公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

行徳・南行徳地域情報 > 公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

2008年1月31日

昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典

地下鉄開通80周年にちなみ、東京メトロがこんなチラシを出しています。
その名も「いまむかし街案内」。
表面は各駅の「いま」を示す駅前地図、そして裏面は「むかし」(昭和初期)の周辺地図です。
メトロさんも粋なことやりますねえ。

東京メトロの全駅に置いてあるそうですが、そのなかから浦安駅と行徳駅のをもらってきました。
【配置場所】
 駅によってバラバラ。
 ・改札付近のチラシコーナー(例:浦安駅)
 ・駅事務室(例:行徳駅)など。
 ・西船橋駅の地図は、原木中山駅にあるそうです。

それではそれぞれの表面からご覧ください。
20080131P1070517.jpg

2007年12月 8日

ちょっと昔の行徳・妙典に出会える意外な場所 ※2011.1注記有

【おことわり】
2010年7月より、地下鉄博物館のシミュレーター映像がリニューアルされてしまいました!
(詳しくはこちら:地下鉄博物館・シミュレータ更新工事完成のお知らせ←※リンク切れ)。
したがって東西線シミュレーター映像は現在のものとなっており、妙典駅もしっかり登場しています。
もちろん車両も5000系ではありません。
ですが開館以来20年近くも変わらずにいたシミュレーター映像に敬意を示すため、あえて本文は変更や削除をせずに掲載し続けます。
なおホールの『明日をひらく東西線』は現在も時々上映されていますのでご安心を。

巷では「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のおかげで昭和ブームです。
しかし漁師町だった当時の行徳・浦安地域は、今とは想像もつかないような光景だったそうです。

ではそのもう少し後の時代はどうだったのか?
私はこのあたりに住み始めて10年強ですが、東西線の浦安から行徳にかけてはさほど変わっていないような気がします。
だから東西線が開通してから昭和末期までの激変ぶりが、いまいち想像できないというか。
恐らくいまどきの新浦安や妙典のような状態だったのではと思いますが…。

ところがある日(といっても何年も前ですが)、その頃の貴重な映像と出会ったのです。

その映像がある場所は、葛西の地下鉄博物館。
ここに東西線の運転シミュレーターが設置され、2003年の博物館リニューアル後も開館時の姿を保っています。
20071208P1060764.jpg

2007年12月 5日

ご当地シリーズ行徳編(5)行徳にご当地グッズはあるのか?

勝手に行徳ご当地シリーズ、今まで食べ物ばかり取り上げていましたが、ふと疑問に感じたんです。
「そういえば、行徳に食べ物以外のご当地ものはあるんだろうか?」
浦安ならディズニー関連のものがあるけど、あれも東京的扱いなわけで。
市川なら以前、テレビ市川がペナント作ってましたよね…。
というわけで、ここで一旦脱線してみます。

向かった先は葛西の地下鉄博物館。
なぜ葛西?というツッコミ抜きでよろしく。

ここには小さいながらもミュージアムショップがありまして、数ある東京メトログッズの中に駅名キーホルダーというのが並んでいるのです。
なんと東西線全23駅が取り揃えられているという充実ぶり。
しかも全国ここだけです。
なぜか妙典だけデザイン違いますが。
20071205P1060737.jpg

2006年6月11日

地元で自然観察|行徳野鳥観察舎

行徳野鳥観察舎では、毎週日曜日に園内観察会というのが実施されています。
このときだけは、通常入ることのできない広い保護区の中を探索できるのです。

私も今回初めて参加しましたが、いやあ、自然の力は奥が深い。
以下探索レポートいたします。

PM1:30、参加者の皆さんといよいよ保護区内に入ります。
川口浩の探検隊ばりに(大げさ)笹の葉が生い茂る道の間をくぐり抜けると、間もなく最初の干潟にたどり着きます。
200606114afb692c.JPG
ここではトビハゼがピョンピョン跳ねてました。
写真に撮れなくて残念。
実は江戸川放水路が国内におけるトビハゼの北限だそうです。

2006年6月10日

行徳野鳥観察舎 ※2016年より休館中

三番瀬や新浜鴨場(皇太子様が雅子様にプロポーズした場所)の名前はご存知かもしれませんが、バードウォッチング好きでもない限り、実際野鳥を観察する機会はなかなかないものです。
だけど地元の自然を確認できる貴重な場がこちらにあります。

新浜通り沿いの福栄公園脇の道をひたすら南下。
緑が多くて、ちょっとしたサイクリングロードです。
2006061045f79537.JPG

前の9件 1  2  3  4  5  6