市川市東西線南行徳駅

行徳・南行徳地域情報 > 市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

市川市東西線南行徳駅

2011年2月 3日

節分は地元で(今年は行徳編)・香取神社&日枝神社

2月3日は節分。
定番の豆撒きに加え、最近では恵方巻きなるものも広まりつつあるようで。
節分は自宅で手軽にできる行事の筆頭ともいえますが、各地の寺社でも豆撒きが行われています。
たとえば成田山新勝寺での豆撒きは、お相撲さんが多数参加することで有名ですよね。
それに比べるとはるかにマイナーですが、地元の神社でも節分には豆撒きやってるんですよ!

当日豆撒きを行うのは、香取神社(香取)・日枝神社(相之川)・熊野神社(新井)の三社。
そのうち香取神社と日枝神社の豆撒きに参加してきました。

まずは14:00からの香取神社
3年に一度開催の四ヶ町祭礼にて、最後に宮入りが行われる神社です。
20110203P1120177.JPG
ここだけの話ですが、道に迷ってしまいまして…。
1分遅れで香取神社に到着したときにはもう豆撒き終了してました!無念。
周囲の様子から推測すると、豆の入った小袋を配った模様です。
自治会の方がお供えの清酒一升瓶を持ち帰るよう参加者に促していました。

2011年1月 6日

新春のご挨拶と初日の出

あけましておめでとうございます。
今年もぼちぼちと「浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報」の更新を行いたいと思います。
…といいつつ早速更新遅れてるのですが。
ともかく皆様、今年もどうかよろしくお願いします。

全国的には大荒れの元旦でしたが、関東地方はおだやかな天候。
初日の出にもあやかることができました。
今回の初日の出スポットは行徳野鳥観察舎。
1/3まで休館ですが、元日は朝9時まで特別に開館していました。

朝6:45頃の野鳥観察舎前。
100人近くもの見物客で朝早くから賑やかです。
空はだいぶ明るくなっているものの、太陽はまだ出てきていません。
日の出は6:50頃と聞いてますが…。
20110101P1110935.jpg

2010年12月21日

行徳には野生のタヌキが生息しています

行徳のオアシスともいえる行徳鳥獣保護区。
野鳥だけでなく木々や干潟の生物など、さまざまな生きものが共存している自然の宝庫です。
今の時季はカモメを筆頭とした冬の渡り鳥。
野鳥観察舎前の餌場では、餌やリに精を出す人の姿をしばしば見かけます。
20101212P1110711.JPG
円を描きながら飛び交うカモメたち。お見事!空中キャッチ。
そして地上では、カモメとオナガガモによる落下したパンくずの争奪戦が始まります。

2010年10月31日

しんはま収穫祭@行徳野鳥観察舎

毎年秋に開催される行徳野鳥観察舎の「しんはま収穫祭」。
今年は10/31(日)に行われました。

実りの秋を満喫するのは、なにも山奥に限ったことじゃありません。
意外と身近なところにも転がっているものですね。

野鳥観察舎脇の会場はもうすでに長い列。
お目当てはもちろんつきたてのお餅!
定番のきなこもちや大根おろしもちに加え、キムチもちにカレーもちといった個性派もありました。
20101031P1100857.JPG

収穫祭なう@行徳野鳥観察舎


豚汁とお餅運が良ければ間に合うかも。300円なり。
お餅の味付けいろいろあって面白いです。

つい先ほどマンドリン演奏が始まったばかり。
脱穀体験もやってますよ。

以上携帯からでした!

当日のレポートはこちらをどうぞ。

2010年10月10日

久しぶり!四ヶ村の祭りと相之川の祭り

3年おきに開催される四ヶ村と相之川の祭り。
今回は天候に左右される2日間となってしまいましたが、本祭りの午後には回復し渡御も無事行われました。

まずは小雨交じりの駅前公園。
開催されるか不安でしたが、予定通り10時より湊新田の神輿の披露が行われていました。
あいにくの天候にも負けず、今年大修理が終わったばかりという神輿はたいへん鮮やかに揉まれています。
20101010P1100270.JPG

2010年7月11日

ご当地シリーズ行徳編(8)南行徳あんぱんの巻

※掲載時点での情報です。
 2017年現在ダイエー南行徳店はイオン南行徳店へ鞍替え済。パン屋さんも別の店が入っています。

ご当地シリーズ行徳編、今回の舞台は南行徳です。

地名のついた商品といえば和洋菓子。
しかしパンの世界にだってご当地もんは存在します。
わが地元もしかり。しかも「南行徳あんぱん」を名乗るものが2つもあるとは!

まずはリヨンセレブ南行徳 City Ver.南行徳あんぱん
20100709P1060508.JPG

2010年6月 3日

広尾防災公園|市川市

浦安市に隣接する江戸川沿い一帯が工場街からマンション街へと変貌して数年。
今年4月、新たな地域の防災拠点と憩いの場が誕生しました!

広尾防災公園は市民の憩いの場を提供するとともに、災害時には一時避難場所として近隣住民約13,000人を受け入れ、初期救援や緊急輸送の中継地点として使用されます。
市内では大洲防災公園につづき2例目。行徳地区では初めての防災公園です。


3.5haという広い園内には、災害時にむけての小さな工夫がいっぱい。
日本人の発想力も捨てたもんじゃありません。
20100509P1050879.JPG 一見するとただのベンチとスツール。
しかし非常時には煮炊き用のかまどになるのです。
スツールはかまどをほうふつとさせる姿ですがベンチはどのように?
調べたところ、座面を外して網をかぶせ、足のすき間に焚き火を入れることで2口のかまどが確保できるようになっています。
20100509P1050881.JPG 屋根のついた休憩スペースも、災害時には重要な役割を果たします。
パーゴラの柱周りを覆うように布を張ると、救護所や災害本部などに早替わり。
平常時にはつどいの広場として遊びやイベントに使用されます。
20100509P1050917.JPG 芝生スペースで等間隔に並ぶ長方形のマンホール群。
なんと68個もあります。
その正体は非常用トイレの穴!
マンホールの上に便槽とテントをかぶせ、汚物を地中の太い下水道管に直接流し込む方式です。
万が一下水道本管が破裂しても、13,000人が3日間もちこたえるだけの容量を確保しています。

公園内は各用途に応じた広場が設けられています。
こちらも災害時には一時避難場所等として転用されます。
20100509P1050894.JPG 広い芝生が広がるいこいの広場。
1日4組までデイキャンプも楽しめます
(バーベキュー等の火気使用時は事前申込要:詳細はこちら)。
水場は災害時における貴重な水源となります。
20100509P1050924.JPG いこいの広場につながる遊びの広場。
複合遊具が備え付けられていますが、一般的な公園に比べると数は少なめ。
防災面を重視した場だと意識させられます。
写真左側のモニュメント時計の正体は風力発電。
得られた電力は時計や照明の動力源として活用されるそうです。
20100509P1050947.JPG 遊びの広場に隣接している、水に親しむ広場。
指サックみたいな形の石(写真の左側です)が実は噴水なんですね。
利用期間は6/1から9/30まで。
撮影時はまだ5月のためこのような状態でした。
20100509P1050927.JPG 約500本ものバラや花々が楽しめる花の広場。
ベンチに腰掛けてゆったり過ごせるスペースです。
私が訪れたときは、隣の老人福祉施設のお年寄りがヘルパーさんとお散歩していました。
20100509P1050895.JPG サッカーや軟式野球などの軽スポーツが楽しめる健康の広場。
毎週土曜日は団体利用も可能です
(事前に団体登録必要:利用条件等の詳細はこちら)。
またドクターヘリ等が離発着する臨時ヘリポートとしても使われます。
20100509P1050884.JPG 備蓄倉庫を兼ね備えた管理棟。
2F休憩スペースの窓から見えるつどいの広場やいこいの広場、なかなかの眺めです。
災害時の光景を想像すると複雑ですが・・・。
トイレは管理棟内のほか、屋外2ヶ所に多目的トイレが設置されています。
20100509P1050906.JPG 健康の広場裏手にあるちびっこ広場。
明らかに子ども向けでない遊具が気になります(笑)。
健康都市いちかわなだけに、公園に健康遊具は欠かせないもよう。
園内一周するジョギングコースでひとっ走りどうぞ。
20100509P1050909.JPG ちびっこ広場のお隣は、市のパンフレットにちょっとした広場と記載されている自由広場。
平凡な細長い芝生スペースですが、この下には災害時の命綱が埋設されているのです。
13,000人が3日間使う飲料水120・の貯水槽は、長さ約23m・直径約2.6mもあるというから驚きです。
東西線車両1両分の長さを超えてますよ!
20100509P1050951.JPG 道路を挟んだ旧江戸川の畔も防災公園の一部。
通常時はリバーサイドの休憩広場として、また災害時に水運輸送が行われる場合の物資搬入・荷さばきスペースとして利用されます。

願わくば災害が起こらなければいいのですが・・・。
なにはともあれ、備えあれば憂いなしの精神が大切ですね。



広尾防災公園
市川市広尾2-3-2
デイキャンプ場・健康の広場団体利用は事前申請要
駐車場:41台・30分ごと100円(最初の90分無料)・8:45-17:15(夏季19:15まで)



関東地方のおいしいお店、便利な施設の情報は、
「人気Blogランキング」へ、こちらを
クリック!←カチッ

Follow uragyo on Twitter【浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報】twitterやってます。
フォロー&情報提供よろしくお願いします!
 

2010年4月15日

行徳野鳥観察舎の餌やりタイム

最近野鳥観察に目覚めた管理人Mです。
まだまだ初心者ですが、野鳥の見分けが少しでもできるよう日々精進しております(笑)。

行徳野鳥観察舎前には餌場があり、毎日決まった時間に餌やりタイムが設けられています。
これがまたワイルドでおもしろい。

いくら異常気象だといってもやはり春。
散りかけた桜とともに、渡り鳥も去ってしまい寂しい気もする野鳥保護区。
大量のカモはどこへやら、今はカワウが餌場の主役です。

どこから嗅ぎ付けてきたのか、わんさか集まってます。
カワウを間近で見られるチャンスもそうそうないかと。
改めてその大きさに圧倒されるばかり。
20100414P1050135.JPG

前の9件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11