
これがあなどれないんです。
日本人の定番、あんぱんにコロネもあります。

20090218P1150917.JPGそのうち一部を紹介。
コンデンスミルク×バターのコラボが絶妙、ミルヒクリームを挟んだ「ミルヒシュタンゲン」(細長いパン)・期間限定苺のパン(手前右)。
ドイツパン同様、それぞれの豊かな風味が口の中に広がっていきます。
苺のパンをひと口かじったら、苺がまるごと入ってる!感動しました。


クリスマスの時期にはシュトーレンも登場。
私もその頃になったらぜひチャレンジしてみたいです。

マインベッカー
市川市新井1-6-7
047-358-3700
営業時間:9:00-18:30
日・月曜休


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2009年1月 1日

行徳港での初日の出

行徳港初日の出2009この東京湾岸情報も早いもので4年目になりました。

管理人Hは早起きして初日の出を行徳港で撮って来ましたよ。

思ったより綺麗でした、特に日の出前がいいです。

 

resize0196.jpg

  

日の出直後「おぉー」と歓声が・・

人出も多かったです。 

 

 

resize0197.jpg

 

日の出を待つ二人・・・

 

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 

関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 

2008年12月26日

壱番館|南行徳

20081226P1140375.JPG最近かなりハマっている喫茶店で、しばし通い続けております。

それは南行徳にある壱番館。かなり前からあります。
決していまどきのcafeではなく、もしかしたら喫茶店然とした雰囲気が落ち着くのかもしれません。
店内いたるところに千葉ロッテマリーンズ選手のサインボール。
常連さんらしき方々がくつろいでいらっしゃいます。

20081226P1140374.JPG本格炭火珈琲が自慢のお店。
しかし珈琲党でなくても満足できるはず。
とにかくドリンクメニューのバリエーションがすごいのです。
ジュレやフロートといったデザート系のドリンクだけで、何十種類もあるのではないかと。
しかも各種ゼリーおよびジュレはミニサイズもあり。
全種類制覇なんて思いついたら、どれだけ通いつめなきゃならないのでしょう。

フードメニューはサンドイッチ・デザート中心ですが、こちらも充実のバリエーション。
品数の多さはもちろんのこと、ミニサイズやハーフサイズといった量の設定も細かいから驚きです。

20081226P1150224.JPGおすすめはランチタイムのサンドイッチ。
付け合せによりA・B・Cのセットがあり、お好みでその他のトッピングも。
サンドイッチの種類を選べるうえに、差額清算によりドリンクを変更することも可能です。
左の写真はミニデザートと自家製シフォンケーキ(お薦め!)のついた豪華版Cセット。
ボリュームたっぷりの具(今回はハムツナ)と、軽くトーストしたパンの食感がほっとする味わいです。

20081226P1140629.JPGケーキもいろいろありますが、ぜひ試してほしいのはデザート盛り合わせ。
写真は3種の自家製ケーキとアイスクリームの組み合わせ。
これだけでも相当お腹にたまりますが、ブリュレをプラスしたスペシャルデザート盛り合わせというのがあるのです。


毎月15日のお客様感謝デーには、ブレンドコーヒー飲み放題や粗品プレゼントなどの特典があります。
また、平日限定でサンドイッチ&ケーキ&ドリンク飲み放題というのがあるそうです。
5名以上で前日までの予約が必要ですが、1名あたり¥900とたいへんお得。
ママ友グループのランチなんかに使えそうですね。
※90分限定。土日祝・毎月15日の感謝デーは対象外。


手作り珈琲の店 壱番館
市川市南行徳1-12-1
047-397-1173
9:00-19:00
木曜休



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

2008年10月12日

祭りがイッキにやってきた!〜新井と関ヶ島編

10月12日の日曜日は秋祭りの集中日。
新井・関ヶ島・五ヶ町と広範囲にわたる追っかけは結構ハードです。
しかしめったにないこの機会、見逃すわけにはいきません。
それぞれ断片的な見物となりましたが、紹介したいと思います。

まずは新井と関ヶ島をまとめて。 五ヶ町は別の記事にて紹介いたします。
パート2 五ヶ町編は『妙典・原木中山地域情報』ブログのこちらの記事にて


【新井・熊野神社例大祭】

4年に一度の新井のお祭り。
他の町とは異なり、2日連続で神輿渡御が行われました。
11日は南行徳駅前にもやってきましたが、12日は広尾と新井1・2丁目まで。

今年は50年ぶりに新調した神輿のお披露目。
金色に光輝く真新しい神輿は、これから何十年と町の人に受け継がれていくことでしょう。
20081012P1140133.JPG

2008年9月29日

秋は祭りのシーズンだ!

おひさしぶりですみません。
気がついたら秋祭りのシーズンですね。
今年は4年に一度の新井、3年に一度の関ヶ島、そして放火による復旧作業のため順延となっていた五ヶ村の祭りが開催されます!

それから妙典まつり・行徳まつりも忘れてはなりません。
20080922_101301.jpg
こちらは妙典まつりのポスターですが、天候に左右されてしまう切実さが見事に表されていますね。
行徳まつりも同様ですが、今年は雨天時も模擬店だけは開催される模様。
今年こそさわやかな秋晴れとなるといいですね。
しかしカッコいいポスターだなあ。

2008年8月22日

行徳野鳥観察舎ふたたび&工作講座のご紹介

行徳野鳥観察舎へ行ってきました。
アスペスト工事でしばらく公開中止していたとはいえ、ものすごく久しぶりです。

観察舎の紹介はこちらの記事観察会の記事をどうぞ。

2Fの観察舎から、夕暮れ時の自然保護区を眺めていました。
20080821P1130025.JPG
鳥の姿を追いかけていると、いつしか無心になっている自分に気がつきます。
残念ながら満潮だったので、悲願のトビハゼは確認できず。
20080821P1130022.JPG
今回はカワウとチュウサギ・コサギ・アオサギを発見しました。
今でこそ膨大な個体数を誇るカワウですが、保護区で最初に観察されたのは1995年のこと。
これだけ数が増えたということは、過ごしやすい環境であるという証明ともいえます。

2008年8月 8日

北京五輪開幕しました!行徳・浦安編

いよいよ今日から北京五輪です!
猛暑や大気汚染に負けず、選手の皆さんにはベストを尽くしてほしいものです。

ところで我らが行徳・浦安地域に縁のある選手は、今回どれだけいるのでしょうか?

まずは出身者。
【浦安】阿部慎之助選手(野球・読売ジャイアンツ)
【行徳】G・G・佐藤選手
(野球・西武ライオンズ)

浦安・行徳ともにプロ野球選手が選出されております。
お二方ともプロ野球で大活躍されているので、五輪代表選手といわれてもいまいちピンときませんが・・・でも野球は今回で最後の五輪種目なんですよね。
ちなみにG・G・佐藤選手は新浜小学校出身。
実は新浜小の正面玄関前に、さりげなく応援幕が掲げられています。

続いて縁のある方々。

【新浦安】平岡拓晃選手(柔道男子60キロ級)
       金丸雄介選手(柔道男子73キロ級)
       小野卓志選手(柔道男子81キロ級)
       佐藤愛子選手(柔道女子57キロ級)

すべて了徳寺学園柔道部所属。
新浦安の了徳寺大学には、柔道整復師などを育成する健康科学部整復医療・トレーナー学科が設置されています。

【南行徳】森田智己選手
       
(競泳男子100m背泳ぎ・400mリレー・800mリレー・400mメドレーリレー)
      伊藤華英選手
       
(競泳女子100m背泳ぎ・200m背泳ぎ・400mリレー・800mリレー・
        400mメドレーリレー)
      物延靖記選手
       
(競泳男子400mリレー・800mリレー・400mメドレーリレー)

セントラルスポーツ研究所といえば、あの鈴木大地選手を輩出した由緒正しきクラブ。
今回の北京オリンピックでも、3選手が代表に選ばれています。
なおセントラルスポーツ所属の五輪体操選手は佐倉市在住とのこと。

それから余談ですが、浦安市花火大会や江戸川区花火大会でおなじみの花火「鍵屋」(所在地は江戸川区)。
15代目の天野安喜子さんが、日本女性初の北京五輪柔道審判員に選出されました。
花火大会にオリンピックと、大活躍されてますね。

それでは日本選手団の健闘を祈ります!!


関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ 


2008年7月21日

驚!新幹線が通るはずだったなんて

先日息子が雑誌「鉄道ファン 2008年 08月号 [雑誌]」片手に教えてくれました。
「行徳に成田新幹線が走るはずだったんだって」

何寝言いってんだと思いつつも、差し出された雑誌を見たら本当だ。
掲載の写真は明らかに行徳の東西線高架付近じゃないですか。

ご存知のとおり成田空港への高速鉄道アクセスは、JR成田エクスプレスと京成スカイライナーとなっています。
しかし当初計画では新幹線を新規に開通させるはずでした。
そのルートはというと…。

東京駅からしばらくは現在の京葉線ルート、荒川付近からはなんと東西線に並行する計画だったそうです。
途中から千葉ニュータウンに入り、成田空港へと向かうことになっていました。
しかし江戸川区や浦安町(市制施行前のため)の猛烈な反対により計画は頓挫。
紆余曲折を経て、現在の成田エクスプレスが登場した次第です。
※2013.7注記1:2010年に開通した成田スカイアクセス線は、京成高砂駅から現在の北総線を新設延伸して成田空港につなぐルートをとっていますが、東松戸駅以東の北総線および新設部分はほぼ成田新幹線計画ルートにあたります。
※2013.7注記2:乗り換え不便な立地や無駄に広いスペースで知られる東京駅京葉線ホームは、成田新幹線ホーム予定地を転用したものではないかという説が広まっていましたが(私もそう思ってました)、実際はそうではないようです。詳しくは下記リンク参照。

南行徳から妙典にかけて、東西線高架沿いに道幅の広い道路が続いています。
この道の海側こそが成田新幹線の予定地だったのです。
現在マンションが建ち並んでいるあたりも含まれていました。
20080720P1110049.jpg
高架沿いの自転車道は成田新幹線計画中止の恩恵ともいえなくもない(笑)。

昔成田新幹線の計画があったことは知っていたけど、まさか地元が予定地だったとは。
当時を知る方には周知の事実なのでしょうが、新参者なので素直に驚きました。
もし成田新幹線が開通していたら…想像してみると面白いかもしれませんね。

参考:
浦安サンポ「国が強引に推し進めた、幻の超特急・成田新幹線
クサイ町の覚え書き「幻の成田新幹線をたどる 東京駅について補足(東京駅京葉線ホームについて)

2008年1月31日

昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典

地下鉄開通80周年にちなみ、東京メトロがこんなチラシを出しています。
その名も「いまむかし街案内」。
表面は各駅の「いま」を示す駅前地図、そして裏面は「むかし」(昭和初期)の周辺地図です。
メトロさんも粋なことやりますねえ。

東京メトロの全駅に置いてあるそうですが、そのなかから浦安駅と行徳駅のをもらってきました。
【配置場所】
 駅によってバラバラ。
 ・改札付近のチラシコーナー(例:浦安駅)
 ・駅事務室(例:行徳駅)など。
 ・西船橋駅の地図は、原木中山駅にあるそうです。

それではご覧ください。※写真をクリックすると拡大します。
200801319c1a4e2b.jpg
2008013173a76a5c.jpg 
↑2枚つなげてみました。

裏面の古地図から読み取れることは、当時の集落と現在の沿線が離れている点ですね。
浦安では境川をはさんで住宅が密集し、行徳の場合は江戸川沿いに細長く伸びています。
当時の生活に河川が重要な役割を果たしていたのでしょう。
水運で栄えたこの地域ならではの特徴だといえます。

ところで…新浜鴨場の隣にある「養魚場」って何でしょうか?
現在の福栄スポーツ広場のあたりですよね。

前の9件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12