行徳・南行徳地域情報

2017年4月 6日

桜競演行徳の春 中江川・行徳野鳥観察舎

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。


都心では3月21日に早々と桜の開花宣言がなされたと思いきや、もともと後追い傾向な東京湾岸エリアでは、その後の花冷えにより出足鈍いどころか、本格的に咲き始めたのは4月に入ってからでした。
その後は天候に恵まれたこともあり、3、4日で一気に満開まで進んでしまったような気がします。

しかも週末は雨予報。
花散らしの雨に見舞われないうちに、平日朝の出勤前わずかな時間で行徳の桜スポットを駆け巡りました。

4月6日木曜日の朝。
両岸の桜並木が叙情的な行徳きっての桜スポット中江川。
20170406IMG_9413.JPG
見てのとおり文句なしの咲き具合です。
新浜通りに接した場所で7分咲きぐらい。


桜競演行徳の春 中江川・行徳野鳥観察舎

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。


都心では3月21日に早々と桜の開花宣言がなされたと思いきや、もともと後追い傾向な東京湾岸エリアでは、その後の花冷えにより出足鈍いどころか、本格的に咲き始めたのは4月に入ってからでした。
その後は天候に恵まれたこともあり、3、4日で一気に満開まで進んでしまったような気がします。

しかも週末は雨予報。
花散らしの雨に見舞われないうちに、平日朝の出勤前わずかな時間で行徳の桜スポットを駆け巡りました。

4月6日木曜日の朝。
両岸の桜並木が叙情的な行徳きっての桜スポット中江川。
20170406IMG_9413.JPG
見てのとおり文句なしの咲き具合です。
新浜通りに接した場所で7分咲きぐらい。

ちなみに2日の日曜夕方時点では。
20170402IMG_9411.JPG
ほぼつぼみ。
毎度のことながらわずかな日数で咲き急いでますね。

川岸に植えられた色とりどりな花々もさらに春を感じさせてくれます。
20170406IMG_9414.JPG

同じ中江川といっても、ポジションによって異なる開花状況。
少し海側に位置するこちらの木はまだつぼみ主流。
20170406IMG_9420.JPG
川をまたぐかの勢いで伸びる枝。
そこがまた違った表情の美しさ。
うん、背後の木と咲き具合が対照的すぎますね。
20170406IMG_9419.JPG

道路を渡って緑道の桜並木はかなりのボリューム。
こちらはもう満開といっていいかと。
20170406IMG_2556.JPG
ソメイヨシノだけでなく、ヤマザクラやオオシマザクラも咲き揃い、道行く人たちの目を楽しませてくれています。
花色や咲き方の違いを見比べるのも。
20170406IMG_9438.JPG

sakura01-004.gif中江川の地図(表示上の都合でモスバーガーを目印にしています)

続いては行徳野鳥観察舎。
中江川に比べると多少ゆっくりめなようですが、とりあえずソメイヨシノは5分咲き以上には花開いておりました。

丸浜川沿いの道では、ひと足先に見頃を迎えたオオシマザクラの桜吹雪が舞っていました。
20170406IMG_9443.JPG
河津桜の瑞々しい葉の色と、菜の花の黄色と、ほんのり桜色。
季節の移り変わりを実感しますね。
20170406IMG_9445.JPG

野鳥病院を挟んで行徳高校側へ抜ける途中のソメイヨシノ。
5-6分咲きぐらい?
2070406IMG_9452.JPG

野鳥病院脇の桜はようやくつぼみ膨らみつつあるところ。あ、鳩発見。
20170406IMG_9455.JPG

三春の滝桜の子孫だという紅枝垂桜。
見頃から1週間ほど経ち、ひらひらと花びら散り始めていました。
20170406IMG_9448.JPG

そして忘れてはいけない。恒例の管理棟窓際ディスプレイ。
4月のテーマはお花見。
今年もまた頭ネクタイで酔っ払ってるオオセグロカモメおじさん登場です。
転がった徳利から相当泥酔しているんではないかと。
20170406IMG_9451.JPG

木の根に寄り添うかのように咲くハナニラとムスカリの花。
おとぎ話に出てきそうでなんとも愛らしい姿。
この光景大好きです。
20170406IMG_9453.JPG

sakura01-004.gif行徳野鳥観察舎の地図

行徳のソメイヨシノレポートはこちら:
2017年中江川・行徳野鳥観察舎(4/6) 2016年行徳野鳥観察舎・猫実川(4/4) 2016年中江川(3/31) 2015年中江川・行徳野鳥観察舎・猫実川(4/4) 2015年駅前公園・中江川(3/31) 2014年駅前公園(4/2) 2014年中江川(4/1) 2013年猫実川・駅前公園・中江川(3/22) 2012年行徳野鳥観察舎・猫実川(4/8) 2012年駅前公園・中江川(4/6) 2011年行徳野鳥観察舎・猫実川(4/10) 2011年中江川・駅前公園(4/7・8) 2010年中江川・行徳野鳥観察舎(4/6) 2009年中江川(4/6) 2009年咲き始めの駅前公園(3/25) 2007年(3/26) 2006年(3/27・28)


2017年2月18日

春一番のあとは河津桜の季節 行徳野鳥観察舎

gyotoku_sakura.jpg

行徳の桜開花レポートは左バナーをクリックしてください。
twitterでリアルタイム報告していますので、そちらもあわせてご覧ください。
※訪問時によって時間差があり、開花状況に差異がみられる場合がございますのでご了承ください。


暖冬傾向ではあるものの、日によって寒暖の差が激しい今冬。
それでも2月中旬に入ってこのあたりでの河津桜開花状況をちらほらと耳にするようになり、少しずつ春が近づいてきているのだと気づかされますね。
関東地方も春一番吹きましたしね。

2/18土曜日正午頃、行徳野鳥観察舎付近を訪ねました。
まずは宮内庁鴨場側の丸浜川沿いの様子はというと。
20170218IMG_9069.JPG
遠目に見るとけっこう咲いているようにみえますが、実際は5から6分咲きといったところでしょうか。
3月初旬までお花見楽しめそうな雰囲気でした。


2017年2月 4日

行徳カラオケ事情2017年2月現在

687d4ecab4ab4df0cfc14a3b14b83c41_s.jpg

(注意!)下記は日中料金、夜間は別なのでチェック必要です。

いつの間にかカラオケが増えた行徳。

ビッグエコーカラオケの鉄人に加え、
ゲーセンの後に JoySound 2014年11月-
パチンコの後に フラココ 2016年4月-

なので、整理をしてみました。

金額は30分利用単位。またはフリータイム(2017年2月3日現在)


2016年8月28日

カモがネギしょってお祭り騒ぎ?!かもねぎ祭り|行徳

行徳の夏の終わりを告げるのはネギしょったカモなのかもしれません。

8月最後の日曜に開催される恒例のかもねぎ祭りも今年で第14回。
大抽選会で大盤振る舞いだった昨年の記憶も個人的には新しいところ。
しかし今回は抽選券の入手方法が変更となりました。
縁日での食券として利用できるお祭り券を購入した方に抽選券を配布するやり方です。
あいにく私が訪れた11時頃は既に売り切れとなっておりましたが…。
20160828IMG_6241.JPG
今年もこんなに景品山積みなのに…残念。


2016年7月30日

夏の夜はしっとりシャンソンで|行徳ニューグランドハイツ・サマーフェスタ

7月も最後の週末となり、いよいよ夏祭りシーズン本番となりました。
行徳界隈ではこの時期、各自治会による地元密着型の夏祭りが随所で催されています。
公園にやぐらを組んで盆踊りというケースが多いようですが、なかには生演奏や大抽選会などを行うところもあり、祭りのハシゴしつつ違いを楽しむのも面白そうですね。

さて今回レポするのは、29回目を迎える行徳ニューグランドハイツ・サマーフェスタ。
長年開催されていたジャズライブからシャンソンコンサートへと衣替え。
20160730IMG_0023.JPG
ポスターもどことなくおフランスの装い。


2016年7月16日

ポン菓子で暑さ吹き飛ばせ!南行ホコ天で夕涼み

年3回南行徳駅前が縁日で賑わう南行ホコ天。
2016年夏は3連休初日の7月16日夕方に開催されました。

今回私が滞在できたのはオープニング直後の1時間ほど。
わずかな時間だったものの、じゅうぶん楽しませてもらいました。
20160716IMG_9921.JPG
写真撮影時は開始から1時間ほど経った17時過ぎ。
まだ明るいうちなのに賑わってますね。


2016年7月14日

胡録神社祭礼はゲリラ豪雨に見舞われて

そろそろ梅雨明けになりそうな今日この頃。
行徳の学生さんにとっては夏休み直前に催されるお祭りということで、皆さん楽しみにして胡録神社のお祭りに出かけたことかと思います。

が、日が暮れてからまさかのゲリラ豪雨。
土砂降りだった2007年を思い出させるかのようです。

私も19時半過ぎに行徳へ戻ったのですが、駅の改札前は雨宿りする人たちで大混雑。
しかもずぶ濡れになっている方も多く。
それでも雨と戦いながら現場へ向かったところ、目の当たりにした光景は同じく高架下で雨宿りする人たち。
20160714IMG_6065.JPG
高架下一帯の人口密度はんぱなかったです。


2016年6月25日

川岸にぎわう水神様

気がつけば6月も終盤ということで、水神様の日を迎えることとなりました。
毎年の事ながら、梅雨時でお天気の心配がつきものですが、今年は雨降りしそうで降らないどんより曇り空。

6月25日土曜日。今回はちょっと早めの時間帯、16時半過ぎに到着しました。
参拝の長い列は相変わらずですが、堤防含め大勢の人でごった返すほどではなく。
20160625IMG_6019.JPG


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11