公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

行徳・南行徳地域情報 > 公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

公共施設(博物館・図書館・公民館・教育)

2008年10月26日

行徳まつり2008

時折小雨が混じる曇天のなか、第七中学校にて開催された行徳まつり。
なかなか天候に恵まれない行徳まつり(実質隔年開催)ですが、今年はぎりぎりのところでもってくれました。

訪れたのはお昼時。パレードの時間が近いこともあり、たくさんの人で賑わっています。
ステージプログラムも雨で中断することなく、無事とり行われました。
20081026P1140554.JPG

2008年8月22日

行徳野鳥観察舎ふたたび&工作講座のご紹介

行徳野鳥観察舎へ行ってきました。
アスペスト工事でしばらく公開中止していたとはいえ、ものすごく久しぶりです。

観察舎の紹介はこちらの記事観察会の記事をどうぞ。

2Fの観察舎から、夕暮れ時の自然保護区を眺めていました。
20080821P1130025.JPG
鳥の姿を追いかけていると、いつしか無心になっている自分に気がつきます。
残念ながら満潮だったので、悲願のトビハゼは確認できず。
20080821P1130022.JPG
今回はカワウとチュウサギ・コサギ・アオサギを発見しました。
今でこそ膨大な個体数を誇るカワウですが、保護区で最初に観察されたのは1995年のこと。
これだけ数が増えたということは、過ごしやすい環境であるという証明ともいえます。

2008年1月31日

昔の地図は東京メトロの駅でGET!|浦安・南行徳・行徳・妙典

地下鉄開通80周年にちなみ、東京メトロがこんなチラシを出しています。
その名も「いまむかし街案内」。
表面は各駅の「いま」を示す駅前地図、そして裏面は「むかし」(昭和初期)の周辺地図です。
メトロさんも粋なことやりますねえ。

東京メトロの全駅に置いてあるそうですが、そのなかから浦安駅と行徳駅のをもらってきました。
【配置場所】
 駅によってバラバラ。
 ・改札付近のチラシコーナー(例:浦安駅)
 ・駅事務室(例:行徳駅)など。
 ・西船橋駅の地図は、原木中山駅にあるそうです。

それではご覧ください。※写真をクリックすると拡大します。
200801319c1a4e2b.jpg
2008013173a76a5c.jpg 
↑2枚つなげてみました。

裏面の古地図から読み取れることは、当時の集落と現在の沿線が離れている点ですね。
浦安では境川をはさんで住宅が密集し、行徳の場合は江戸川沿いに細長く伸びています。
当時の生活に河川が重要な役割を果たしていたのでしょう。
水運で栄えたこの地域ならではの特徴だといえます。

ところで…新浜鴨場の隣にある「養魚場」って何でしょうか?
現在の福栄スポーツ広場のあたりですよね。

2007年12月 8日

ちょっと昔の行徳・妙典に出会える意外な場所 ※2011.1注記有

【おことわり】
2010年7月より、地下鉄博物館のシミュレーター映像がリニューアルされてしまいました!
(詳しくはこちら:地下鉄博物館・シミュレータ更新工事完成のお知らせ)。
したがって東西線シミュレーター映像は現在のものとなっており、妙典駅もしっかり登場しています。
もちろん車両も5000系ではありません。
ですが開館以来20年近くも変わらずにいたシミュレーター映像に敬意を示すため、あえて本文は変更や削除をせずに掲載し続けます。
なおホールの『明日をひらく東西線』は現在も時々上映されていますのでご安心を。

巷では「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のおかげで昭和ブームです。
しかし漁師町だった当時の行徳・浦安地域は、今とは想像もつかないような光景だったそうです。

ではそのもう少し後の時代はどうだったのか?
私はこのあたりに住み始めて10年強ですが、東西線の浦安から行徳にかけてはさほど変わっていないような気がします。
だから東西線が開通してから昭和末期までの激変ぶりが、いまいち想像できないというか。
恐らくいまどきの新浦安や妙典のような状態だったのではと思いますが…。

ところがある日(といっても何年も前ですが)、その頃の貴重な映像と出会ったのです。

その映像がある場所は、葛西の地下鉄博物館。
ここに東西線の運転シミュレーターが設置され、2003年の博物館リニューアル後も開館時の姿を保っています。
20071208P1060764.jpg

2006年6月11日

地元で自然観察|行徳野鳥観察舎

行徳野鳥観察舎では、毎週日曜日に園内観察会というのが実施されています。
このときだけは、通常入ることのできない広い保護区の中を探索できるのです。

私も今回初めて参加しましたが、いやあ、自然の力は奥が深い。
以下探索レポートいたします。

PM1:30、参加者の皆さんといよいよ保護区内に入ります。
川口浩の探検隊ばりに(大げさ)笹の葉が生い茂る道の間をくぐり抜けると、間もなく最初の干潟にたどり着きます。
200606114afb692c.JPG
ここではトビハゼがピョンピョン跳ねてました。
写真に撮れなくて残念。
実は江戸川放水路が国内におけるトビハゼの北限だそうです。

2006年6月10日

行徳野鳥観察舎 ※2016年より休館中

三番瀬や新浜鴨場(皇太子様が雅子様にプロポーズした場所)の名前はご存知かもしれませんが、バードウォッチング好きでもない限り、実際野鳥を観察する機会はなかなかないものです。
だけど地元の自然を確認できる貴重な場がこちらにあります。

新浜通り沿いの福栄公園脇の道をひたすら南下。
緑が多くて、ちょっとしたサイクリングロードです。
2006061045f79537.JPG

前の9件 1  2  3  4  5