行徳・南行徳地域情報

2017年12月14日

行徳で肉圓(バーワン)食べて台湾気分 台徳林|行徳の台湾料理店

個人的なことになりますが、ここ数年台湾に恋しています。
年に数回台湾旅行するだけではなく、当ブログのネタ用を口実に訪台(詳しくは行徳神輿を見に台湾行ってきた記事にて)するまでの恋焦がれっぷり。
そうなると日本にいても台湾料理が食べたくなることもしばしばですが、ありそうで意外とないのが台湾料理店。
巷には中華料理店こそあふれているものの、台湾ラーメンでも台湾まぜそばでもない本格的な台湾料理はいまだマイナーな存在といえます。

国際タウン行徳も例外ではなく、台湾料理店の看板をみつけることはかなりの困難でした。
ところがさすが国際タウン行徳、登場したのですよ台湾料理店。

行徳バイパス沿い、行徳マンション1Fの商店街にある台湾料理店の台徳林
行徳界隈、いや東西線沿線でも貴重な台湾料理店です。
実はオープンしたのは2015年ですが、半年ほどして長い休業期間に突入してしまいました。
ところが長い沈黙の後、2017年10月突然の復活!
20171214IMG_5802.JPG 


行徳・妙典ラーメンマップ

行徳・妙典地区のラーメン屋さんをGoogleマイマップで作成いたしました。
少しでもご参考になればと思います。 ※2017.12.14更新(台徳林掲載)。

【注意事項】
「浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報」にて紹介した店はラーメンアイコンおよび個別記事URL貼り付けてあります。
※個別記事記載の内容およびデータは取材時のものです。
※非掲載店のコメントは、食べログやラーメンデータベース、googleマップの口コミ等を参考にさせていただいております(訪問済のところは個人の感想も)。
※個人的な感想も多々含まれますので、そのあたりはご了承ください。
※中華料理店までは全店把握できておりませんが可能な範囲で掲載いたします。
※中華系チェーン店も含まれております。

gyotoku_ramen.jpg行徳のラーメン情報は左バナーをクリック!
かなり古い情報も多々ありますが、これから徐々に更新していく予定なので長い目で見守ってくださいまし。


2017年12月10日

美味しくアンチエイジング Cafe Sunny|行徳のカフェ

カフェ過疎地行徳に昨年6月オープンしたCafe Sunny
行徳駅からは5分ほど歩いた静かな住宅街、からあげ専門店鶏笑市川店のお隣になります。
20171210IMG_4063.JPG

このお店のコンセプトは「美味しくアンチエイジング」。
薬膳料理の考えにもとづいた、美味しくて身体に良いメニューをいただくことができるのです。


2017年11月26日

ベジポタスープ七変化・らー麺屋 バリバリジョニー|行徳

その昔らあめん葫で修行されていたジョニー氏。
私も含め葫でお見かけしたことのある方も多いかと思います。
そのジョニー氏が独立し小岩に店を構えたと聞いたのは8年ほど前。
そこから7年ほど経った2016年2月、行徳に移転いや凱旋(?)してきたのでした。

ジョニー氏の店らー麺屋 バリバリジョニーがあるのは、行徳駅前公園から福栄方面へ少し歩いたディスカウントスーパーのアコレ隣の建物です。
2軒隣には山ちゃんらーめん
20171122IMG_6063.JPG

店内はカウンターのみ10席。
銀色ガネーシャの大きな壁飾りやカウンターの置物など、どことなくバリ島チックな雰囲気です。
なんでもバリバリジョニーの「バリバリ」はバリ島が由来らしい。


2017年11月11日

ピッツェリア イチロウテイ カベルナ(Ichirotei caverna)|行徳のイタリアン

浦安のイタリアンレストランイチロウテイが行徳にお店を出してから3年。
決して駅から近いわけではない立地でありながら、住宅街の隠れ家イタリアンとして人気のお店です。

ピッツェリア イチロウテイ カベルナがあるのは新浜通り沿いのマンション1F。
付近には吉野家や味噌王仲間といった飲食店もありますが、正直なところなぜこんな場所にイタリアン?と思わないこともないロケーション。
20171110IMG_3719.JPG
店名の「カベルナ」はイタリア語の「洞窟」から。
アーチ型の入口をくぐり、店名をほうふつとさせる洞窟感ただよう通路を歩くこと少々。
扉を開けるとイタリアンな世界が待ち受けています。


2017年10月30日

行徳に再び!帰ってきたエスカルゴバター|洋膳酒房 ひげ|行徳

かつて行徳駅前ビルの地下(現在ビストロサンタのある場所です)で営業していた洋膳酒房 ひげ。
一時期両国へ移転していたこともありましたが、再び行徳へ戻ってきたのを知ったときは行徳民として正直嬉しかったものです。
お店の場所こそ変わりましたが、またあのエスカルゴが食べられる。

現在の店舗は行徳駅前三郵便局近く、おでん種丸佐のお隣になります。
以前とは全く異なる純和風な店構え。
20171030IMG_3018.JPG


2017年10月28日

一品だけの日替わり定食|お食事処 花|行徳の定食屋

フラワー通り商店街を歩いていたら、新たに定食屋さんらしき店が出現した模様。
しかし閉店時刻と重なるなど、訪れるチャンスはなかなか現れず。
ましてやインターネット上にも情報皆無で。
9月末の某日、ランチタイムにようやく訪れることができたのです。

今年6月頃に開店したお食事処 花
Googlemapにも表示されていませんが(ストリートビューは入居前のものでした)、場所は行徳駅近くのフラワー通り商店街、BARBERユザワさんのお隣になります。
20171026IMG_4661.JPG


2017年10月26日

懐かし新しい魅惑のコッペパン|(食)盛岡製パン 行徳店

今年の春にオープン以来、行列のできるパン屋として行徳民の心にインプットされてしまった盛岡製パン
積極的なメディア展開も奏功し、半年過ぎた今でもお昼時やおやつタイムは行列必至です。
最近まで知らなかったのですが、盛岡はコッペパンが有名なんですって。

行徳駅からバス通りを南下すること数分、店頭の提灯と赤いテントとが目印。
20171025IMG_5669.JPG


2017年10月25日

千産千消の恵みとクラフトビール|千葉ットリア Sorriso|行徳のイタリアン

地産地消ならぬ千産千消。
最近そんな四字熟語を目にする機会が増えた気がいたします。
地元で採れた食材を地元で消費しようという地産地消の千葉県バージョンとして字を当てただけなんですが、農産・畜産・海産物に恵まれた地の利の恩恵にあやかれるのは喜ばしいことですね。

昨年新浜通り沿いにオープンした千葉ットリア Sorriso
千葉の食材をふんだんに用いたカジュアルなイタリアンのお店です。
行徳駅からは少し歩きますが、落ち着いた住宅街にあってゆったりくつろげるかと。
女子ひとり飲みもお子さん連れもだいじょうぶ。
20171023IMG_2957.JPG


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11