あらためて行徳の製塩について学ぶ

行徳・南行徳地域情報 > 公共施設(博物館・図書館・公民館・教育) > あらためて行徳の製塩について学ぶ
2009年1月26日

あらためて行徳の製塩について学ぶ

かつて行徳には広大な塩田が広がっていたことを、ご存知の方も多いかと思います。
しかし今では、全くといっていいほど名残がありません。
強いて言えば本塩や塩焼、塩浜という地名ぐらいでしょうか。

市川市の北端である堀之内に、市川歴史博物館というのがあります。
そこでは中世以降の市川の歴史資料を展示しているのですが、そのなかには行徳の製塩業や海苔作りに関するものも。
20090123P1150635.JPG

まずは製塩に関する展示。
製塩に使われた道具や、手順を記したパネルによる製塩法が紹介されています。
塩作りはとても手間のかかる作業だったんですね。
20090123P1150601.jpg
遠浅で製塩に適していたという行徳の海岸。
徳川家康の保護・奨励により、江戸時代を中心に製塩が発展しました。
作られた塩は水路で江戸城まで運ばれ、たいへん重宝されたとか。
塩だけでなく人の往来も盛んとなり、行徳街道は成田山詣のルートとして繁栄していったのです。

昔の海苔作りを再現したものや当時の道具をみると、機械化された現在とはかなり異なるのがわかります。
20090123P1150610.jpg
漁師さんの前にある木のようなものは、海苔の種(胞子)を付着させ生育させる材料となる「ひび」。
冬場の干潮時になると、ベカ舟に乗ってひびについた海苔を収穫していました。寒空の中、手作業です。
収穫した海苔は、洗浄ののち刻んですいて乾燥させます。
市川市HPによると、行徳での海苔作りは戦後になってからとのこと(該当ページ)。
明治政府が製塩を奨励したため、海苔を作りたくても作れなかったとか。

市川の交通に関する展示。
流通手段として河川が重要な地位をもっていたことを、改めて実感させられました。
そして行徳が水路交通でいかに栄えていたかも。
20090123P1150620.JPG
手前は行徳船、背面に笹屋うどんが描かれた江戸末期の屏風と看板。
2007年の行徳街回遊展では現地に屏風のレプリカが展示されましたが、本物はこちらにあります。
船での往来が盛んだった時代、笹屋うどんは人気店だったことでしょうね。
頼朝が訪れたかどうかは、今となってはわかりませんが…。

いやほんと、行徳中心の展示内容ですわ。できれば行徳地区で展示してほしいぐらい。
こういう博物館があることを知らない行徳住民も多いんじゃなかろうか?
もちろん他地区の展示も見どころ豊富なんですけどね(大野の農家を復元したものや日本体育の父の紹介など)。

それから内容のリニューアルがなされていないようで、展示パネルが古かったりするのもある意味貴重。
市川市のイラストマップなんて、妙典駅も京葉線もないどころか、妙典あたりは「消えゆくハス田」ですものね。

行徳の製塩業に興味を抱いたら、市川歴史博物館を訪れてみてください。
遠いけど、隣には考古博物館や貝塚もあるし一度は行く価値あるかも。

市川歴史博物館
千葉県市川市堀之内2-27-1
TEL:047-373-6351
開館時間:9:00-16:30
休館日:月曜日・祝日・年末年始(12/28-1/4)
      ※月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌日の火曜日が休館
入場無料
交通:北総開発鉄道 北国分駅より徒歩10分
    JR市川駅より京成バス「堀の内三丁目」下車、徒歩10分
             京成バス「博物館入口」下車徒歩10分
             京成バス「国分操車場」下車徒歩15分
駐車場:有(考古博物館と供用)


関連記事

  1. 桜競演行徳の春 中江川・行徳野鳥観察舎
  2. 春一番のあとは河津桜の季節 行徳野鳥観察舎
  3. 休館でもめげない負けない!行徳野鳥観察舎のやちょかん祭り
  4. 南行徳街回遊展
  5. 桜満開春らんまん!行徳野鳥観察舎・猫実川
  6. 休館中にも季節は移り、行徳野鳥観察舎の河津桜
  7. 【祈再開】きっと行徳野鳥観察舎はこのままでは終わらない
  8. 野ゲーキって何?行徳野鳥観察舎のやちょかん祭り
  9. みんなちがってみんないい 行徳野鳥観察舎で桜の花の観察会
  10. 桜咲く週末ラストスパート(中江川・行徳野鳥観察舎・猫実川)
  11. 行徳野鳥観察舎の河津桜、満開です!
  12. 春はゆっくり少しずつ、行徳野鳥観察舎の河津桜咲き始め
  13. 名前も新たにリニューアル!やちょかん祭り@行徳野鳥観察舎
  14. 春近し、行徳野鳥観察舎の河津桜
  15. 行徳野鳥観察舎観察会特別編・一日干潟水族館に参加しました
  16. 河津桜の見頃は突然に@行徳野鳥観察舎編
  17. 初日の出であけましておめでとうございます。
  18. 復活!行徳まつり
  19. 桜の花の観察会@行徳野鳥観察舎
  20. 行徳野鳥観察舎の河津桜も見ごろです!
  21. 行徳野鳥観察舎の河津桜は…?
  22. 実りの秋!行徳野鳥観察舎の収穫祭
  23. 河津桜の季節です〜行徳野鳥観察舎編
  24. 新春のご挨拶と初日の出
  25. 行徳には野生のタヌキが生息しています
  26. 市川フォトフェスティバル2010
  27. 行徳公民館文化祭
  28. しんはま収穫祭@行徳野鳥観察舎
  29. 収穫祭なう@行徳野鳥観察舎
  30. 行徳まつり2010
  31. 行徳野鳥観察舎の餌やりタイム
  32. 行徳カメラクラブ「春の写真展」
  33. 行徳野鳥観察舎の河津桜
  34. 市川フォトフェスティバル2009
  35. 行徳まつり2009
  36. あらためて行徳の製塩について学ぶ
  37. 行徳まつり2008
  38. 行徳野鳥観察舎ふたたび&工作講座のご紹介
  39. 昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典
  40. ちょっと昔の行徳・妙典に出会える意外な場所 ※2011.1注記有
  41. 地元で自然観察|行徳野鳥観察舎
  42. 行徳野鳥観察舎 ※2016年より休館中

コメント(2)

近くまで行ったことがあるんですが、
中に入ったことがありませんでした。
今度は行ってみたいとおもいました!

>イザワさん
展示も古いし、浦安市郷土博物館のような見栄えの良さはないですが、市民として一度は行かれるのもよいかと思います。
お隣の考古博物館も忘れずに。
付近は緑が多くて、同じ市内とは思えない風景ですね。